R.O.D ―第六巻― 【書き下ろしイラスト付】

R.O.D ―第六巻― 【書き下ろしイラスト付】

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

グーテンベルク・ペーパーが読仙社に奪われた! 唯一の解読者・ファウストの裏切りで英国が劣勢になる中、読子は北京でナンシー幕張とともに敵の本拠地を探ることに。一方、日本ではファウストと凱歌(がいこー)が読子のアジトに潜入し、英国では残されたねねねが“ドニーの日記”を前に苦悩していた…。中国・英国・神保町でそれぞれの想いが交錯して…!? 世紀の東西紙戦争は、本土決戦へ――!! のちの「古書・本」小説に多大な影響を与え続ける名作が、書き下ろしイラスト付きで堂々の電子化! 大好評の第6巻!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
228ページ
電子版発売日
2013年05月24日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年04月23日

なんかスパイっぽくなってきた。思いが交錯する中で、事態は動き出している。
しかし筆屋であんな筆作れるのか…?どう考えても悪い事に使うやろうに…。
まぁいいけど、それよりファウストの能力が気になるなぁ。
そして最後の1ページもメチャ気になる…
なのに次巻が外伝だとは…
とにかく先が気になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月05日

グーテンベルク・ペーパーを奪還すべく、敵地に潜入する読子とナンシー。
やっぱりこのコンビは良いなー。

二人の前に立ち塞がるのは、王炎が雇った強力な能力者…って、えぇ!?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月09日

シリーズ6作目。まだまだ続くグーテンベルグ・ペーパーのお話です。今度は舞台が中国へ移り、あれやこれやの大立ち回りが展開されます。新たな相棒も登場して、話は盛り上がるんですが、これまたここで話は完結せず、さらに続いていくのが難点といえば難点でしょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2004年12月08日

読子さん、人質にとられる〜のシーンで終わってます。この本を買うときは次の本も手に取ってから帰宅することをオススメします。気になって悶絶します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月19日

奪われたものを取り返しに来た早々
関係ない組織から追われる事に。

確かにもぐりこんだら早いですが
もうちょっと分かりにくく…w
初っ端から美味しそうな物が出てきていましたが
それ以外は特に。
仕事、といわれ、本屋に行けず、な毎度おなじみ主人公。

ついにもう一人の憧れの『先生』も登場。
向こうのボ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています