R.O.D ―第八巻― 【書き下ろしイラスト付】

R.O.D ―第八巻― 【書き下ろしイラスト付】

作者名 :
通常価格 460円 (419円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

囚われの身となった読子に、なんとプロポーズが!? 初のモテモテ事態に陥る読子の前に、読仙社の頭首「おばあちゃん」とその親衛隊・五鎮姉妹が現れて…!? 一方、脱出しようとして敵の手に落ちたナンシーが目を覚ますとそこは……。英国、中国、神保町、東シナ海の深海を舞台に繰り広げられる大スペクタクルとアクション! 話はいよいよ佳境に!! 大好評! 羽音たらく先生による書き下ろしイラスト収録!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
244ページ
電子版発売日
2013年07月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

    Posted by ブクログ 2014年04月27日

    名前が読めなくて困ったけど、全体的に面白かった。皆の感情が色々と垣間見えたし、布石もたくさんあったし、次の展開が楽しみ。
    しっかしまぁドレイクは何故あんなに上手いこと使われないのだろうか。アニメにしても原作にしても、活躍の場がイマイチだから少し可哀想だなと思う。
    とりあえず、若い読子がかわいいです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    トンデモナイ所から始まって、トンデモナイ所で終わる。7巻で焦らされて、やっと続きを見れたと思った。しかし、これを読んでしまったら9巻が出るのが待ち遠しい・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月09日

    シリーズ8冊目。再びグーテンベルグ・ペーパーのお話に戻ります。真の意味で6巻の続きになる1冊。が、話はさほど進展するわけではなく、物語中の謎だったところが少しずつ明らかにされていく、という構造になっています。そして、いいところで話が切れているので、さらに後続巻へ続いていくのが難といえば難でしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    五鎮姉妹登場…。モー娘。に作者がはまっているのは巻末の著者紹介で知っていたけどもwしかも全員胸がでか(ry

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月13日

    囚われの身となった彼女の書家に
    こっそりとやってきていた小説家。
    そこで、恐るべき裏の顔を見てしまう。

    プロポーズをされるわ、本当の歴史を聞かされるわ
    どうしたらいいのか悩むけれど、その時間もない状態。
    空気がそこに存在するだけ、なのに
    死ぬ事も覚悟しているとは…忠誠心がすごい。

    かなり双方トッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月08日

    五鎮姉妹、琳ってやつだけ口絵に居ないのは何故なんだ。
    忙しくて前の内容を確認する暇も無かったのか、少し6巻までと食い違う箇所が有ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    グーテンベルク編4冊目。
    読仙社の本部に囚われた読子。能力を封じるために深海に沈められたナンシー。
    明かされる、チャイナの過去。
    グーテンベルク・ペーパーに固執する王炎。
    読子にプロポーズし、グーテンベルク・ペーパーの解析に勤しむファウスト。
    これからの自分の取るべき行動を選択したジェントルメン。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 12件
  • R.O.D 【書き下ろしイラスト付】
    東京、お台場、人の気配のない超高層ビル。香港から来た呉は稀覯本『黒の童話集』の取引を行っていた。相手の男は金髪のイギリス人。しかしその横には、鑑定人だという眼鏡をかけた東洋人の若い女が…。ボディチェックのため、女のコートの前を開けさせた呉は、言葉を失う…。コートの裏地にはやたらと内ポケットがあって、そこには、文庫本やら雑誌やらスポーツ新聞やらが突っ込まれていたのだった! 電子...
  • R.O.D ―第二巻― 【書き下ろしイラスト付】
    どこにでもありそうなありふれた図書館。壁際の本棚の向こうに、大英図書館特殊工作部、日本支部はある。ジョーカーは会議で、『黒の童話集』の件について報告していた。読子の功績をアピールするジョーカーだったが、ジェントルメンはなぜか読子の能力について否定的だった…。BBCの放送開始の知らせを受け、会議は中断された。世界最大の書店『バベル・ブックス』開店のニュースが画面に流れる。オープ...
  • R.O.D ―第三巻― 【書き下ろしイラスト付】
    大英図書館で司書として働くウェンディ・イアハート、19歳。同僚のカレンとともに、特殊工作部の要員の募集に申し込んでいた。そんな中、クライブ・カッスラーの『風の止まる庭』の生原稿が、何者かによって偽者とすりかえられてしまった! カレンはなんと、自ら原稿を探すと言い出す。ジョーカーは、ウェンディにも原稿の捜索を命ずるが…!? ウェンディ、読子、ねねねを主人公にした、一冊の本をめぐるス...
  • R.O.D ―第四巻― 【書き下ろしイラスト付】
    ジェントルメン直々の招集で、英国へやってきた読子。ジョーカーをして「英国の運命がかかっている」とまで言わしめる今回の任務の内容は、ドイツで発見された“グーテンベルク・ペーパー”を大英図書館まで無事に運ぶことだった。ハンブルクからロンドンへの帰途についた「積み荷が紙一枚」の戦艦は、案の定襲撃を受ける。敵はなんと、紙の龍にのった紙使いだった…!? 電子版だけのオリジナルイラストも収録!!
  • R.O.D ―第五巻― 【書き下ろしイラスト付】
    読仙社の紙使いの急襲の後、女王が誘拐されてしまった! 交換条件はなんとグーテンベルク・ペーパー…!? 読子たちは女王奪回の準備を進めるが、その一方、紙をとるか女王をとるかでジェントルメンとファウストの対立が激化して!? 英国の裏事情が絡み合う中、読子が引き渡し人として「敵」と対面する時が刻々と近づいていた…!! 英国VS中国、紙使い東西対決・リターンマッチ大勃発! 電子版のための書き下...
  • R.O.D ―第六巻― 【書き下ろしイラスト付】
    グーテンベルク・ペーパーが読仙社に奪われた! 唯一の解読者・ファウストの裏切りで英国が劣勢になる中、読子は北京でナンシー幕張とともに敵の本拠地を探ることに。一方、日本ではファウストと凱歌(がいこー)が読子のアジトに潜入し、英国では残されたねねねが“ドニーの日記”を前に苦悩していた…。中国・英国・神保町でそれぞれの想いが交錯して…!? 世紀の東西紙戦争は、本土決戦へ――!! のちの「古...
  • R.O.D ―第七巻― 【書き下ろしイラスト付】
    とある朝。読子は読書のあとの至福の時を過ごしていた。睡眠欲のままにまどろみ始めた、その時。暴風雨のような勢いで、ねねねが入ってきたのだった。不吉な予感。やはり、資料探しのためにふたりが行った本屋で思いもかけない事件がおきて……!?(『紙福の日々』)他に読仙社側の四天王、王炎たちと「おばあちゃん」が出会う話『少年時代』も収録。貴重な貴重な外伝の一冊!
  • R.O.D ―第八巻― 【書き下ろしイラスト付】
    囚われの身となった読子に、なんとプロポーズが!? 初のモテモテ事態に陥る読子の前に、読仙社の頭首「おばあちゃん」とその親衛隊・五鎮姉妹が現れて…!? 一方、脱出しようとして敵の手に落ちたナンシーが目を覚ますとそこは……。英国、中国、神保町、東シナ海の深海を舞台に繰り広げられる大スペクタクルとアクション! 話はいよいよ佳境に!! 大好評! 羽音たらく先生による書き下ろしイラスト収録!!
  • R.O.D ―第九巻― 【書き下ろしイラスト付】
    読仙社に突如一人の男がやってくる。最盛期の肉体を取り戻した若きジェントルメン――その名もヤングメン――だった。「あの紙を取り戻さなければ……」。ついに男の反撃が始まる! 一方、読子はと言えば……? ファン待望の書き下ろしでここに完全復活!! 紙と本をめぐる冒険。世界をまたにかけ、空前のスケールとR.O.Dオールキャスト(?)でおくる大スペクタクル!! 大好評! 羽音たらく先生によるオリジナ...
  • R.O.D ―第十巻― 【書き下ろしイラスト付】
    書き下ろしイラスト収録の電子特別版もいよいよ十巻目! 神保町のビルの最上階、部屋一杯の本にうもれたダメダメ極貧乏生活を送っている読子(25)の元に、ジョーカーから任務が届いた。それは、とある女子高に“女子高生として”潜入し、大英図書館から持ちだされた本を奪還すること。もぐり込んだ学校は膨大な蔵書を誇る〈超・文系〉で、読子にとってはまさに桃源郷だった……! 堂々のシリーズ十巻目、倉田...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「R.O.D」に関連する特集・キャンペーン