鉄の魔道僧 1 神々の秘剣

鉄の魔道僧 1 神々の秘剣

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

遠い昔、戦のどさくさにまぎれて神々の秘剣を手に入れたアティカス。大地の魔法を操って二千年以上生き延びた彼は、最後の魔道僧(ドルイド)として、今は本とハーブの店を営みながら、静かに暮らしている。だが、そんな彼の前に、秘剣を狙うケルト神アンガスが現われた!圧倒的な力を持つ堕ちた神相手の二千年来の戦いに決着をつけることになるが……。古い神話に新しい息吹を吹き込んだ新時代のバトル・ファンタジー、シリーズ開幕!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫FT
ページ数
432ページ
電子版発売日
2013年05月17日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

鉄の魔道僧 1 神々の秘剣 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月27日

     本屋にてうっかりジャケ買い……したのには理由があって、それは数年前のこと。

     行きつけの骨董屋にて、奇妙な形状のペンダントトップ?を見つけたことがあった。
     ケルト十字に似ているのだけど、素材は鉄。両面ともにびっしりと刻印が刻まれている。店主の曰く
    「19Cイギリスのアイアン・ワークであるのは確...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月26日

    そうそう、オバちゃんの思うラノベって、こういうカンジよ。
    そして、これも年がバレますが、
    トレジャーハンター・八頭大くんをちょっと思い出しました。
    八頭くんよりカワイイですけどね。

    そして、本書のカワイイ担当、オベロン。
    アイリッシュ・ウルフハウンド。
    イヌスキーなら、本書は激オススメw
    姿を隠し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月14日

    21世紀のアリゾナの町で、ドルイド僧とケルト神話の神々が殺し合う話……と書くと殺伐として血生臭そうだし、実際死屍累々で裏切りありありなんだけれど、それをあまり陰惨に感じさせないのは神さまも悪魔もノンジャンルでなんでもありだという無節操さな世界観のせいなのかも。なんとなく「聖おにいさん」と似たテイスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月13日

    狼人間やヴァンパイアやグール、果ては諸々の神話の神々さえ現代社会に生きている世界。
    主人公は見た目は若々しい、どこにでもいる普通の若者ですが、実は魔法によって2000年生きているドルイドで、しかも伊達に2000年生きてきたのではない叡智と狡猾さを持っています。

    軽い話になりがちな設定ですが、魔法を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月12日

    えーと、ドルイドってこんな生き物でしたっけ。

    と、なるのももちろん作者の思う様ですが。現代物らしさとして、「オーランド・ブルーム演じるレゴラスのように美しい。化粧品の広告に出てくるタイプだ」でウケて、以後は違和感なく受け容れられました。

    それにしてもオベロンが可愛くて!アイリッシュ・ウルフハウン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    良くも悪くもラノベだなぁ、と。好き嫌いも分かれそう。

    物語が主人公であるアティカスの視点から描かれていることも、なおさらその感を強めているような気がします。
    あと状況説明が若干くどいかも。シリーズ1巻目なので、どうしてもそうなってしまうのかな??
    次巻もこのノリだと個人的には厳しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月05日

    ・ケヴィン・ハーン「鉄の魔道僧1 神々の秘剣」(ハヤカワ文庫)、 「鉄」はくろがねと読む。最近よくある、いかにもそれらしいタイトルと物語である。さうして次の一文がその雰囲気をよく表してゐる。「わお。短縮ダイアルにグールを登録している。おれの弁護士は実にクールだ。」(181頁)グールは一般的に食屍鬼と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月23日

    活劇よりも、会話を楽しむはなしです。
    少し込み入った会話が好きならば、ファンタジーは好きでなくとも読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

鉄の魔道僧 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 鉄の魔道僧 1 神々の秘剣
    遠い昔、戦のどさくさにまぎれて神々の秘剣を手に入れたアティカス。大地の魔法を操って二千年以上生き延びた彼は、最後の魔道僧(ドルイド)として、今は本とハーブの店を営みながら、静かに暮らしている。だが、そんな彼の前に、秘剣を狙うケルト神アンガスが現われた!圧倒的な力を持つ堕ちた神相手の二千年来の戦いに決着をつけることになるが……。古い神話に新しい息吹を吹き込んだ新時代のバトル・フ...
  • 鉄の魔道僧 2 魔女の狂宴
    ケルトの神をふたりも殺めたことで、一躍その筋の有名人となった「最後の魔道僧(ドルイド)」アティカス。その彼の前に突如現われたのは、第二次大戦でナチスを陰から操っていたドイツの魔女団! 過去にもアティカスの命を狙った、因縁浅からぬ相手だ。地獄からデーモンを召喚し、その邪悪なパワーで街の乗っ取りを狙う魔女団に、アティカス(と愛犬オベロン)は立ち向かうことができるのか!? 激動の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています