チャンネルはそのまま!(1)
  • 完結

チャンネルはそのまま!(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今度の主人公は「バカ枠」記者…!?バカだけど、変だけど、何かがひっかかる女・雪丸花子が、地方テレビ局を舞台に繰り広げる爆笑奮闘記!!
北海道☆[ホシ]テレビに勤める雪丸花子は、この日から報道部記者となった入社2年目。さっそく道警班キャップに昼のニュース取材へ同行させられ、待っていたのは増水した川岸での大雨報道。そこで生中継をすることになったが、キャップが不慮の転倒で足を痛めてしまい、急きょ雪丸が中継報道をやることに。なんの心準備もなくテレビに初めて映ることになった雪丸だが、果たして…?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
電子版発売日
2013年05月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
56MB
  • ドラマ化

    「チャンネルはそのまま!」

    2019年3月18日~ HTB
    出演:芳根京子、飯島寛騎、宮下かな子

書店員のおすすめ

主人公の雪丸花子は、北海道☆(ホシ)テレビ「バカ枠」初の女子として採用された新卒1年目の22歳。お騒がせキャラの雪丸が巻き起こすドタバタコメディです。
第1巻では入社したての彼女のおバカぶりばかりが目立つのですが、読み進めるにつれて、次第にそのキャラのままチームになじんでいくようになっていきます。同じ目標に向かう仲間ってすばらしいじゃないかと思うのです。
真面目な努力家、考えるより行動の思い付き派、いろんな個性が役割をもって、1つの会社を作ってるんですよね。
テレビ局が舞台なので、雪丸以外にも変人が多く、基本笑いながら読んだのですが、最終巻・6巻のストーリーはその集大成な感じでちょっとじーんとしちゃいました。
頑張る新社会人のみなさんにも読んでほしい1冊です。(雪丸を真似する必要はありません!!)

Posted by ブクログ 2012年11月06日

佐々木さんのは動物のお医者さんから好きで、これも読んでてぷっと吹き出したり、にやっとしたり。
テレビ局の裏側もだけど、やっぱりそれぞれのキャラがいいですね~。

このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • チャンネルはそのまま!(1)
    完結
    今度の主人公は「バカ枠」記者…!?バカだけど、変だけど、何かがひっかかる女・雪丸花子が、地方テレビ局を舞台に繰り広げる爆笑奮闘記!! 北海道☆[ホシ]テレビに勤める雪丸花子は、この日から報道部記者となった入社2年目。さっそく道警班キャップに昼のニュース取材へ同行させられ、待っていたのは増水した川岸での大雨報道。そこで生中継をすることになったが、キャップが不慮の転倒で足を痛めてし...
  • チャンネルはそのまま!(2)
    完結
    北海道☆テレビのテレビマンは今日も、時間に追われ、事件・事故に機敏に対応し、天気に振り回され、視聴者の反応を伺いながら働いている。そんな彼らにとって最大のトラブルメーカーは…報道部新人の「バカ枠」記者・雪丸花子。 広報部長からの依頼でイベントに駆り出された報道部新人の雪丸と山根。イベント中は、局のマスコットキャラクター「ホシイさん」の着ぐるみに広報部長が自ら入り、雪丸はそのホシ...
  • チャンネルはそのまま!(3)
    完結
    謎の採用枠「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。報道部に配属されて数か月、行く先々で騒ぎを起こしつつも記者として成長している…のかいないのか!?初めて命じられたヘリコプター取材では、パイロットも巻き込んでの大騒動に…!!
  • チャンネルはそのまま!(4)
    完結
    謎の採用枠「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。座礁船取材ではデスクから乗組員のインタビューを取れと命じられ大張り切り。ライバル局「ひぐまテレビ」の記者も巻き込んで仰天の結末に…!!一方、花子のバカ係・山根の身にも大きな変化が…
  • チャンネルはそのまま!(5)
    完結
    「バカ枠」で北海道☆テレビに入社した雪丸花子。彼女に振り回されてばかりの同期・山根は「バカ枠」について調査を始める。すると、そこには衝撃の事実が…!?釧路支局編、山根の高校時代ほか、注目エピソード満載!
  • チャンネルはそのまま!(6)
    完結
    不振が続く北海道☆テレビでは、小倉部長の発案で新番組「夕方ビッグバン」が始まり花子もそのスタッフに。 ひぐまテレビの攻勢も激しくなる中、花子らは前代未聞のドラマ企画「北のさくら」に挑もうとするが、社内からは反対意見が続出。 一方、山根は「バカ枠は、酷使しすぎると普通の人になる」という事実に気が付き・・・!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「青年マンガ」ランキング

「チャンネルはそのまま!」に関連する特集・キャンペーン