奈緒子(33)
  • 完結
  • 最新刊

奈緒子(33)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

都道府県駅伝第6区を激走する、長崎代表の天才ランナー・壱岐雄介。43位から17位にまで順位を上げるその走りに、兄の大介は、仲間のつないだタスキとともに走る雄介の喜びを感じ取っていた。そしてさらに13位をかわした先には、雄介をライバル視する静岡代表・藤川の背中があった…

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年06月24日
紙の本の発売
2001年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
62MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 全33巻配信中

※予約作品はカートに入りません

31~33件目 / 33件
  • 奈緒子(31)
    完結
    605円(税込)
    吉崎から先頭でタスキを受けた2区の中学生・倉内は、順調に飛ばし、先頭のまま1km地点を通過する。同時に、後続の長崎県代表の選手達も、吉崎の命をかけた走りを見て、それぞれの思いを熱くさせていた。その時、監督兼ランナーの本田が、雄介の存在の大きさを語り始める…
  • 奈緒子(32)
    完結
    605円(税込)
    第四中継所。長崎代表は、先頭でタスキを宮崎に託した。この宮崎は、大学1万mで最高記録を出したほどの実力者だ。ところが第六中継所にいる、監督兼最終ランナーの本田は深刻な表情をしていた。彼は、宮崎が抱えている腰の爆弾が、いまだ完治していないことを知っていたのだ…
  • 奈緒子(33)
    完結
    605円(税込)
    都道府県駅伝第6区を激走する、長崎代表の天才ランナー・壱岐雄介。43位から17位にまで順位を上げるその走りに、兄の大介は、仲間のつないだタスキとともに走る雄介の喜びを感じ取っていた。そしてさらに13位をかわした先には、雄介をライバル視する静岡代表・藤川の背中があった…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「奈緒子」に関連する特集・キャンペーン