新学期が始まったばかりの高校生・坂井悠二は、いつものように「日常」を生活していた。 だが彼はある日突然、【非日常】に襲われる。 人の存在を灯りに変え、その灯りを吸い取る謎の男、フリアグネに襲われたのだ。 しかし、同時に彼の前に一人の少女が現れた。 彼女によって助けられた少女は、謎の言葉を悠二に告げる。 「おまえはもう【存在】していないのよ」と。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2013年03月29日
紙の本の発売
2002年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 灼眼のシャナ
    通常版 1巻 637円(税込)
    新学期が始まったばかりの高校生・坂井悠二は、いつものように「日常」を生活していた。 だが彼はある日突然、【非日常】に襲われる。 人の存在を灯りに変え、その灯りを吸い取る謎の男、フリアグネに襲わ...
  • 灼眼のシャナII
    通常版 2巻 594円(税込)
    『すでに存在亡き者』だった悠二。彼は自分の存在の消失を知り絶望するが、その内に秘める宝具『零時迷子』の能力でどうにか普段通り生活していた。 悠二を護る灼眼の少女・シャナ。彼女は彼女なりに、そん...
  • 灼眼のシャナIII
    通常版 3巻 529円(税込)
    「――ゆかりちゃんは、ずるいよ」 吉田一美は、ついに対峙する。 最強の恋敵と。 「……なにが」 シャナは、初めて気づく。 この感情の正体に。 一方、彼女らを意図せず惑わす張本人・坂井悠二は、突然空を覆...
  • 灼眼のシャナIV
    通常版 4巻 550円(税込)
    「にえとののしゃな、だ!」 特殊な封絶『揺りかごの園(クレイドル・ガーデン)』から現れたソラトとティリエル。 彼らは、シャナが持つ“贄殿紗那(にえとののしゃな)”を狙って来た“紅世の徒”だった。 シ...
  • 灼眼のシャナV
    通常版 5巻 572円(税込)
    「決めた。 私は絶対フレイムヘイズになる」 アラストール、ヴィルヘルミナ、謎の白骨。 彼らは外界と隔離された宮殿に、一人の少女とともに暮らしていた。 その未熟な少女はまだ名前を持っていなかったが...
  • 灼眼のシャナVI
    通常版 6巻 550円(税込)
    人との交わりを知らずに生きてきたシャナ。 彼女は、一人の少年と出会い、今までにはない不思議な感情に芽生えた。 人との交わりに自信が持てない吉田一美。 彼女は、一人の少年と出会い、心にちいさな安ら...
  • 灼眼のシャナVII
    通常版 7巻 594円(税込)
    『目の前の悠二はすでに死んでいた――」 ついにその事実を知ってしまったクラスメイトの吉田一美は、絶望して姿を消した。 一方、敵が企てた“実験”により発生した妖しい波動が御崎市を襲う! その時、シャナ...
  • 灼眼のシャナVIII
    通常版 8巻 550円(税込)
    “教授”とドミノが企てた“実験”は、シャナによって失敗に終わった。 女子高生に戻ったシャナは、悠二と共に再び“日常”を暮らし始める。 しかし、彼への抑えきれない『どうしようもない気持ち』を身の内に孕...
  • 灼眼のシャナIX
    通常版 9巻 594円(税込)
    悠二は、私が護る――! シャナが自らの使命と“1人の少女”としての感情との間で揺れるなか、ついにヴィルヘルミナが動きだした――。 強い絆で結ばれていたはずの2人が、悠二を巡り対峙する! 大人気シリーズ...
  • 灼眼のシャナ0
    通常版 10巻 572円(税込)
    少女に名前はなかった。 ただ 「贄殿遮那のフレイムヘイズ」 と呼ばれていた。 少女が目指すは、“紅世の徒” の討滅のみ。 いまはまだ、少女の隣にあの “ミステス” の姿はなかった──。 天道宮から巣立ち、“...

灼眼のシャナSIII

Posted by ブクログ 2013年02月08日

「ソロー」大地の四神がアメリカ合衆国を潰そうとしていた頃、フリアグネとフレイムヘイズを憎む少年の話。「ノーマッド」懐かしい日常。「ヴァージャー」シャナがフレイムヘイズになってすぐに出会った紅世の王とフレイムヘイズの話。「フューチャー&ホープ」その後の物語。ああ、これでシャナも終わりなんだな……と胸い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナSIII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月28日

「妁眼のシャナ」の後日談を含む外伝集。
南北戦争の裏で行われた討ち手同士の東西戦争とその中で生まれたトリガーハッピーの話。フリアグネは毎回出張ってくるねぇ。
御崎市と新世界の後日談。思ったよりいろいろ問題が残っているのね。新世界のほうはいろいろ起こっている…か。

これで「シャナ」も完結か…感慨深い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナSIII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月14日

ソローはタイトルの通り、悲しい話だった。内乱の真実と、フレイムヘイズ殺しの宝具『トリガーハッピー』なんかができた理由がわかった。人間が味方であるはずのフレイムヘイズを殺すような宝具を望むってどういうことだろう?と多くのシャナ読者が零時迷子のできた過程をあたりで思ったと思うけど、それを納得させられた。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナSIII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月13日

雑誌収録の短編についてはもう、見事という他ない。
シャナという作品は当初「萌えと燃え」と言われていたけど、「燃え」だけで十二分に傑作であることが、シャナたちの登場しない過去編を読めば分かる。

「ソロー」
本編で何度か言及されたていた「内乱」の話と、ついでにフリアグネの過去話。この話で彼が手に入れた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナX

Posted by ブクログ 2012年05月25日

灼眼のシャナを全て読み終えての感想ですが、10巻が一番面白かったです
1、2巻を読んで主人公たちが好きになれない理由から続きを買うことをやめてしまった人には、この10巻をお勧めします!

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナV

Posted by ブクログ 2012年05月05日

シャナがフレイムヘイズになるまでの物語。
新キャラも続々登場し面白くなってきました。まぁ、新キャラの大半はいなくなるわけですが。『万条の仕手』ヴィルヘルミナや”夢幻の冠帯”ティアマトーもいいキャラしてて面白いです。
今回はフレイムヘイズになるまでなのでアクションが大目かな。紅世の徒もいくつか出てきた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナVII

Posted by ブクログ 2012年05月05日

6巻の続きです。
カムシンの本領発揮やら、クラスメイトの秘密がすべてばれてしまうとか、ハラハラドキドキです。
教授&ドミノもかなり美味しいキャラなので、楽しい限り。
カムシンの破壊能力は予想外のものでした。もっと違う攻撃方法だと思ったのに、あんなのだったとは。
恋の行方も気になる感じですね。
吉田一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナXXII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月03日

新しい世界の創造の時を迎えて、紅世の徒が、フレイムヘイズが、自分たちの思いをぶつけ合う姿に心震えました。助けるために己の命をかけるもの。永遠であるために新しい形をつくるもの。それぞれの思いの強さに、ただただ圧倒されるようでした。そして、何より悠二とシャナの結末。お互いを思いながらも、お互いを思うが故...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナXXII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年10月24日

 最終巻である。非常に感慨深い。
 祭礼の蛇が登場してから最終巻まで、ある意味では、シャナと悠二の凄まじく強大な痴話喧嘩だったといえるのではなかろうか。
 紅世の徒たちが、あの結末を是としたのは、ややご都合主義的な何かを感じざるを得ないが、概ね良しと――いや、好しとしよう。個人的に気になるのは、世界...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

灼眼のシャナXXII

Posted by ブクログ 2011年10月22日

最終巻。
壮大に広げていった物が一つに集まっていく感じ。
こんな終わり方があるんだと、ある意味で驚愕・・・。
読んでて、終わるのがもったいないと感じることはなかなかなかったので、そういった意味でも面白い、好きな作品でした。

このレビューは参考になりましたか?