お江戸日本は世界最高のワンダーランド

お江戸日本は世界最高のワンダーランド

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 921円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

超高齢化で生涯現役社会を実現、リサイクル都市を築いて優れた省エネ生活を送り、そして、庶民は文化に豪奢な贅沢をし、人間として豊かな暮らしを楽しむ。江戸時代の日本人は、私たち、いや、世界の今後のモデルです。明治維新後歪められた「良さ」「豊かさ」を人気の経済評論家が、その独自の視点で徹底分析。歴史家とはちがった観点からたどり着いた江戸社会の実像は、極めて合理的で豊穣な世界。やっぱり、日本人は偉かった!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2013年04月05日
紙の本の発売
2013年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

お江戸日本は世界最高のワンダーランド のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月02日

    この本は年末(2017)大掃除で部屋の隅っこに、読みかけ本として発掘されたものです。殆ど読み終えていたので、最後まで読み通しました。この本の著者である、増田氏の本は今まで何冊か読んできて面白かったので、この本も私の期待に応えてくれました。

    以下は気になったポイントです。

    ・世界最先端を行く高齢化...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月03日

    著者の専門は経済のせいか、後半は現代日本の経済と江戸の比較などもあり、多少難しく感じた。名詞の前の修飾語が長いので若干読みにくさもあるのか。しかし、一般的な江戸紹介本に比べて著者の個性が出ている点は面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています