食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物
  • 最新刊

食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

かつて「歩く添加物辞典」「食品添加物の神様」と呼ばれていた男が、
自分の売った添加物でつくられたミートボールを自分の娘が頬張る姿に衝撃を受け、
つとめていた食品添加物商社を退社し、一冊の本を書いたのが2005年のことでした。

その一冊の本、『食品の裏側』は日本社会に大きな衝撃を与え、60万部のベストセラーとなったのです。

そしてあれから9年・・・。著者の安部司氏が、新たな祈りを込めて書き下ろしたのが、この『食品の裏側2 実態編』です。

安部司氏はなぜ第2弾を書いたのか。
それはこの9年間で食品を巡る実態が改善されるどころか、さらに深刻化しているからです。

今作ではコンビニ弁当など日常的に大量消費されている食品を題材に、
食品添加物の驚くべき実態、表示方法の唖然とするような真相を詳細に解き明かすほか、
遺伝子組み換え技術や、ポストハーベスト農薬問題にも切り込み、食品の安全と安心について前作以上に深く掘り下げます。

巻末には特別付録として、食品のラベル表示から添加物の中身を確認できるように、索引機能付きの用語集を掲載しました。
具体的な対処法、対応策などについて多くのページを割いているのも今作の特徴です。

私たちは生活と健康のベースとなる「食」とどう向かい合っていくべきなのか。
それを真剣に考えさせてくれる現代日本人にとって必読の書です。
【主な内容】
はじめに

第1章 激安ハンバーグ弁当の裏側

第2章 添加物なしにはつくれない食品

第3章 添加物の許可をめぐるおかしな現状

第4章 限りなくブラックに近い添加物

第5章 添加物が本当に怖い理由

第6章 私たちは添加物とどう付き合えばいいのか

第7章 私たち消費者も添加物、農薬を求めている

第8章 添加物を減らす生活

第9章 お母さん、ごめんね、ありがとう

おわりに

「特別付録」もっと知りたい食品添加物

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
東洋経済新報社
ページ数
260ページ
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

関連タグ:

食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年04月26日

    個人的に非常に勉強になりました・・
    食べ物は生命維持の基本、何を食べるかで長期的に身体や精神に多大な影響を及ぼすのは明白
    何を口にしてるかは情報として知っていて当然だが、それを知るツールがなかったため本書は画期的。1作目読んでないので必ず読もうと思う
    中国の食の安全をバカにしてる日本人、でも日本でも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月10日

    前作の「なにを食べたらいいの?」のすぐ後に読んだので、随分、前作からの引用が多いなって思った。
    エピソードとか「また繰り返し?」「その話、前の本で効いたし」がいくつか。
    そういう意味では、ページ数を増やしてズルいなって感じ。

    とはいえ、みんなが信じてる生協問題とかまで切り込んでくれてありがとう。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    こちらは1とは違って辞書的要素が強い本だとすれば思います。
    実際に販売されている加工食品を取り上げ表示ラベルをひとつひとつ解説しています。

    勉強したい方向けかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月27日

    食品添加物のメリットとデメリットを知り、それと健康を測りにかけて選択してくださいよということが伝わってくる本でした。



    「野菜ジュースの実態」
    よく1日分350gが摂れると書いてあるけど、これは絞った原料の野菜の重さが計算上350gてことだけ。
    実際この1本で350g分の栄養素が摂れるという訳で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月03日

    食品添加物や食料、飲食業界全体の裏側を記した本。特に巻末の添加物一覧はためになるし、ついでに詳しい添加物一覧の本も読もうと思うまでになった。乳製品の箇所は個人的にすぐに活用した。食料品を、買う上で参考にしようと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    前作の第2弾。
    今回は、添加物入りの食品がどのようにしてできるかの他に、どうしてこんなにたくさんの添加物が必要なのか、どうつきあっていけばよいのか、無農薬栽培の野菜について等前作より広く書かれている。

    前著のような新鮮な驚きはさすがに少なかったが、著者の食品に対する考えはやはり共感でき、次回作がで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

    ベストセラーになった、前著の続編的な一冊。専門家から見た説明は、読むに値する内容。無知で何も考えず摂取している物も、内容を知る事に改めて考える切っ掛けに。無知こそ読むべきであろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月05日

    一冊目を読んで。先に一冊目を読んだ方がいいです。
    重複する内容もおおいですが、食に対する大事なことが書かれています。改めて食事とは何か。どうするかということ。
    出来る範囲のことはやろうと思います。

    以下メモーーーー>

    量の多い順に表示。
    だしの素やガラスープにもとになるものの粉末などは一切入って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月13日

    加工度があがるたびに添加物が増えていく。
    加工度があがるたびに手間が減っていく。
    便利さと健康とを引き換えにしている。
    添加物がふんだんに使われているコンビニ弁当や総菜の味を本物の味だと子供は認識してしまうだろう。それってとても悲しい。そういう子供は、落ち着きがなくなるのだと書いてあった。
    「知・徳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月03日

    読めば読むほどコンビニに行かなくなる。
    結局、便利と引き換えにリスクを背負っている。
    今週は忙しくてゆっくり食べれないこともあって、おにぎりを持参。どうせコンビニで栄養バランスだと気にしてられないのなら、おにぎりって炭水化物だけ、でも添加物とらないだけマシと思って実践。玄米おにぎりはおいしいし、安上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
    今だから読みたい「食の安全」のバイブル――。廃棄寸前のクズ肉も30種類の添加物でミートボールに甦る。コーヒーフレッシュは水と油と添加物。元添加物トップセールスマンが明かす加工現場の舞台裏。知れば怖くて食べられない。 【主な内容】 序 章 「食品添加物の神様」と言われるまで/第1章 食品添加物が大量に使われている加工食品/第2章 食卓の調味料が「ニセモノ」にすりかわっている!?/第3章 私たちに見えない、知りようのない食品添加物がこんなにある/第4章 今日あなたが口にした食品添加物/第5章 食品添加物で子どもたちの舌が壊れていく!/第6章 未来をどう生きる
  • 食品の裏側2 実態編―やっぱり大好き食品添加物
    かつて「歩く添加物辞典」「食品添加物の神様」と呼ばれていた男が、 自分の売った添加物でつくられたミートボールを自分の娘が頬張る姿に衝撃を受け、 つとめていた食品添加物商社を退社し、一冊の本を書いたのが2005年のことでした。 その一冊の本、『食品の裏側』は日本社会に大きな衝撃を与え、60万部のベストセラーとなったのです。 そしてあれから9年・・・。著者の安部司氏が、新たな祈りを込めて書き下ろしたのが、この『食品の裏側2 実態編』です。 安部司氏はなぜ第2弾を書いたのか。 それはこの9年間で食品を巡る実態が改善されるどころか、さらに深刻化しているからです。 今作ではコンビニ弁当など日常的に大量消費されている食品を題材に、 食品添加物の驚くべき実態、表示方法の唖然とするような真相を詳細に解き明かすほか、 遺伝子組み換え技術や、ポストハーベスト農薬問題にも切り込み、食品の安全と安心について前作以上に深く掘り下げます。 巻末には特別付録として、食品のラベル表示から添加物の中身を確認できるように、索引機能付きの用語集を掲載しました。 具体的な対処法、対応策などについて多くのページを割いているのも今作の特徴です。 私たちは生活と健康のベースとなる「食」とどう向かい合っていくべきなのか。 それを真剣に考えさせてくれる現代日本人にとって必読の書です。 【主な内容】 はじめに 第1章 激安ハンバーグ弁当の裏側 第2章 添加物なしにはつくれない食品 第3章 添加物の許可をめぐるおかしな現状 第4章 限りなくブラックに近い添加物 第5章 添加物が本当に怖い理由 第6章 私たちは添加物とどう付き合えばいいのか 第7章 私たち消費者も添加物、農薬を求めている 第8章 添加物を減らす生活 第9章 お母さん、ごめんね、ありがとう おわりに 「特別付録」もっと知りたい食品添加物

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 に関連する特集・キャンペーン