「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史

「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史

作者名 :
通常価格 847円 (770円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●すべての世界史の本の入り口となる本です。
つまり、世界史の入門書の入門書です。

●実は、従来の入門書は、意外にハードルが高いものが多くなっています。
理由としては、「出来事が羅列されているだけ」「結局は歴史の流れをつかめない」「固有名詞が多すぎ」など。
無味乾燥な情報の詰め込みすぎなのです。
その結果、つまらない上、分量が多すぎて読むのが非常に疲れます。

●そこで本書では、「面白い! 」「なるほど! 」を読者に感じてもらい、
世界史に興味をもってもらうことを主眼に置くことで、
読者に世界史に嫌悪感を抱かせたり、挫折させたりしないようにしました。

●「なぜその事件が起きたのか」「現代社会とどのようにリンクしているのか」「現代社会に例えるとどんなイメージなのか」「一言で言うと、結局どういったことなのか」
「当時の人々はどんな気持ちで行動を起こしたのか」などにフォーカスすることで、それを実現ました。

●ですので、事件や人物の(入試等での)頻出事項を網羅することは、
他の世界史の本(入門書も含む)にゆずると割り切っています。
まずは興味を持ってもらい、各々の出来事のイメージを持ってもらうのが先決だからです。
これが真の入門書の役割と言えましょう。

●テレビのバラエティ番組のプロデューサーが本職の著者・角田陽一郎は言います。
「今起こったことや最近流行ってることを、瞬時に理解して、どう表現すると皆さんに伝わるか?
僕らテレビスタッフは始終考えています。
そして放送時間は限られています。
まさに情報を“最速で身につける"のがバラエティ番組なのです。
この「最速で身につく」という観点で、世界史を構成・編集したのが、
まさにこの『最速で身につく世界史』です」

●また、著者は東京大学西洋史学科で世界史を勉強・研究してきただけでなく、
世界史とは一見関係性の薄い書物も多数読んできました。
著者の持つ膨大な知識から、わかりやすく、面白いものを厳選して集めたのが本書なのです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
アスコム
電子版発売日
2019年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月24日

    はじめから終わりまで、ワクワクして読めた。地理歴史科だけではなく、経済や社会のしくみを楽しく大観することができる1冊だ。2度読みしてしまったほど。著者の語りが、とにかくわかりやすく、スッと入ってくる。ずっと手元に置いておきたい1冊となった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月05日

    時代を追っての説明ではなく、各章のテーマ毎に世界史を横断する切り口がとても面白い。
    最後にそれらを日本史としてまとめるところも分かりやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月09日

    タイトルの通り、世界史に登場する人物や出来事を詳しく知らなくても、すぐに世界史を身につけられる内容で、世界史が好きですごく詳しく勉強した自分でも、大変面白く読み進められた本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

    歴史って、つい好きな時代のところを細かくオタクのように読んだり調べたりしがちですが、本書のようにキーワードでくくって、ざっくり歴史を眺める視点ってすごく大事だなと思った。また、キーワードも確かに「これが理解できないと世界史はわからないだろうな」と思うようなものばかり。
    「文明」・・・筆者は「結局のと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    章がテーマごとに細切れで読みやすかった。
    日本はまったく新しいものに革新するのではなく、継続を大事にして改革していく歴史。あとはこれからはお金ではなく信用の時代になる、などこれからどんな風に自分の周りが変わっていくかが見えるようで面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・カトリックと正教会では「神父」、プロテスタントでは「牧師」。神父は教会の司祭さんで、信徒の父的存在。牧師は信徒を導く師的存在
    ・8世紀以来イスラムの支配下にあったイベリア半島で起こったキリスト教国の国土回復運動(レコンキスタ)の達成は1492年(中核となった国はカスティリャ王国)。ナスル朝グラナダ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月23日

    苦手な世界史だったが、少し全体感を理解出来たし、なにより興味を持てるようになったことがとても大きい。苦手な所は飛ばしても良いので、一度目を通してみるのがオススメ!!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月08日

    世界史は、自然環境と人間の体の尺度の関係から生まれ、複雑に絡み合いながら、時間を経て発展してきたのかな、と思った。体の尺度、即ち、本源な欲求。暑い、寒い、のどか渇いた、お腹が減った、知りたい、豊かになりたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月18日

    大人になると、世界史が面白いんです。
    だからと言って、色々読んでいる割に、頭には入っていません。
    でも、世界史は面白い。
     
    大きくかいつまんで、分かりやすくまとめてくれている1冊です。
     
     書店の平積みで、即買いでしたが、著者の方はTVのバラエティーを仕事にしている人らしい。
    こういうまとめ方、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    テレビプロデューサーが書いた世界史の解説書。
    文明、宗教、水、帝国、中華思想、お金の話と言った23のテーマがあります。

    世界史を観ることで日本もその一部でしかない。アメリカでさえ今や超大国と言われるけど、1492年まではアジアやヨーロッパの歴史に乗ることさえなかった。勿論、そこに住む土着のひともい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています