長崎奉行所秘録 伊立重蔵事件帖  フェートン号別件
  • 最新刊

長崎奉行所秘録 伊立重蔵事件帖  フェートン号別件

作者名 :
通常価格 627円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

江戸時代の長崎を舞台に、奉行所の与力格・伊立重蔵が活躍する書き下ろしシリーズも、いよいよ最終章です。長崎に偽装したイギリス船が現れた「フェートン号事件」に、重蔵はこれまでに培った人脈──錺職人から裏社会の男、さらには阿蘭陀人、唐人まで──を駆使して立ち向かいます。銃弾も飛び交う激しい攻防の結末は? その時長崎奉行は? 出島を抱える町ならではの異国情緒を最大限に活かし、この町でしかありえない最大級のスケールでおくる、迫力の1冊です。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
252ページ
電子版発売日
2013年05月17日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年05月01日

本作の題名に在る“フェートン号”だが、これは実在した船である。1808年に長崎に現れ、オランダ船を装って近付いて来たイギリス船である…本作は、この史実に在る事件に着想を得た物語となっている…

本作で計6冊のこのシリーズ…「江戸時代の長崎」を背景に、「ならでは!」な“舞台装置”(=劇中の出来事)を設...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています