闘う区長

闘う区長

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2012年の東日本大震災と福島第一原発事故を受け、同年、脱原発を訴えて、人口88万人をかかえる世田谷区長に当選した著者。就任後は区役所から始める節電、不透明な値上げをめぐり東京電力へデータ開示要求、電力の自由化とエネルギーの地産地消をめざす「世田谷電力」の計画など、自治体の長だからこそ提案できる施策を次々に実行に移してきた。外からは見えづらい地方自治の現場における首長の具体的な仕事内容とはどんなものなのか? 本書は、国政が混迷を極める今こそ、自治体が発信力を高め、地域が連携することで日本を変えようという提言である。【目次】まえがき/第一章 すべては「3・11」から始まった/第二章 全国初の「脱原発首長」誕生/第三章 区長のお仕事/第四章 東京電力とのバトル/第五章 電気料金値上げのトリックを見破る/第六章 「世田谷電力」とエネルギーの地産地消/第七章 夢の続きを……/あとがき

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2013年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

闘う区長 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

     昨年(11年)に世田谷区長になった保坂展人が区長選や区政を通じて電気政策など2年間の活動を振り返る。

     東電との節電を巡るやり取りなど、震災以降のこの2年間を地方自治という現場から語られる。東電のメチャクチャな断ったら値上げを先延ばしできる電気料金値上げなどは記憶に新しい。あの騒動の発端は世田谷...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月14日

    区長選への出馬のきっかけは、3.11だった。世田谷区長になってからの奮闘ぶりを、主にエネルギー関連を中心に記す。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    興味深く読んだところは、東京電力とのバトルとPPSに関する内容だ。
    例によって、「東電はダメだな。」と思った。著者が区長を務める世田谷区の電力利用量を開示しない東電、一方的に値上げをする東電、大口利用者には安値で売る東電、独占企業体としてなりふり構わぬ経営ぶりだ。
    またPPSという新しい売電企業にコ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月08日

    保坂展人という人は教育問題をテーマにずっと闘ってきたジャーナリストで、ただ社民党から国会議員になったこともあって左寄りのイデオロギーの持ち主だと思っていた。自分が世田谷に住み、3.11とその後の原発事故を経験して、保守やや右寄りだと思っていた自分自身にも変化があった。脱原発をいち早く掲げ、区長になっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています