トッキュー!!(1)
  • 完結

トッキュー!!(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幼い頃に亡くした漁師の父親の言葉から、人命救助を志す新米潜水士の神林兵悟(かんばやし・ひょうご)。配属から4か月、ついに本物の海難に遭遇する! まっすぐ立っていられないほど荒れた海、見えない目標、ダメかと思ったその時、兵悟は潜水士の最高峰「特殊救難隊」のレスキューを目撃する!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊少年マガジン
電子版発売日
2011年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
94MB

トッキュー!!(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月24日

    かっこいい!真っ直ぐとした眼が印象的。個人的には、海猿よりトッキューの映画化が欲しい!!

    真田さんより、嶋本さん派ですね!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    熱い!主人公がとにかく熱い!!
    リアルにいそうな人間臭い登場人物たちにも関わらずしっかりキャラが立っていていい。ちゃんと取材して書いてるんだなあというのが読めば読むほど発見できて面白い!
    そして何を隠そう海/保のおっかけをするきっかけになった作品(笑)
    乙女目線で言うならば、嶋本さんがかっこよすぎる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月12日

    この漫画を読んで初めて海保の特殊救難隊の存在を知りました。
    勉強にもなるし、力ももらえるし、とにかく面白かった!!
    20巻で終わってしまったのが残念です;;
    もっと見たかったなぁ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月03日

    素晴らしい筋肉の嵐!じゃなかった、話の綿密さです!もちろん絵もお話も好きですが、笑いのツボがはまりすぎです。本気で海上保安庁に入りたい、と思わせた一冊。命がけの仕事を誇りと責任を持ち、その重圧を乗り越えてやりとおす人々のかっこよさを知りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月28日

    これで海保にはまりました☆
    おびに「青春系熱血レスキューストーリー」と書いてありますが、主人公が本当に暑苦しいです。
    でもキラキラ☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月05日

    3.3.7ビョーシの久保ミツロウさんの海保マンガ。
    原作は海猿でも原作を担当されている小森陽一さん。熱くて青春でリアルで面白いです。
    根が単純な私はこれでまた海保に夢中になっていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    トッキューという名で親しまれている?海/上保/安庁の特殊救難隊の物語。
    日本のみならず海外の救難隊まで取材に協力してくれるという力の入れようが話の端々に。
    割と凄いことをあっさり書いているだけに、その奥深さは未知数です。
    なによりレスキューというものの過酷さ・尊さをこの漫画を通じて知ることが出来まし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    熱い“漢”(と書いてトッキュー)たちの、海との生死を賭けた“闘い”(と書いてレスキュー)が、今、始まる…!

    …ええと、一言で言えば、体育会系漢だらけ万歳!な素敵な海上レスキュー青年の成長物。
    何巻かの表紙の真田隊長に一目惚れしたのは間違いじゃなかった。どストライク片二重ストイック無自覚色男レスキュ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    レスキュー漫画。ありえないと思うほどの奇跡も数多くありますが、それと同じくらい現実的でもあるんじゃないかなあと思います。トッキューは負けず嫌いの集まりなんだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    海の見える町で生まれ育った青年神林兵悟(20歳)は海上保安庁勤務。人助けがライフワークとでも言うべきか、とにかく人を助けずにはいられない性格の持ち主で、よく上司の命令に背いては危険な救命を遂行してしまう。そんなある日、彼は特殊救命隊、通称トッキューに出会い…。

    明るくてまっすぐでそこ力があって何で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

トッキュー!! のシリーズ作品 全20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • トッキュー!!(1)
    完結
    462円(税込)
    幼い頃に亡くした漁師の父親の言葉から、人命救助を志す新米潜水士の神林兵悟(かんばやし・ひょうご)。配属から4か月、ついに本物の海難に遭遇する! まっすぐ立っていられないほど荒れた海、見えない目標、ダメかと思ったその時、兵悟は潜水士の最高峰「特殊救難隊」のレスキューを目撃する!!
  • トッキュー!!(2)
    完結
    462円(税込)
    「特殊救難隊」通称トッキューの隊長と、勝負をすることになった兵悟(ひょうご)。無茶な様子を目の当たりにしたユリは兵悟を心配し、レスキューを目指すきっかけになった事件の真相を告白するが、兵悟は依然レスキュー一筋! そんなある日、父親の遊覧船と共にユリが、嵐の海の中に姿を消してしまう!! 最悪の海難勃発!?
  • トッキュー!!(3)
    完結
    462円(税込)
    ユリに父親の救助を頼まれた兵悟(ひょうご)と櫻井(さくらい)は、沈没寸前の遊覧船「うーふぁ」を捜索。しかし、ユリの父親は見つからないまま“索”は尽きてしまう。捜索を断念したその時、兵悟は未捜索の扉を見つけ、命綱を放して一人で捜索に向かってしまう! 大渦が迫る中、船長を見つけ、無事救助できるのか!?
  • トッキュー!!(4)
    完結
    462円(税込)
    ついに始まった潜水救難技術競技会!! なんとこの大会で優秀な成績の者はトッキューに推薦されるのだ! 特訓を重ね、張り切る兵悟(ひょうご)だが、強力なライバルが現れた! 消防出身という異色の潜水士・石井盤(いしい・メグル)。その実力は上官からも御墨付きだが……?
  • トッキュー!!(5)
    完結
    462円(税込)
    友達に誘われて海水浴に出かけたユリと兵悟(ひょうご)は、浜辺で母親を待つ少女・絵里子(えりこ)と仲良くなった。一度は絵里子と別れたが、一人で浜辺に出た兵悟が、遠くで絵里子のボートが浮かんでいるのを見つける。慌てて助けようと絵里子のもとに行った兵悟だが、ホッとしたのも束の間、二人は強い潮流に沖へと流されてしまう! 小さな女の子を抱え、日の傾いてゆく海で、兵悟は漂流の事実を突き付け...
  • トッキュー!!(6)
    完結
    462円(税込)
    憧れのトッキューに配属され、やる気満々の兵悟(ひょうご)たち新人隊。“鬼軍曹”嶋本(しまもと)の指導で訓練開始!! 日々罵倒されながら訓練をこなすことで精一杯のヒヨコ隊。気持ちばかりが焦るなか、初めての合同訓練で吊り上げた人形を壊す大失敗をしてしまう。訓練の続きで人形の代わりをするのは真田(さなだ)隊長! 今度は絶対に失敗できない!!
  • トッキュー!!(7)
    完結
    462円(税込)
    星野(ほしの)君が除隊!? 突然の宣告にヒヨコ隊が嶋本(しまもと)に詰め寄るが、その最中に海難通報が! 全ての隊が出払ってしまったその後、さらに基地近くの高速道路で事故が発生!! 車の中に閉じ込められた女の子の救出に、ヒヨコ隊が駆け付けるが……!?
  • トッキュー!!(8)
    完結
    462円(税込)
    無事にリペリング降下訓練も終わり、ホッと一息の筈のヒヨコ達。しかしその先に待っていたのは、3日連続検定試験と、飲食禁止・不眠不休の100km行軍の「GW(ゴールデンウィーク)」!! その地獄の前のしばしの休息を過ごす兵悟(ひょうご)の元に、佐世保から意外なお客がやってきた!!
  • トッキュー!!(9)
    完結
    462円(税込)
    ヒヨコ隊最後の試練・100km行軍に挑む兵悟(ひょうご)たち!! 過酷を極めるレースに一度は挫けそうになる4人だったが、それぞれの思いを胸にもう一度前に進みだす! 残るはあと僅か。4人全員無事に基地まで辿り着くのか? そして、いよいよトッキュー本隊へ!!
  • トッキュー!!(10)
    完結
    初出動も無事にすみ、遂に始まった兵悟(ひょうご)のトッキュー生活。個性豊かすぎる三隊に嶋本(しまもと)新隊長が悩む中、兵悟を連れての初めての訓練に出発!! 低気圧で荒れる海中、足手まといになってしまい悩む兵悟。無事に訓練をクリアできるのか!? そして真田(さなだ)の出発、実家を離れての年越し、兵悟の周りも変化がおこる!
  • トッキュー!!(11)
    完結
    束の間の休息も終わり、トッキューの日常がまた始まった! ところがどうやらメグルの様子がおかしい。どうにも馴染めない隊長の下で悩み続け……トッキューを辞める!? 一方、兵悟(ひょうご)は、氷下訓練の救助騒動で、“北の鉄人”小鉄(こてつ)のスキルを目の当たりにし、「自分に何ができるのか」を探し始める!
  • トッキュー!!(12)
    完結
    トッキューの中に、衝撃が走った! 貨物船の座礁で出動した一隊が降下不可能の判断を下し、救助を諦めざるを得ない事態に直面した。やむを得ないとはいえ、「トッキューにも限界がある」という現実を突き付けられる。しかし、この一件がトッキューに火をつけた! 一隊と三隊を中心に、不可能を可能にする新装備の開発に挑む!!
  • トッキュー!!(13)
    完結
    新降下器の事故でメグルは意識不明、開発プロジェクトも中止に。不安な思いを抱え、恩師に救いを求める兵悟(ひょうご)は、海上保安学校時代の教官・近藤(こんどう)に「原点を思い出せ」と言われる。補欠合格で入学した兵悟が初めて触れるレスキューの現実と、潜水士を目指した原点が明らかになる!!
  • トッキュー!!(14)
    完結
    目を覚ましたメグルのアドバイスで、最悪の事態を逃れた三隊。しかし、四隊隊長の押尾(おしお)は周りの引き止めも叶わずトッキューを去ってしまう。押尾の言葉を受け、兵悟(ひょうご)は日々の業務に、メグルはリハビリに励む。そして季節は巡り、新ヒヨコ隊の季節がやって来る!! 本誌で大好評だった真田(さなだ)のインドネシア編も収録!
  • トッキュー!!(15)
    完結
    兵悟(ひょうご)たちがトッキューになってから1年。新隊編成の時期がやってきた!! インドネシアから真田(さなだ)も復帰し、今年こそはと思う兵悟とメグル。発表の朝、落ち着かずに走り出した二人に、真田がフライング発表! 兵悟たちのオレンジ2年目が始まる!!
  • トッキュー!!(16)
    完結
    六隊に入った新人・武山直美(たけやま・なおよし)は、トッキューには致命的な弱点を持っていた!! それが兵悟(ひょうご)と2人で船内捜索をしている時に発覚、兵悟を巻き込み一時は危険な状態に……。「辞めてもらうしかない」と冷たく言い放つ真田(さなだ)に、辞めたくないと懇願する武山。弱点克服までの猶予は5日間。判断は兵悟に委ねられた!!
  • トッキュー!!(17)
    完結
    新基地長の提案で、競技会を急遽開催することになったトッキュー。最下位は即刻解散のペナルティということもあり、各隊競技会に万全を期して臨むが、六隊は出動先から徹夜明けでの参加。最低のコンディションで挑む兵悟(ひょうご)たちに勝機はあるのか? 新基地長が目指したものは何だったのか? トッキュー結成当時の熱い想いがよみがえる!!
  • トッキュー!!(18)
    完結
    訓練の帰りに、マンション火災の現場に遭遇した六隊。消防への通報はしたものの、逃げ遅れた幼子が居るとわかって、緊急出動! 燃え盛る現場から生還した兵悟(ひょうご)たちは、現着した消防士達にバトンタッチ。ハイパーレスキューの鮮やかな手並みを見学、そして何故か東京消防庁第二消防方面本部のハイパーで訓練をすることに!?
  • トッキュー!!(19)
    完結
    高嶺(たかみね)の転属が突然告げられ、急遽六隊から副隊長が選任されることになった! 立候補のメグルに対し、兵悟(ひょうご)が争うことになるが、なかなか副隊長を目指す決意が固まらないでいた。そんな中、選考の最終日になって緊急出動がかかる。現場は豪雨に見舞われた山間の巨大ダム直下! 未経験の救助活動が始まる!!
  • トッキュー!!(20)
    完結
    豪雨降りしきる中、壮絶なダムレスキューで九死に一生を得た兵悟(ひょうご)。しかし救助の最中に襲われた死の恐怖を拭えず、ついにはトッキューを辞める事まで考えてしまう。だが、辞表を手にした兵悟がトッキュー基地で知らされたのは、大地震に見舞われたインドネシアへの国際緊急援助隊に、急遽選抜された事だった! 壮絶なレスキューの現場で、兵悟が出した答えとは!? 海の男の青春劇、感動の最終巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています