運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

◎ゆうこすさん(モテクリエイター)推薦!
 まさかの、めちゃくちゃビジネス本。運をプロデュースしよう!

◎川田十夢さん(AR三兄弟・長男)推薦!
 開運の打率を上げる、拡張の参考書。

◎マキタスポーツさん(芸人・ミュージシャン・俳優)推薦!
 “見えない人”にはずっと見えない本。僕には見えました。


明石家さんまさん、キングコング西野さん、堀江貴文さんなどなど。
バラエティプロデューサーとして
「運がつきまくっている」人たちを長年にわたり見てきた著者が出した結論!
それが“「開運」の仕組みは論理的に説明できる”です。

本書はスピリチュアルな精神論やオカルトの類いとは距離を置く、
いわば「開運の実学」を記した「運の技術」の本。
実用書、テクニック集です。

【本書の内容】
●芸能人、著名人の運のつかみ方を論理的に解説しています。
●運を逃す人の特徴も論理的に解説しています。
●AI時代の到来も近い現代にフィットする開運思考を解説しています。
●著者自身が実際に使っている開運テクニックを解説しています。
●つかんだ運を強化するマインドの持ち方を解説しています。

なぜ、あの人は運がいいのか?の理由がわかり、
運を開くにはどうしたらいいかの具体的な方法がわかり、
好きなことをやって生きていくための思考法がわかる!

開運を「いかがわしい、うさんくさい、非科学的」と思っている人ほど、騙されたと思ってぜひ読んでみてください!!

■著者 角田陽一郎(かくた・よういちろう)
1970年、千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。1994年、TBSテレビ入社。『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』『オトナの!』などの番組を担当した名ディレクターとして高い評価を受ける。現在は、TBSテレビを退社。バラエティプロデューサーとして独立し、キングコング西野 亮廣さん、コルク代表の佐渡島庸平さんなどのトップクリエイターとともに、テレビの枠に収まらない様々なフィールドで時代に求められる新たなライフ&ビジネススタイルの創造に挑戦し続けている。また、明石家さんまさんをはじめ、いとうせいこうさん、水道橋博士さん、堀江貴文さんなど、成功をつかんできた数多くの芸能人、著名人との親交も深く、その中で見て、感じた成功者の運のつかみ方が本書にはまとめられている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
あさ出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年06月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    ・「運を上げる」とは「自分の名前で勝負すること」。それはあらゆる物事を「自分ごと化する」ことと同義
    ・運を開くには、相手を人間扱いすること(役職だけで扱わない)
    ・自分に飽きない(自分の良さを常に認識する。鉄板を意識する)
    ・思ったことをすぐいうことで運を一つ手放す
    ・最低限の見つかる努力として、外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    初めてもらったサイン本
    芸能人の名前が普通に出てきて親近感湧く
    声が大きい人は成功するに心から同意したい(笑)

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月18日

    運は自分で
    1運を上げるは、自分ごと化する
    2キャラを見極めらチャーミング
    3おきゃは神様でなく、人
    4とにかく、好きなことをやる
    5とりあえずやる
    6不運はなくすより、うまく付き合う
    7チャンスにはとにかく乗る
    8相手を思うことが運を呼び込む
    9自分に飽きずに運気を1000日単位で考える
    10やり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています