For You

For You

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

最愛の叔母が急逝した。映画雑誌の編集者である朝美は、遺品整理で訪れた叔母の部屋で古びた日記帳を見つける。そこには80年代、高校生だった叔母の青春が描かれていた。読み進めていくうちに、朝美は叔母のある男の子への想いを知る。独身を貫き、「恋ならしている」そう言い続けた叔母の生涯を懸けた恋とは。涙なしには読めない、感動の純愛ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2017年05月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

For You のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年02月29日

    高校時代のリアルな描写が見事!
    自分はクレープ屋なんてしなかったけど、むっちゃ文化祭の楽しかった事を思い出しました。
    2/2/29

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    何となく展開が読めてたと思っていたが更に上を行く結末だった。これは面白い!!
    その意味で主人公とのシンクロ感は高い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月15日

    まさかの展開に涙。
    誰かを愛し貫く事を、まっすぐに描かれた素敵なお話だった。
    絶対おすすめしたい感動の純愛ミステリー!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月05日

    五十嵐貴久さんの本はこの間年下の男の子を読んですごく面白くて、この本のあらすじに書いてあった純愛ミステリーっていうのに惹かれて、期待して読み始めました。

    私的にすごいハマりました。
    レビューで前半はちょっと微妙で、後半からが面白いとおっしゃっている人が多かったんですが、まさにそうでした。
    中盤から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月17日

    2012-12
    読後感爽やか。
    冬子さんの恋愛はキュンとした。
    最後の展開は結構無理があるとは思うけど、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月03日

    主人公の朝美は雑誌の編集者。多忙な日々を送るある日、急逝した叔母の遺品整理で彼女の日記を見つけることから物語は始まる。朝美の視点と冬子の視点が入れ替わりながら進んでいくが、冬子パートの描写がいきいきとしていただけに朝美パートはやや退屈に感じた。途中で気づいたが、純愛をメインにしつつミステリ要素も含ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    面白かった。
    急死した叔母、母がわりに育ててくれたその叔母の、若い頃の日記を見つける。
    日記の中の叔母と今の自分が交差する。
    偶然なのか必然なのか?
    なかなか面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月08日

    亡くなった母の代わりを努めてくれていた叔母が急逝した。
    そんな叔母が残した古い日記。
    そこには知らない叔母の姿があった。
    最後は感動に包まれる。

    2017.9.6

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月01日

    五十嵐貴久さんの作品は『リカ』から読み始め『交渉人』『安政後年の大脱走』そしてリカの続編と読んできたが、恋愛小説も書いているのと!?と驚きながら購入。



    私の十代は90年代ですが、冬子の青春時代に何故か懐かしさと憧れを抱いてしまう。
    昔、行った江ノ島と鎌倉にまた行きたいなとも思った。
    登場人物達...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月10日

    展開は想像できてしまうし、タイミングも良すぎるし、無理があると言えばそうなのだろうけど、私はこういうお話が大好きだ。

    心がホカホカ温まる。
    冬子さんと藤城さんのその後をもっともっと読みたかったなぁ。。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています