アフォーダンス入門 知性はどこに生まれるか

アフォーダンス入門 知性はどこに生まれるか

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
紙の本 [参考] 950円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アフォーダンスとは環境が動物に提供するもの。身の周りに潜む「意味」であり行為の「資源」となるものである。地面は立つことをアフォードし、水は泳ぐことをアフォードする。世界に内属する人間は外界からどんな意味を探り出すのか。そして知性とは何なのか。20世紀後半に生態心理学者ギブソンが提唱し衝撃を与えた革命的理論を易しく紹介する。(講談社学術文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年02月22日
紙の本の発売
2008年03月
コンテンツ形式
EPUB

「アフォーダンス入門 知性はどこ...」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年12月21日

●前提知識
・ギブソン心理学→生態心理学
・フレーム問題@ロボット
「ある行為に関連すること」と、「ある行為に関連しないこと」を、
効率的に見分けるにはどうすればよいのか?
・ゲッシュタルト

「感覚要素の総和以上のもの、総和とは異なったもの」

★行為
「行為は跡を残している。」・・・生き物のす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月25日

アフォーダンス理論は思っていたよりもすんなりと理解できたが奥深くて興味を持ってよめた。具体例、とくにダーウィンのサンゴ礁、ミミズの研究についてが面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年04月04日

岩波のブックレットの方も、直球勝負でインパクトがあったが、この本は別の意味で、インパクトがあった。それはダーウィンの生物をありのままに観察する、その虚心坦懐さである。ダーウィンとギブソンが重なるとは!!!である。

以下、気になった記述。
・行為は何もない「空間」ではなく、アフォーダンスの充満してい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月07日

アフォーダンスとは・・ある特定の生物にとって、その環境が持つ意味、役割、機能のことであろうか。植物のツルが螺旋を描くこと、ミミズが土壌を盛り上げて地表の物を埋めていくことは、それぞれが目的意識を持って行動しているわけではないが、シンプルな生物の動作パターンが環境のアフォーダンスと相互作用を起こし、結...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月12日

p.30「生きものの行為とその周囲とはどうやら二つで一つのことなのである。」
p.132「脳とはおそらく、環境の「絵のようなイメージ」を浮かべるところではなくて、環境と持続して接触する全身のシステムの一部なのである。脳にあるのは世界の「地図」ではなくて、世界との関係を調節する働きの一部なのである。」...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「アフォーダンス入門 知性はどこに生まれるか」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!