PEAKS 2016年5月号 No.78

PEAKS 2016年5月号 No.78

作者名 :
通常価格 713円 (649円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「登山のときに一番不安なことは?」
この問いに対する答えで最も多いのは、
道具選びでも、ルート選びでもなく、「遭難」です。
正直なところ、遭難から生還した経験のある人でないと、
実際にどのようにして無事でいられたのか、
そしてどうして遭難してしまったのかの本質について知ることは難しいもの。
今号のPEAKSでは、「山の危機管理」と題し、
そんな遭難についての悩みに答えます。
遭難しないようにするにはどうしたらいいのか、
遭難してしまったらどうすればいいのかを、カテゴリー分けして解説。
かゆいところに手が届く、安全な登山をするためのTIPSが盛りだくさん!
さらに第二特集は「クライミングで広がる山の世界」。
ちょっとハードルが高いように思えてしまうクライミングも、
実は登山で使えるフィジカル・テクニカルスキルの宝庫。
クライミングスキルを磨けば、登山に役立つことだらけなんです。
以上2本の特集と、好評連載で送るPEAKS2016年5月号!
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
ピークス
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年04月15日
サイズ(目安)
125MB

新刊オート購入

PEAKS 2016年5月号 No.78 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

PEAKS(ピークス) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~87件目 / 87件
  • PEAKS(ピークス) 2021年11月号
    NEW
    ウインタークロージングギアカタログ 特集◎ウインタークロージングカタログ2021-2022 今年もやってきました!秋冬のウエアカタログ号。 シビアな雪山環境から身を守るハードシェル、年々進化が加速するインシュレーション、 そして玄人ほどこだわりの強いベースレイヤーをメインに グローブやソックスにヘッドウエアなど、この秋発表された新作を中心にご紹介します。 ここ数年掲載してきたウィメンズモデルも本編とは切り分けてカタログを掲載。 ぜひこの冬の登山の参考にしてください!  そのほか、ウエアにまつわる細かい情報もご紹介。 思わず愛用したくなるウエアがきっと見つかります。 ※電子書籍版には特別付録「オリジナル・ビッグサコッシュ【改】」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 予知することが難しい地震発生時、登山者がとるべき行動と心得 Trail Head ザ・ノース・フェイスの「アドヴァンスドマウンテンキット」が世界同時発売! Trail Head PEAKSよりお得な“PEAKS BOX”登場 目次 特集◎Winter Clothing Gear Catalog 2021-2022 ウインタークロージングギアカタログ 2021年の新作ウインターウエア。-5℃で試してみました! ウエアをどう使いこなすか、それが大事! シーン別雪山ウエアリング術 ハードシェル ソフトシェル 雪山のウエアリング① 変化の時を迎えた、シェル素材の撥水加工。PFCフリーってなに? インシュレーション フリースウエア ポーラテック アルファダイレクト×マムート。ウエアリングの常識を変える 進化形アクティブインシュレーション ベースレイヤー Wool on Woolという選択肢。天然の力をまとって、山へ 雪山のウエアリング② ゴアテックス vs フューチャーライト。ザ・ノース・フェイスのウインターウエアふたつの選択 トレッキングパンツ ゲイター どれも同じと思うなかれ! アウトドアウエアに採用される高機能素材見本帳 ヘッドウエア 雪山のウエアリング③ グローブ ソックス 冬期最新モデルカタログと選び方指南。’21FW Women's Wear Selection すごしやすい季節は岩と戯れる山遊びへ! BOULDERING CAMP with Jeep Compass 2021-2022 WINTER PICK UP ITEM COLLECTION アークテリクス ホグロフス ミレー モンチュラ PICK UP NEW ITEM 小雀陣二の山グルメ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP BOOK ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 山妄想ハイパー 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there... なぜなら、そこに山があるから/山下舞弓 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/南竜山荘 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年10月号
    ソロトレッキングのはじめ方 特集◎ソロトレッキングのはじめ方 暑さが和らぎ、山々も次第に静かに。 そんな季節は、ひとりしっぽりと山へ出かけたいもの。 今号の特集では、ソロ登山に関するノウハウをフィーチャーします。 ひとりで山を登るには、なにを考え、どんなものを用意する必要があるのか。 プランニングから装備の組み方までしっかりとご紹介!  先輩登山者の失敗談を交えつつ、ソロ登山者が備えておくべきエマージェンシーキットについても解説していきます。 また、登山好きで知られる劇団EXILEの佐藤寛太さんがソロテント泊に挑戦!  ベテランショップスタッフに見守られながら八ヶ岳に挑みます。 ※電子書籍版には特別付録「オリジナル・ソフトフラスク」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 槍穂連峰、常念山脈にて 寄付金募集の実証実験が始まる Trail Head ザ・ノース・フェイスの定番グリッドフリースが大幅アップデート! Trail Head ソックスのような履き心地 サロモンの新作シューズ 「Xウルトラプロゴアテックス」 目次 特集◎自己完結できる登山者になるための指南書。 ソロトレッキングのはじめ方 みんなの不安にお答えします! ソロ登山、なにを不安に感じていますか? 里山から天空へ繋がった 新生 信越トレイル110km ポイントを押さえて、安全&快適に! ソロ山行プランニング術 笑い話か身につまされる話か……。 ソロ登山の失敗談 万が一のトラブルに対応するために。私はこうして山の保険を選びました 日帰り山行から山小屋泊、そしてテント泊へ! ソロ登山ステップアップ計画 食材はすべてコンビニで買えるものだけ。 食べ応えがあって「簡単」に作れる 満腹レシピ 危険を知って身を守ろう。 つねに持ち歩くべき救急アイテムとは? 見守り付き登山で。 佐藤寛太のソロテント泊STEP UP! いきおいあまってソロ登山をはじめたかほさんに聞く。 女性がひとりで歩くということ 女性登山者の不安解消! ソロハイカーお悩み相談室 編集部・西原テント買いました! テント泊デビュー、その装備で大丈夫? SOLO HIKERS STYLE ソロハイカーたちのリアル ポーラテック パワーグリッド × ゴールドウイン。 暖かいときから寒いときまで驚異の汎用性を誇る テクニカルフリース Nikon Z 50を使った撮影レッスンの集大成。 登山YouTuber かほの写真日記 PICK UP NEW ITEM MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 山妄想ハイパー 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there… なぜなら、そこに山があるから/實川欣伸 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/真砂沢ロッジ こだわると終わらない。 テントペグ考。 SUZUKIスペーシアギアでフィールドへ。 ノマドな山旅ライフ 2泊3日で3つの百名山をめぐる頸城五山トレイル。 上越の名ルート、待望の復活へ 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年9月号
    彩り豊かな秋山の魅力と、夏とは異なる 山登りの注意点を解説! 秋登山の楽しみといえば「紅葉」。 燃えるような紅色の稜線をゆくテント泊はもちろん、ゆっくりと紅葉を堪能できる山小屋に、タイミングをあわせて行きやすい日帰り登山までどんなスタイルにも対応できる紅葉を狙った山登りをご紹介します。 秋山の注意点や紅葉のメカニズムも取材しました。 また夏とはうってかわる環境なので、秋山ならではのテント泊ノウハウはボリュームを割いて解説。 第2特集では「食欲の秋」にからめて「山ごはん」にフィーチャーします。 昨年募集した表紙公募企画も発表しますよ! ※電子書籍版には特別付録「ウォータープルーフ・トートバッグ」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 燕岳テントサイトの公衆トイレを、環境配慮型にしよう Trail Head アーティストと山小屋のコラボによるブランド 「nubis umbra」が始動! Trail Head CAMP TOOLS 2021増刷決定! 目次 特集◎ 今年こそ紅葉を“当てる”ためのヒントが満載。 全国紅葉登山ガイド 2021 東北の名峰・神室山を避難小屋泊で縦走! “みちのくアルプス”紅葉の帳を目指して 緑の葉はどうやって黄色や赤色に変わるのか。 紅葉のメカニズム 秋山で見られる色とりどりの植物の正体は? 山の紅葉図鑑 紅葉はどうやって予想するのか? 紅葉チャンネルのつくり方 例年の見頃を参考に今年の紅葉を待とう! 全国の紅葉見頃マップ 季節が変わって、気をつけたいことってなに? 秋の山を楽しむために 森と湿原と岩の山。表情豊かな尾瀬をふたりで闊歩。仏に至る秋の楽園ハイク 山のプロ&山好き10名に聞いた。 紅葉の時期こそ泊まるべし山小屋16 山小屋連載担当イラストレーター・神田めぐみが語る。 紅葉と山小屋の魅力 先人の失敗から教訓を得よう。 秋の山行で危険だった&失敗した話 秋山入門 ウエアとギアにまつわるエトセトラ 錦秋に染まる絶景の世界へ。 紅葉×テント泊ならこの山! 山に行けない日をどうすごす? 秋の夜長の楽しみ方 ショップスタッフが紹介する。 全国のおすすめ日帰り紅葉ルート 表紙公募企画第2弾結果発表! 紅葉特集の9月号最終候補作品はこちら! Nikon Z 50を使って写真力アップ! 登山YouTuber かほの写真日記 ゴルジュを抜けて、夏のただなかへ 鳥海山南折川遡行 小雀陣二の山グルメ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 山妄想ハイパー 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there… なぜなら、そこに山があるから/雨宮 節 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/谷川岳肩の小屋 第二特集◎ 食と酒と食べる道具。 レッツトライ! 山ごはんレシピ。 酒とつまみと○○と。 ナンバーワンカトラリーを探せ! PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年8月号
    日本アルプスの歩き方 特集◎テーマ別!日本アルプスルートガイド 夏本番!ついにアルプス登山のシーズンがやってきました。 灼けるような陽射しをさえぎりながら、3,000m級の風を感じて景色を味わう山の旅。 山好きならば待ちわびていたであろうこの季節存分に楽しめるように7つのテーマに合わせて日本アルプスのルートをご紹介します。 テーマとセットになった企画もお見逃しなく。 特集外では、高橋庄太郎さんが歩いた夏の越後三山の模様をお届け。 ほぼ恒例となったニッチなカタログ企画では、ケトルを徹底調査しました。 ※電子書籍版には特別付録「オリジナル・ロングスキットル」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head withコロナ時代、富士登山の“ニューノーマル”を提唱 Trail Head 信越トレイルが30km延びて、総延長110kmに! Trail Head ココヘリの新サービスをお得に活用しよう 目次 特集◎7つのテーマに合わせてアルプス登山のおすすめルートを紹介!日本アルプスの歩き方 日本アルプスの新しい楽しみ方を発見できるかも。あなたが山行に求めるものは!? 北アルプス大縦走。極上キャンプ地ですごす午後のひととき 最高の景色のなかで眠る幸せ。大パノラマの絶景テント場ルート ハードルはそんなに高くないぞ!アルプステント泊の楽しみ方 山でのすごし方が変化したこの1年。夏山登山のニューノーマル 2021 挑戦前に学んでおきたい!岩稜歩き・クサリ場通過の注意点 日本アルプスの醍醐味。大スケールの岩稜帯ルート 甲斐駒ヶ岳・黒戸尾根 現代に生まれ変わった“修業の道”を行く 道に歴史あり。歩いてめぐって温故知新。古に思いを馳せるクラシックルート 南アルプスの歴史に埋もれた“謎のクラシックルート” W.ウェストンの北岳入山ルートを探る 「必要ある?」なんて言っていたらもう恥ずかしい!山男のスキンケア ~入門編~ 山を被写体にするならば。フォトジェニックスポットルート 今年は親子でアルプスデビュー!のりものでやまのぼり 家族で登山を楽しむためのヒント。我が家の必須アイテム/おみやげずかん 私たちがテントを担いだ4日間。波乱万丈 白馬岳温泉旅物語 登山者に愛される山の名湯、休業のワケは?白馬鑓温泉小屋、いまとこれから 癒しを堪能する至福の山旅へ!山の極楽湯ルート 下山後に立ち寄りたい!麓の絶品温泉リスト 夏山シーズン到来で気になる。においの話 何度でも食べに行きたくなる忘れられない味。登って食べる絶品グルメルート このためだけに山に登りたい。今夏はおなかをすかせてアルプスへ ショップでもなかなか見られないラインナップ。 アウトドアケトルの可能性を探る! MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 山妄想ハイパー 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there…なぜなら、そこに山があるから/小杉 敬 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/七倉山荘 日帰りよりもディープに、テント泊よりも軽やかに。 スローに楽しむキャンプ泊登山 日本百名山と200名山を一気に連ねる! 緑と谷の名山めぐり in 越後 Nikon Z50で人生初のミラーレス一眼に挑戦! 登山YouTuber かほの写真日記 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年7月号
    \出発点までぐるっと回る/ 北アルプスラウンドルート20 みんな大好き北アルプス! いよいよ夏が到来する今号では、出発地点に戻ってこられる1泊~2泊をメインとした、ループ状のルートを多数ご紹介。 もちろん、長期休暇が取れたら挑戦したい3泊以上のルートも掲載しますよ! 北アルプス南部エリア(槍・穂周辺)に剱・立山・黒部エリア、後立山エリアと3つに分け、20ルートを詳しく解説します。 ルート紹介だけでなく、荷物を預けられる場所や意外と知られていないグルメなど、山行計画を立てるための情報も網羅。 綿密な計画を立てて、ぜひこの夏の北アルプスを楽しんでください。 ※電子書籍版には特別付録「オリジナル・ドライバッグ」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 赤岳鉱泉山岳診療所が今夏7月3日(土)から運営スタート Trail Head 軽量・高透湿・着心地と3拍子揃ったパンマージャケットが登場。 Trail Head 「WIN THE SUMMIT ACADEMY2021-2022」今年も開校! Trail Head プラティパスの小型浄水フィルターが登場 目次 特集◎出発点までぐるっと回る 北アルプスラウンドルート20 バリエーション豊かなルートで楽しもう!ぐるっと回る山歩きのすすめ ラウンドルート【AREA.1】槍ヶ岳・穂高連峰【前編】 “山の総合力”で勝負する難所中の難所!超ハード! 憧れの岩稜帯北アルプス大キレット ラウンドルート【AREA.1】槍ヶ岳・穂高連峰【後編】 北アルプスの山小屋ガイド2021 槍・穂高・乗鞍エリア これからも山登りを楽しむために、登山者がともに考えることとは。北アルプスの山小屋、その現状と登山の明日 お役立ち! 麓ガイド 上高地・新穂高編 穂高や剱を安全に歩くために。岩稜登山、ここに注意! 最良の道具で岩の要塞を攻略せよ!岩稜歩きお役立ちアイテム 【Column】 槍穂エリア 表現者として山にかかわる、僕の「始まり」 北アルプスラウンドルートをめざす君に ラウンドルート【AREA.2】剱・立山・黒部 北アルプスの山小屋ガイド2021 立山・剱・黒部エリア お役立ち! 麓ガイド 富山・立山・室堂編 【Column】 剱・立山・黒部エリア 岩と雪と岳友と さかいやスポーツで山準備。めざせ、北アルプス・テント泊縦走! 唐松岳~五竜岳をめぐるサーキットルート。自粛ボケした体よ。思い出せ、これが北アルプスだ! ラウンドルート【AREA.3】後立山連峰 北アルプスの山小屋ガイド2021 白馬・後立山エリア お役立ち! 麓ガイド 後立山・白馬編 【Column】 後立山エリア 83歳、最後の挑戦 公共交通機関、マイカー&長距離バス 北アルプス登山口経路図 プラス13cmがもたらす快適さと安心感。サーマレスト・ネオエアーシリーズにレギュラーワイドが仲間入り ワラーチ&リカバリーサンダルは登山でどれくらい活躍するのか?2大機能サンダルを検証してみた 小雀陣二の山グルメ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 山妄想ハイパー 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there…なぜなら、そこに山があるから/荻田泰永 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/朝日鉱泉 ナチュラリストの家 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年6月号
    テント泊はもちろん、山小屋泊から日帰りまで十人十色の装備を拝見! みんなのソロ装備図鑑 PEAKSでの過去連載はもとより、ムックの人気企画である“装備紹介”が特集として復活!2泊3日の南北アルプスのテント泊山行をメインに、山小屋泊と日帰り山行の装備も紹介します。また、現在ラインナップされている最新テントのこだわりについても、各メーカーに取材しました! 第2特集は“ファストパッキングのはじめ方”。 いつもの装備よりも、もっと遠くまで行ける登山のスタイルをご紹介します。 ※電子書籍版には特別付録「L字型コンパクトウォレット」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 山小屋の宿泊予約サービスをモンベルが開始 Trail Head アクティビティに必要な情報を取得できる フィールドインフォメーションデスクが誕生! Trail Head 疲れた足をいたわるサロモンのリカバリーサンダル 目次 特集◎テント泊はもちろん、山小屋泊から日帰りまで十人十色の装備を拝見!みんなのソロ装備図鑑 ホーボージュンが雲ノ平を歩くなら。北アルプス・4泊5日全装備大解剖 南北アルプス ソロテント泊装備【前編】/山岳・アウトドアライター 高橋庄太郎 ライター 村石太郎 登山YouTuber かほ ライター 吉澤英晃 アウトドアライター 中島英摩 フォトグラファー 武部努龍 もう同じ経験はしたくない!!テント泊での恐怖体験&失敗談 こだわりのサコッシュと厳選されたアイテムを徹底調査。その中に、なに入れてますか? 南北アルプス ソロテント泊装備【後編】/ハイカーズデポ店主 土屋智哉 オガワンド代表 小川隆行 アウトドアショップ・サンデイ・スタッフ 功刀真由 フォトグラファー 飯坂 大 フォトグラファー・翻訳通訳家 鈴木千花 俳優 佐藤寛太 各ブランドから聞いたこだわりのポイントとは? 最新テントの細部にせまる! デザイナーに聞くテント進化のポイント テント泊大好き野郎が山小屋泊に目覚めたワケ。山と人が結びつく場所 小屋泊山行装備/ライター 櫻井 卓 山旅好き・道具好き・写真好きライター ポンチョ イラストレーター 神田めぐみ 雷鳥写真家 高橋広平 フォトグラファー 松本 茜 ライター・イラストレーター ユーコンカワイ 日々の経験と工夫こそ収納上手への近道!みんなのパッキング術 日帰り山行装備/モデル 大石 学 低山小道具研究家 森 勝 さかいやスポーツウェア館営業部 平野果穂 元小誌担当販売部員 八並 亮 ワタクシ、これがないと困るんです。個人的マスト装備 日本列島物欲バクハツ最前線2021初夏。今期コレを買い足したい! 偏愛品から実用品まで、お気に入りの品々を大公開。こだわりアイテムを聞きました! 予約は必須、宿泊費は値上げ。 2021年夏の山小屋営業情報 2021年、ロゴを一新しリスタート。 ゼログラムが描く、アウトドアの未来図 夏山登山の強い味方。 防虫+UVカットのスコーロンに注目 MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション 第二特集◎“早歩き”で長く、遠くの山々へ。ハイカーのためのファストパッキング入門 装備見直し講座 大菩薩連嶺 北南ファストトリップ ファストパッキングのマイスタイル 山での傘の有用性を考える。 アウトドアでアンブレラ 小雀陣二の山グルメ シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/晴嵐荘 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年5月号
    ※電子書籍版には特別付録「タイベック・フードコンテナ」は付属しません。あらかじめご了承ください。 表紙 Trail Head 檜尾岳避難小屋をぬくもりたっぷりの山小屋に! Trail Head 軽くて強い、新感覚シューズに秘められた実力とは? Trail Head 素材を一新したコロンビアの定番レインウエアに注目 Trail Head 北海道上川町×コロンビアスポーツウェアジャパン 地域包括連携協定を締結 Trail Head ネオエアーシリーズにワイドモデルが登場! 目次 軽量化、どのように考えていますか? 特集◎ 山行スタイルに合わせて装備を軽くするためのテクニック! 軽量化の極意。 なにを優先するかでタイプが変わってくる。軽量化スタイル図鑑 今年の北アルプスになにを持っていくか? 高橋庄太郎の“最新軽量装備”シミュレーション登山 in 沖縄 ショップスタッフに聞く効果的なアプローチ。装備を軽量化するために 装備の軽量化をしたら考えよう!バックパックを選ぶためのポイント 個性が光る軽量モデルをピックアップ。アンダー1kgテント&シェルター徹底比較 快適性は十人十色。自分に合った軽量マットはどれ? 1,500g以下!スタイル別快適寝具 装備や体重を減らせば、登山はラクになる? 登山と体重のディープな関係 軽くて高カロリーなモノはどれ? 行動食のエネルギー量比較 お湯だけで美味しく食べられる!乾燥食材オンリーレシピ対決 重量と使いやすさの関係性を解き明かす。 アルコール&固形燃料バーナーを実戦テスト ちょっとずつの軽量化が大きな減量に。クッキングツールカタログ 装備選びの基本は足元から。軽量な登山靴を選ぶときの注意点 総重量5㎏で1泊2日の山旅へ。ウルトラライトやってみました。 10gでも減らしたい山行だけど……この機能ならプラスしたいマルチユーティリティアイテム さぁ、残雪期がはじまるよ!春の西穂で雪山テント泊デビュー 丹沢表尾根の起点、ヤビツ峠にレストハウスがオープン!自然と人、里と山の間となるように 小雀陣二の山グルメ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション 買い替えたくなるモデル品が勢ぞろい! 納得の山サイフカタログ シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/赤湯温泉 山口館 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年4月号
    表紙 Trail Head 「FUNQフェスオンライン2021 Supported by Cisco」が開催 Trail Head 全層雪崩や山火事に注意したい春登山 Trail Head ピークデザインが銀座にアジア初の直営店をオープン! Trail Head 山のことを学べる会員向け講演会と講習会 目次 特集 新たな装備に加えたい新作・定番を厳選してご紹介! 山道具セレクション2021 ショップスタッフが自分で使いたいモノ、本当に売りたいモノをチョイス。2021フィールドインプレッション BACKPACK【 バックパック 】 BACKPACK ACCESSORY【 バックパックアクセサリー 】 SACOCHE & POUCH【 サコッシュ&ポーチ 】 STUFF BAG【 スタッフバッグ 】 GEAR TIPS_BACKPACK 覚えておくと便利なバックパックにまつわる小ワザ SHOES【 シューズ 】 TREKKING POLE【 トレッキングポール 】 TENT【 テント 】 SLEEPING GEAR【 スリーピングギア 】 スリーピングバッグ スリーピングマット ピロー バッグライナー&カバー GEAR TIPS_SLEEPING GEAR ちょっと工夫するだけで快適になる就寝道具 春は別れの季節。されど出合いの季節でもある。新しい道具への買い替えのタイミングはここだ! WEAR【 ウエア 】 レインウエア インシュレーション ウインドシェル トレッキングパンツ ベースレイヤー ソックス GEAR TIPS_WEAR 知ってるようで知らない!? ウエアに関する豆知識 特集で登場するさまざまな専門用語を一堂に解説。アウトドア用語辞典 COOKING TOOL【 クッキングツール 】 バーナー クッカー CUTLERY【 カトラリー 】 WATER CARRY【 ウォーターキャリー 】 国産ガレージメーカーシーンウォッチャー三田正明がいま気になるモノ。 OTHER ITEM【 アザーアイテム 】 ヘッドランプ ランタン ヘルメット サングラス エクストラアイテム 女性のためのPEAKSできました。Women’s PEAKS PICK UP【 ウエア&ギアコレクション 】 ひとり、ひとつ。いちばんほしいものを選んでみました。PEAKS編集部員の今季最初に手に入れたいアイテムはこれ! 小雀陣二の山グルメ PEAKS PICK UP BRAND COLLECTION 2021 カンプ キャラバン ドイター ダーンタフ エスビット ヒルバーグ レキ カリマー ミステリーランチ アウトドアリサーチ ピークパフォーマンス パーゴワークス サンデーアフタヌーンズ テラノヴァ ウエスタンマウンテニアリング ゼロシューズ ザンバラン MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから/栃内 譲 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/大天荘 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年3月号
    旅にトラブルはつきもの。それは山を旅する登山も同じです。 しかし山中でのトラブルは、街中とは比べものにならないリスクがあります。 行動に支障をきたすケガや急な病気、自然現象を元にする落石やホワイトアウトなどの危機を、想定できる限り取り上げ、その対処法を有識者に聞いてみました。 また、ケガをしないために日頃から行なうべき登山のための簡単なトレーニングや、 ファーストエイド&エマージェンシーキットをどのように構成するかなど、 登山中の緊急事態を乗り切るための情報を多方面からお届けします。 ※デジタル版には、紙版の付録「ガジェット防水ポーチ」は含まれません。 表紙 Trail Head 世界第二位の高峰、K2冬季初登頂 Trail Head 伊那市の山小屋4軒、今季営業再開へ Trail Head 山道具系YouTubeチャンネルを検索! 目次 クマの専門家に聞きました!昨今のクマ事情、登山者はどう向き合うべき? 特集◎ケガや急な病気から落石や雷に危険な生き物まで。リスクを回避するために備えておきたい知識と道具を解説!緊急事態対応マニュアル 低山も8,000m峰もリスクマネジメントは同じ。ファーストエイド&エマージェンシーキットの“持つ意味と考え方” 医療の専門家に聞きました!山のフィジカルトラブル対処法 Column ケガの体験談 登れる体は登山の資本!山でケガをしないための体づくり講座 山ではどんな薬をもつべき?医師に聞く“薬”の備え方 山のガイドたちはどう判断しているの?自然&生物によるトラブル対処法 ビバーク未経験者が山中で緊急ビバーク!そのときあなたはどうする!? Column 装備トラブルの体験談 山のエキスパートに聞いてみた!どうしてる?ファーストエイド&エマージェンシーキット 安全管理の考え方を知り、いざという事態に備える。夜間行動を避けるためのリスクマネジメント いざというときに命を守る。救助要請の心構え 山岳救助にはどれくらいの費用がかかるのか?知っておきたいお金の話 きちんと理解してしっかり加入。山の保険の選び方 三俣山荘・七丈小屋・赤岳鉱泉がトライしたそれぞれの工夫とは?南北アルプスと八ヶ岳で見た2020年のコロナ対策 北アルプス・三俣山荘 南アルプス・七丈小屋 八ヶ岳・赤岳鉱泉 小雀陣二の山グルメ ひと足お先に厳選したラインナップをお知らせ!2021-2022 K2 NEW MODEL INTRODUTION 山と街をシームレスに楽しめる。アンドワンダーの今季注目のギア! Part.3 村石太郎の野外道具探訪記/ジェントス MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから/柳澤 仁 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/苗場山頂ヒュッテ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年2月号
    特集◎最低限知っておきたい地図読みの極意 読図とは、地形を読み、方角を知り、迷うことなく山を登るための大切な技術。 今回の特集では道迷いをしないために、だれもが最小限知っておくべきことに注力。 ちょっとした裏山ハイクが冒険に変わる、目からうろこの地図読みのおもしろさをご紹介します。 じつは読図、基本さえ知れば登山の楽しみがグッと深まるのです。 もちろん、道迷いを防ぐ方法や最新のビバーク術も掲載。これで、もう地図読みは怖くない! ※デジタル版には、紙版の付録「フィンガーレスミトン【改】」は含まれません。" 表紙 Trail Head エベレストの標高は「8848」→「8849」へ! Trail Head 「バーチャル・アイスクライミングフェスティバル」開催 Trail Head 雪の状況がピンポイントでわかる「リアルタイム積雪モニター」 目次 特集◎登山の楽しみがぐっと深まる読図の基本と応用術!山で道迷いしない地図との付き合い方 登る山を知るために。読図は登山を楽しむためのキホンだ! 地図読みのエキスパート 北村ポーリンさんに習う。地図読み基本の「き」 講師に学んで独学の一歩先へ。地図読み講習会のススメ マンガ はじめての地図&コンパス講座 行き詰まったらプロの真似をすればいい!僕たちは地図読みとコンパスの使い方をこうして覚えた 地図を読めない女がスマホアプリだけで無事下山できるのか? 山でアプリをフル活用する川名 匡ガイドが指南。デジタルデバイス使いこなし術 進化著しいナビゲージョンのお助けアイテム。GPSウォッチカタログ ナビゲーションの頼みの綱は、いまも進化中。ハンディGPS最新事情 今年こそ決着させたい!登山用GPSアプリ これを読めば決められる! YAMAPのリアルユーザーに聞きました。「ログを取る楽しみってなんですか?」 未知の道を行くのが楽しくなる。1/25,000地図を使った「俺MAP」の作り方 歩くときのヒントになるかも!山の目印図鑑 しっかり地図読み覚えたはずなのに、こんなことになるなんて!山中で道に迷ったらどうすればいい? 覚えておけば、きっと生きて帰れる!“緊急ビバーク”で危険を回避せよ! EMERGENCY BIVOUAC EQUIPMENT ビバークギアカタログ 読図力と山のスキルが試される2日間の山岳レース。OMM JAPAN 2020 地形図と山の形状を合致させよ!等高線クイズの答え合わせ にっしー&かあさんが11ブランドを「※個人の感想です」レビュー。アウトドアブランドのマスクを装着してみました! 今年はこんな山に行きたい!妄想・登山計画2021 緊急募集!あなたの夢の縦走ルート叶えます 小雀陣二の山グルメ 村石太郎の野外道具探訪記/ネルエピック MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから/知久ケン シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/岳沢小屋 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2021年1月号
    特集◎ギア・オブ・ザ・イヤー2020 本誌では今年もたくさんの山道具をご紹介してきました。 そんななか、この一年でもっとも評価が高かったギアとはなんでしょうか? 全国の山道具店、ガイドや山岳・アウトドアライターなど、 山業界のプロフェッショナルから多数のコメントを取り寄せて ベストバイなマウンテンギアを徹底リサーチしました! また、一般ユーザーへもアンケートを実施し、 トレンドになっている登山ギアも調査。 いま買っておくべきギアを網羅した、2020年を締めくくる特集です。 そのほか山にまつわる今年のニュースの振り返りや 注目の2021年春夏モデルをちょっと早めにお届けします。 ※デジタル版には、紙版の付録「山旅トートバッグ」は含まれません。 表紙 Trail Head 2021年のメモリアル登山はココ! Trail Head タフで動きやすい、最強のライフスタイルパンツが登場 Trail Head 「WHITE MOUNTAIN 2021」今年も発売! 目次 特集◎高評価の山道具だけを集めました!GEAR OF THE YEAR 2020 ギア・オブ・ザ・イヤー2020 徹底調査でGEAR OF THE YEAR 2020を選定! 今年の“顔”となる山道具はコレだ! PEAKS制作に関わる22人の回答から選定!アンケート上位ギアインプレッション それぞれの目線で2020年のギアラインナップを振り返る。今年印象に残ったマウンテンギアは? 日本全国のアウトドアショップに聞きました!2020年売れたモノ カテゴリー別ベスト5 隠れたベストバイを見逃すな!個性派ショップのヒットアイテム みんなのおすすめアイテム大集結!2020年ベスト・バイ・マウンテンアイテム 今年発売、アイデアが光るギア6選。「このギアを作った理由」 昨年に引き続き魅力的な小道具が大集合。モリカツさんが2020年に買ったもの20選 気になるあの娘や自分へのご褒美に!チカザワ・オブ・ザ・イヤー2020 ホーボージュンが選ぶ、今年イチ押しのベスト10!HOBO’S BEST GEAR 2020 今年、テント泊デビューを果たし山道具も急増中。注目の登山系YouTuberかほさんが2020年に買ったモノ ぐっときちゃった! 惚れちゃった PEAKS女子登山部員が2020年買って良かったお気に入りアイテム! リアルアンケートによる集計結果を大公開。PEAKS読者が今年購入した山道具をチェック! 来春発売のニューモデルを先取りしちゃいました。2021のいちおしはコレ! 登拝&宿坊体験で脂肪と煩悩にサヨウナラ。ユーコンカワイの解脱登山@身延山 2020年のできごとをプレイバック。山のトピックス2020 山と街をシームレスに楽しめる。アンドワンダーの今季注目のギア! Part2 小雀陣二の山グルメ 村石太郎の野外道具探訪記/ポールワーズ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから/井上卓郎 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/宝剣山荘 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年12月号
    特集◎スタイル別に楽しむ雪山登山 雪山シーズン直前! 特集では日帰り~山小屋泊の雪山山行を想定したギアの選び方やノウハウをご紹介します。 昨年取材した北アルプス・燕山荘の年越し山行記事と、そこで使用した装備紹介を皮切りに、今年の年末年始に営業する山小屋や、小屋泊&日帰りのルートガイドを掲載。 もちろん、雪山山行計画の注意点や装備選びといったノウハウも交えながら冬の登山に必要な情報もお届けします! また、雪崩に備えて知っておくべきことや憧れの雪山テント泊情報もご紹介。 これから雪山登山を始めたい人も、ステップアップしたい人も、ぜひご一読ください。 ※デジタル版には、紙版の付録「バンブークッキングボード」は含まれません。 表紙 Trail Head Go to トラベルキャンペーン 山小屋泊はどのように割引になる? Trail Head 茨城県北ロングトレイルをいっしょにつくる仲間募集中! Trail Head ヤマップが新たな登山界支援策 「YAMAP 山守り基金」を設立 目次 特集◎ 凛とした空気に広がる白銀の世界へ。 雪山登山の楽しみ方 燕山荘ですごす年末年始。北アルプスでハッピーニューイヤー! 夏山との違いをおさえておこう。冬季燕岳の小屋泊装備を山岳ガイドがチェック! 人気SHOPスタッフおすすめの雪山小屋泊ルートガイド7 年末年始を山ですごそう!年越しできる山の宿リスト 冬季山行に行く前に、雪山について知っておこう。“雪山登山ことはじめ” 雪山になれるために挑戦しやすいルートを紹介 雪山日帰りルート16 日帰り&小屋泊 雪山山行に欠かせない お気に入りアイテムをリサーチ!! 雪山向きモデルでワンランク上の快適さをゲット! BACKPACK CATALOG 雪山を歩くための2種類の登山靴。FOOTWEAR CATALOG 雪山登山のマストアイテム。 アイスアックス&クランポン 2020-2021 PICK UP MOUNTAIN GEAR For WINTER ブラックダイヤモンド ブルーアイス マムート ローバー 美しい雪山。しかし、そこには雪崩の危険性がつねにある。雪崩インシデントから身を守るには グラデーションの空を見上げ、雪化粧の白峰三山に心酔して。南アルプス 幕営天望紀行 厳しい環境だからこそ、たしかなアイテムで万全の準備を。雪山テント泊ギアカタログ 登りやすい山&通年営業の小屋が揃ったサイトをピックアップ。雪山テント場案内 Polartec Neo Shell × Teton Bros. 冬季モデルを北海道のフィールドで体感!アークテリクスの2020-2021ヘッドライン 山と街をシームレスに楽しめる。 アンドワンダーの今季注目のギア! 小雀陣二の山グルメ 村石太郎の野外道具探訪記/ムラコ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX PEAKS女子登山部 スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there... なぜなら、そこに山があるから/平野義燿 シェルパ斉藤の24時間滞在記/平乃小屋 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年11月号
    毎年恒例、秋冬のマウンテンウエアをカテゴリーごとに多数掲載! 風雪から身を守るハードシェル、保温を司るインシュレーション、 シビアに汗をコントロールするベースレイヤーなどなど、 春先の登山にまで使える新作ウエアが今年もずらりと揃いました! 各ブランドの一押しウエアはもちろん、気づくと後回しにしがちな小物類まで、 新作のクロージングギア全般を余すとこなくご紹介します。 ※デジタル版には、紙版の付録「山のミニマムパスケース【改】」は含まれません。 表紙 Trail Head 今季の登山と山小屋の状況、実際のところどうだったのか Trail Head ウインターシーズンはすぐそこ! 気になる今年の雪予想 Trail Head 変わり続けてこそ、TBジャケット&TBパンツ 目次 特集◎ MOUNTAIN CLOTHING COLLECTION 2020-2021 マウンテンクロージングコレクション ウインターシーズン直前、最新作を見逃すな! 今季注目のウエアをピックアップ 秋山ウエアも活用できるぞ! 冬山のレイヤリング&ウエア選びQ&A ハードシェルカタログ ソフトシェルカタログ Column(SHELL)ハードシェルジャケットの落とし穴。フードの形をチェックしよう! ゴアテックスプロは“Next Level”へ。 インシュレーションカタログ フリースジャケットカタログ Column(MIDDLE LAYER)ベストがあるとベスト FLベントリックスジャケット&L3 50/50ダウンフーディ Polartec Power Air × HOUDINI ベースレイヤーカタログ Column(BASE LAYER)みんなちがってみんないい、あなたとぼくの勝負下着 ニュージーランドの豊かな自然とプロダクトを育む環境が交差する アイスブレーカーが生まれる場所。 肌着一筋80年の老舗メーカーが世に放つこだわりのベースレイヤー。 高品質メリノを使用した“ウールレイヤー” トレッキングパンツカタログ ヘッドウエアカタログ グローブカタログ ソックスカタログ Column(GLOVES)種類が豊富なグローブは見た目ではなく用途でチョイス 女性ならではの機能とデザインが大集合! WOMEN’S WEAR CATALOG THE NORTH FACE presents FASTPACKING in Quiet Mountain 女子ふたり、静寂のトレイルを駆ける アウトドアウエアメーカーの環境への取り組みを知る。 未来のフィールドのために 2020-2021 WINTER PICK UP ITEMS COLLECTION アークテリクス マムート ミレー サロモン ブラックダイヤモンド Jeep Compass 四季を通じて魅力あふれる白馬を駆ける! 山のプロがJeepを愛車に選ぶ理由 SWISSFLEX×PEAKS Mountain Reading Glasses 小雀陣二の山グルメ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション 村石太郎の野外道具探訪記 マイルストーン 高橋庄太郎 山行記 さらに南へ!もっと奥へ! 世界遺産・大峯奥駈道を行く Because it is there... なぜなら、そこに山があるから 羽山菜穂子 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 種池山荘 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年10月号
    暦のうえではすでに秋。そんな季節の山登りにおすすめなのが、温泉登山です。 歩いてしか行くことのできない山中で浸かる温泉は、訪れたことのある人にしかわからない醍醐味があります。 9月発売のPEAKSでは、日本全国に点在するそんな野天の温泉を特集! 山中の温泉ならではのマナーや、日本全国の山温泉をご紹介します。 また、山中だけでなく、下山後に立ち寄りたい温泉もリコメンダーに紹介してもらいました。 特集のために集めた温泉向けギアカタログを参考に、この秋は温泉登山を楽しみましょう! ※デジタル版には、紙版の付録「ハセベ式マルチクッカーケース」は含まれません。 表紙 Trail Head 『クライマーズ』今秋日本上陸! Trail Head OMM JAPAN 2020 NOZAWA ONSEN Trail Head コンパスが新スマートフォンアプリ「EX」をリリース 目次 特集◎ 秘湯を目指す山の旅 八幡平の裾野にある野趣あふれる秘湯。山奥にひっそりと湧く隠された野湯「安比温泉」へ 世界有数の温泉大国ニッポン! 温泉と火山の関係性。なぜ山中に温泉が湧いているのか アクセスは徒歩のみ!編集部厳選 全国の山中名湯ガイド 山中の温泉もふもとの立ち寄り湯も 登山者が知るべき温泉マナー 山中と下山後、あると便利なアイテムがずらり 温泉お役立ちグッズ 天空のお花畑にときめき、山の秘湯に癒される。女4人、目指すは極楽の湯「赤湯温泉」へ! 下山後のおたのしみ おすすめ立ち寄り湯リスト 登山と温泉には欠かせません!これがワタシの“山の勝負手ぬぐい”です “呼吸する中綿”と呼ばれるアクティブインシュレーション素材。Polartec Alpha × MILLET 紅葉の影を追って東弄西走。雨飾山・高社山 気まぐれ紅葉サーチトリップ。 フォトグラファーが見どころを切り取る!いまこそ歩きたい秋山ルート 山アイテムを街でもスマートに着こなそう。山着ON&OFFスタイル 飯豊・門内小屋小屋番を務める高桑信一さんをお迎えに。師匠をたずねて嗚呼土砂降り…… 小雀陣二の山グルメ 村石太郎の野外道具探訪記 キャプテンスタッグ MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there.../なぜなら、そこに山があるから 和田幾久郎 シェルパ斉藤の24時間滞在記 yatsugatake J&N PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年9月号
    ひとりで登山をできるということは、いつでも自分の好きなときに山登りができるだけでなく、自立した登山者であるということ。登山の計画から道具の準備、現地での安全管理、そしていざというときに適切な行動を取る。簡単なようでいて難しいのがソロ登山。今年の夏はあの山に登りたい! そんな願いを叶えるのは、山の神様ではなくあなた自身。ひとりで計画し、ひとりで現場で判断する。そして安全に家まで帰ってくる。それができれば、もうあなたは一人前の登山者です。自分のレベルに合わせて、いつでもどこでも自由に登山ができるという、登山者のスキルを身に着けたと言えるでしょう。今号のPEAKSは、そんなソロ登山者になるためのノウハウを特集します! ※デジタル版には、紙版の付録「ハセベ式テント場サンダル」は含まれません。また、紙版掲載の記事「シンプルな構造を追求した軽量・簡易型 特別付録「ハセベ式テント場サンダル」」についても掲載していません。 表紙 Trail Head さまざまなかたちでできる山小屋支援 Trail Head 「ゴアテックス プロ」新世代バージョンが登場 Trail Head 環境問題へ一石を投じる、新たなジャパンブランド「スタティック」 目次 ヒトよりもクマの密が気になる東北の山塊。飯豊連峰天幕縦走 55時間 特集◎ ソロ登山者養成講座 グループ登山とはここが違う。ソロ登山、ここに注意! ソロだからこその楽しみと、その代償とは。ひとり登山って、どうですか? ソロ登山を楽しんでいる方々に聞きました。ソロ登山の魅力ってなんですか? ソロトレッカーのための登山計画書の作り方 快適か、軽量か、それが問題だ!ひとりギアの選び方 ソロだからこそ最低限の地図読みができるように!地図を読みながらの山歩きのすすめ シンプルさと満足感を追求したソロ登山でリアルに食べている食事と行動食+レシピ 経験と工夫をコンパクトに詰め込んだソロハイカーの調理道具セットを拝見! ソロ登山ならではのあるあるを解決。覚えておきたいエマージェンシー対策 ソロ山行でも慌てない備えを確認 持っておくべきエマージェンシーキットの中身 ヘリ1回50万円? から、川や海もアリ? まで 保険にまつわる素朴な疑問のあれこれを聞いてみた。山岳保険のここが知りたい!! バックパックのサイズも小さくなる!ソロテント泊軽量化の手引き となりのテントはなにする人ぞ…… ソロ好きハイカーたちのひとり時間のすごし方 ひとり立ちを目指して、八ヶ岳でプレソロテント泊。かほちゃん、見守られながらソロテント泊デビュー 女性登山ガイドが解説。女性ソロ山行で気を付けたいポイント 悪路に強いから、どんなシーンでも頼れるサロモンの新作シューズ ファストパッキングの最強パートナーが登場 村石太郎の野外道具探訪記フォックスファイヤー MOUNTAIN CULTURE CATALOG 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから 村越 真 ご好評につき再実施。PEAKS表紙公募企画 第2弾!! 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年8月号
    山々で登山者が自由を謳歌するシーズンがやってきた! 自由といえばテント泊。テント泊といえば欠かせないのが、テントと寝具と調理器具。そんなテント泊で重要な3カテゴリーを今号では重点的に考察します。それぞれの選び方の基本や、最新ギアに意外な使い方など。普遍的な重要カテゴリーの基本情報と、いまのトレンドをミックスしてわかりやすく解説。しっかりと読み込めば、思うがままにテント泊装備を組めるはず!極めつけは、テント泊山行をこよなく愛する高橋庄太郎さんが教える、テント泊のノウハウ集。装備選びだけでなく、実際の山行でも役立つ情報が満載です。また、今シーズの登山で知っておきたいテント場情報も網羅します。 ※デジタル版には、紙版の付録「チタンマネークリップ」は含まれません。 表紙 Trail Head 北アルプスの山小屋泊とテント泊で気をつけたいこと Trail Head 山小屋応援型の山岳保険制度プロジェクト Trail Head 地震の影響と、今後注意すべきことは? 目次 SWISSFLEX×PEAKS Mountain Reading Glasses 特集◎テント泊に必要なモノとコト 時間をかけて、長く深くテント泊を楽しむ縦走路。憧れの雲ノ平に泊まり、槍ヶ岳へ。 抜かりない装備と計画が、山行を成功に導くテント泊の準備 4つのステップで丸わかり! 後悔しない登山用テントの選び方 最高のひと幕を求めてたどり着いたテント愛好家が次に狙っている幕 迷ったらココへ行け! 人気セレクトSHOPに聞いたイチ押しテント 快眠へと導いてくれるテント泊の重要アイテム スリーピングギアの選び方 寝袋作りが得意なナンガに聞きました。よりよい寝袋を手に入れるために、ダウンのことを教えてください! 小物をうまく使って、もっと深い眠りへ。スリーピングアクセサリーカタログ テント泊LOVERのためのCOOKING TOOL GUIDE テント泊ではなにを食べるのが正解? 4者4様の味比べ対決 突撃! 隣のテント飯 思わぬアクシデントにも慌てずに対応。ギアのトラブルシューティング “いざ”というときに困らないために。トイレのマナーアップ講座 いつも変わらない“基本”から、新導入した“小アイデア”まで。オレ流テント泊術「2020年」版 ユーコンカワイの至高の珈琲をめぐる妄想 たくさんのご応募ありがとうございました! 800枚から厳選!! 8月号の表紙最終候補作品 村石太郎の野外道具探訪記 フェニックス 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there.../なぜなら、そこに山があるから 田中健介 最新ギアからプロが選んだものをレコメンド トータル10万円以内で買うならコレ! 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年7月号
    特集◎槍ヶ岳を眺めに、北アルプスへ 遠くからでもそれとわかるシルエット、いかにも険しそうな先鋭。夏の北アルプスを縦走していると、まず姿を探してしまう山、槍ヶ岳。今月号では、多くの登山者が特別な想いを抱く名峰を目で愛でる山行という視点でお届けします。 個性豊かなルートも豊富で、軽食やサービスに定評ある山小屋も多数点在するエリア。それらの山小屋やルート上から眺めることのできる、絶景の“槍見”スポットも徹底調査しました。ただ登るだけではない、槍ヶ岳の魅力を周辺エリア含めてご紹介します! ※デジタル版には、紙版の付録「オリジナルビッグフライパン」は含まれません。 表紙 Trail Head みんなで山小屋を応援しよう! Trail Head これからもずっとこの星で暮らすためのヒントが綴られた「window」 Trail Head サロモンがフィルター付きソフトフラスクをリリース Trail Head 抜けの良さと耐水性を大幅にアップデートさせたティートンブロスの春夏用シェル 目次 特集◎ “槍”を眺めに北アルプスへ シェフ同行! 新たな山の楽しみ方の提案。小屋泊×自炊で目指す満腹槍ヶ岳山行 初めての北ア挑戦に持っていったギアは正解?自炊小屋泊山行向き装備の答え合わせ プロのシェフが考える山の食事。山ごはんを美味しくする7つのコツ 私たちはどう登ったらいいのか?withコロナ登山の注意点 静かな槍ヶ岳と愛しき山の人々 一年の大半を山中ですごすフォトグラファーが教えます!とっておきの“槍見”スポット5選 雄大な景色を楽しみながら軽食に舌鼓。槍見が叶う山小屋 山に登らなくても、行った気になれる!?ふもとで愛でるヤリグッズ みんなの思い出“槍”写真大集合! 槍ヶ岳を眺める……余裕は一体どこへ?抜き足、差し足、大キレット 山岳ガイドに聞いた!岩稜帯の注意点Q&A 槍ヶ岳を眺めて歩く“槍見ポイント”を楽しむ山旅。“槍”を眺めるベストルート “槍”といえば、この曲だけど、どんな意味?『アルプス一万尺』を読み解く! 一枚の写真から。小槍を目指す、真夏の旅。 一番キレてる山はどれだ?全国ヤリ図鑑 たくさんのご応募ありがとうございました! 800枚から厳選!! 7月号の表紙最終候補作品 最新ギアからプロが選んだものをレコメンドトータル10万円以内で買うならコレ! アメリカ・デラウェア州ゴア社取材レポート ゴアテックス誕生の地を訪ねて 登山を映像に収めるための基礎講座 Yama Tube 村石太郎の野外道具探訪記 アクシーズクイン MOUNTAIN CULTURE CATALOG/今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there.../なぜなら、そこに山があるから 斎藤 徹 マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年6月号
    特集は日本アルプスベストルートを一挙大公開! いよいよグリーンシーズン到来! 夏の登山シーズンに多くの人が繰り出す“日本アルプス”に注目し、登山関係を生業とする業界人からおすすめのルートを紹介してもらいます。特徴のあるピークや名物をもつ山小屋が豊富な北アルプスに、日帰りでも3,000m級の山を楽しめる中央アルプス、静かな山歩きをどこまでも楽しめる南アルプスと、夏山の主役ともいえるエリアのルートを一同に集めました。しかも、レコメンダーごとのテーマに分かれているので、気分に合わせてルート選びが可能です。また、高橋庄太郎さんをはじめ、山登りの雰囲気を感じられる山行記事も掲載。ルートガイドだけでなく、夏の登山に役立つ情報も散りばめられています! ※デジタル版には、紙版の付録「マウンテン・オーガナイザー」は含まれません。 表紙 Trail Head アウトドア義援隊、支援援助金受付を開始 Trail Head ザ・ノース・フェイスからマルチに使えるシューズが登場 Trail Head パフォーマンスを引き上げる未来型バックパック 目次 登山界にも前代未聞の事態が到来している。“コロナ時代”の登山はどうなるのか 特集◎日本アルプスベストルート “日本アルプス”ってなんですか? 花と雲と緑の山旅 後立山連峰の名山・白馬から雪倉岳、朝日岳へ アルプスにはじめて行くなら鉄板ルート 山小屋の軽食を楽しむルート アルプスの山行中、なに食べてます?私のこだわり行動食はコレ! ユニークなこだわりを大公開!テント泊に欠かせないアイテムを教えてください! スリル&満足感を味わう岩稜ルート ディープな山歩きが体験できるツウ好みルート 稜線を駆けるファストパッキングルート 千畳敷発、目指すは遥か彼方の空木岳。中央アルプス主脈 夏追い縦走の旅 引きこもり系近未来登山 バーチャルアルプス 2056 日本アルプスのMy Favoriteテント場アンケート アルプス登山に備え、手持ちの装備をより軽く、機能的に 山装備改造計画 うつろう景色と天候の3日間。南アルプス 白峰三山縦走記 季節の花を愛でる花畑ルート ライチョウに出会える!? 4ルート 音楽を連想させる4ルート 文学と歩く山の道 たくさんのご応募ありがとうございました!800枚から厳選!! 表紙最終候補作品 最新ギアからプロが選んだものをレコメンド。トータル10万円以内で買うならコレ! 村石太郎の野外道具探訪記 エキスパート・オブ・ジャパン スタイルにマッチする ザ・ノース・フェイスのレインウエアの選び方 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there.../なぜなら、そこに山があるから 川名 匡 マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年5月号
    夏山シーズンはもとより、残雪期や冬季もこぞって登山者が集まる八ヶ岳は、多くの魅力で溢れています。テント泊で縦走を楽しめるいくつものピークや、のんびり山小屋ステイを楽しめる個性豊かな小屋の数々に、山中に湧き出る温泉をはじめ、初心者を連れて登りやすいロープウェイアクセスを含めた豊富なルート取りができるなど、その魅力はきりがないほど数えられます。ゴールデンウイーク直前の今号では、そんな八ヶ岳の魅力的なポイントを特集。山小屋やルートだけでなく、下山後の立ち寄りどころや八ヶ岳土産などもご紹介します。この夏、八ヶ岳を楽しみたい人はぜひご一読ください! ※デジタル版には、紙版の付録「タイベック・温泉バッグ」は含まれません。 表紙 Trail Head PEAKSアーカイブ「テント泊の山登り」が登場 Trail Head 主要山域の山小屋、GWの営業はどうなる? Trail Head マムートのケントライトHSフーデッドジャケットAF Trail Head ミレーの高透湿防水ウエア ティフォンシリーズを要チェック! Trail Head 使いやすく進化を遂げた、レッドレンザーの「MH5」 Trail Head コストと性能のバランスが抜群に高いレインウエア 目次 特集 頂上から麓までこのエリアの魅力を再発見!! みんなの八ヶ岳 山小屋の変遷をたどれば、歴史が見えてくる。 八ヶ岳今昔話 日本有数の美しさを誇る針葉樹林に包まれた 北八ヶ岳の「山小屋」 おすすめ立ち寄り湯スポット テント泊とは異なる視点がおもしろい。 山小屋泊にはコレを持っていきます! 山を下りたら、地元料理でエナジーチャージ! ふもとグルメガイド 編笠山から蓼科山まで3日間で一気に踏破 八ヶ岳全山縦走 ふたりはどんな装備を持って行った? 八ヶ岳全山縦走で使った道具 記事とリンクする情報も加わったスペシャル版! 八ヶ岳全域マップ 八ヶ岳の登山口までの主なアクセス 週末だけの山行でも大満足なモデルケースをご紹介! 1泊2日で楽しめる八ヶ岳ルート10選 山が険しいからこそ、その存在がありがたい。 南八ヶ岳の「山小屋」 いつもお世話になっている小屋のウラガワに密着! 山小屋お仕事体験記 in行者小屋 山好きなら、山を舞台にお仕事を! 八ヶ岳の山小屋お仕事求人情報 家族に、友人に。山の空気をみんなにおすそわけ。 山小屋みやげコレクション テント泊でも楽しみたい! 八ヶ岳のテント場 村石太郎の野外道具探訪記/スワンズ シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記/ヒュッテみさやま マウンテン・ジェントルマン 登山家 槇有恒の生涯 第2特集 春の雪山登山を楽しむために心得ておきたいことは? “残雪期”雪山登山の注意点 みんなのテント泊を拝見! “残雪登山、こんな風に楽しんでます” 残雪登山が楽しめる人気エリアを紹介。 残雪期に登ってみたい5エリア 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there... なぜなら、そこに山があるから/なすび PEAKS SCRAMBLE 小雀陣二の山グルメ そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年4月号
    今シーズン注目の山道具を完全網羅!「登山ギアバイヤーズガイド2020」 毎年恒例、新作のマウンテンギアを大ボリュームでご紹介するカタログ号。バックパック、トレッキングブーツ、ウエア、テント、スリーピングギア、クッキングツールまで、今期おすすめのアイテムが勢揃い。目利きのセレクトによる注目ギアのインプレッションや、巻末にはブランドの情報とおすすめのアイテムを一覧にした「ブランド大辞典」を収録。 表紙 Trail Head 来場者の熱量が高い、アウトドア展示会 Trail Head ザ・ノース・フェイス マーチがリニューアルオープン Trail Head 「ドイター」が掲げる活動に注目 目次 特集 最新のマウンテンギアと、山道具の選び方を紹介! 山道具コレクション2020 今年の気になるアイテムをひと足お先に体感! 2020ニューモデルインプレッション BACKPACK【 バックパック 】 大型パック 中型パック 小型パック 山行スタイルに合わせてチョイスできるデュカンスパインシリーズ 大型サイズも加わって、さまざまな山行に対応! マックパックのウェカシリーズ グレゴリーの「パラゴン」&「メイブン」で、その一歩先へ BACKPACK ACCESSORY【 バックパックアクセサリー 】 SACOCHE【 サコッシュ 】 Column.1 登山歴16年目で知ったレインカバーの必要性 SHOES【 シューズ 】 TREKKING POLE【 トレッキングポール 】 快適な履き心地と高い耐久性が光る アクルックスTRゴアテックスシューズが登場 365日履き続けたくなるブラックダイヤモンドのマルチパーパスシューズ 汎用性と信頼性を備えたケイランドのトレッキングブーツ 素足感覚で履くゼロシューズ「プリオ」 アウトソール、アッパーともに進化を遂げたメレル・カメレオン 8 もっと山が快適になるふたつの「XA」 Column.2 “足裏感覚”が、シューズ選びの基準 TENT【 テント 】 SLEEPING MAT【 スリーピングマット 】 SLEEPING BAG【 スリーピングバッグ 】 アライテントのドマドームライト3&メッシュ2 Column.3 寝袋は掛け布団スタイルで快適睡眠 WEAR【 ウエア 】 レインウエア インシュレーション ウインドシェル トレッキングパンツ ベースレイヤー ソックス フューチャーライトのレインウエアラインナップ ティフォンシリーズのニューラインナップ この春、ショッフェルを着て身近な山のぼりへ出かけてみよう アウトドライエクストリームという選択 ミズノ製ゴアテックス パックライトレインウエア徹底解剖 マーモットのファーストホワイトコレクション 耐久性が増したトレントシェル3L・ジャケット アイスブレーカーのスプリングリッジLS ハーフジップ&セージLSラグビー ウエアの高機能化を支える縁の下の力持ち 知っておきたい注目素材 COOKING TOOL【 クッキングツール 】 バーナー クッカー MSRのウィンドバーナーで驚きの耐風性能を体験したぞ WATER CARRY&CUP【 ウォーターキャリー&カップ 】 CUTLERY【 カトラリー 】 OTHER ITEM【 アザーアイテム 】 ヘッドランプ ランタン ヘルメット サングラス 時計 スタッフバッグ エクストラアイテム ひとりのトータル金額10万円以内! 編集部員のこの春のお買い物計画 山の相棒に「OM-D E-M5 MarkIII」 世界が注目するローカスギアの生みの親、吉田丈太郎から湧き起こるアイデアの根源 村石太郎の野外道具探訪記 オレノ 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション 第2特集 PEAKS PICK UP BRAND COLLECTION 2020 ビッグアグネス ブラックダイヤモンド キャラバン ダーンタフ エスビット ファイントラック グランジャーズ グラナイトギア グレゴリー ヒルバーグ ホグロフス ハイドラパック カリマー レキ ムラコ ニーモ ミステリーランチ オルファワークス オルトボックス アウトドアリサーチ パーゴワークス シリオ シナノ サンデーアフタヌーンズ ザンバラン シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 仙丈小屋 小雀陣二の山グルメ Because it is there... なぜなら、そこに山があるから 酒井敬子 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年3月号
    老舗の店舗から最新セレクトショップまで、 日本全国の山道具専門店を大研究。 いつもお世話になっている山道具。みなさんはどこで購入していますか? 居心地のいいなじみのお店や、知識豊富なスタッフが在籍するお店、遠出してでも行きたい個性的なお店に、話のおもしろい名物スタッフがいるお店など、専門店とひと言でいっても、その特徴はお店の数だけあります。そんななかから相性のいいお店と出合うことは、山での遊び方が広がる絶好のチャンスと言ってもいいでしょう。レベルアップのための知識を吸収し、もしかしたら登山仲間と出会えるかもしれない、アウトドアのプロショップは、登山者の味方なのです。今月はそんな全国の山道具専門店をご紹介。山々で思いっきり楽しむためにも、まずはアナタにとって最高な山道具店を探してみましょう! 表紙 Trail Head 山に出かけない日は“山”の作品観賞を! Trail Head ザ・ノース・フェイスと山梨県北杜市の連携によってなにが起こるのか? Trail Head コロンビアのウエアと100人のレイニーライフ 目次 特集 日本全国アウトドアショップ名鑑 東京・ボーズマン店主 横山武司さんインタビュー 結局、道具が好きなんですよ 関東 エリア編 北海道 エリア編 秀岳荘・小野浩二社長に聞く北海道ならではのショップ経営とは ハイカーズデポ・土屋智哉さんが考える、ショップの個性とは。想いを乗せるお店作り 東北 エリア編 中部 エリア編 近畿 エリア編 History of the Outdoor Stores アウトドアショップの歴史といま 石井スポーツ登山本店におじゃましました!1日店員体験レポート アウトドアブランド直営店 東京・原宿集中地帯ガイドマップ ショップが集結。山好きなら行くしかない。アウトドアショッピングモールへGO! 中国・四国 エリア編 アシーズブリッジが目指す店舗とアウトドアショップの未来 さかいやスポーツの仕入れ業務を密着取材!! 九州 エリア編 冬をフルコースで味わう北海道・トマム旅 今季のニューモデルを一挙公開!2020-2021 K2 NEW MODEL REVIEW 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション 村石太郎の野外道具探訪記 サーモス Because it is there...なぜなら、そこに山があるから 宮坂 学 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 太郎平小屋 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年2月号
    日本全国の島旅トレッキングを特集。第2特集は冬季におすすめの日帰り登山をご紹介。 雪山もいいけれど、寒さから逃れ、暖かいエリアの山を目指すのもひとつの手。南国へ、バカンス気分で島旅ハイキングへ出かけてみるのはいかがでしょうか。本州の山々とは違った固有の植生を楽しみながらのハイキングは、きっと新鮮な山旅になること間違いなし。そのほか、冬に限らず春から秋にかけて山旅が楽しめる、全国の島の山も併せてご紹介していきます。第2特集では冬季におすすめの日帰り登山をご紹介。この冬の山行計画にご活用ください! ※デジタル版には、紙版の付録「山のミニマムウォレット【改】」は含まれません。 表紙 Trail Head ふるさと納税で八ヶ岳登山道整備への寄付が可能に Trail Head 鹿児島県・岸良海岸でボルダリングイベントが開催 Trail Head 最先端ラボが、ウエアの進化を加速させる 目次 特集 そこでしか見られない景色を求めて島登山へ! 島で楽しむ山の旅。 “登山目線”でPEAKSがピックアップ。山歩きが楽しい日本の島マップ 亜熱帯ジャングルを一気に突破せよ!灼熱のルート、西表島横断道 危険生物や熱中症、ビバークに備える。西表島のジャングルを歩くための道具と情報 「横断道」だけじゃない!挑戦しやすい八重山の山歩き いつかは行ってみたい 登山が楽しい島9選 身近なのに異世界が広がる伊豆諸島へ。東京アイランドトレッキング 海、山、森。多彩な顔をもつ神秘の島、屋久島へ。 いつもの山登りとは違った心構えを。島登山の注意ポイント 台湾第二峰“雪山”へと続く稜線を往く。クルリと踊る台湾縦走放浪記 日本からすぐ近くの海外登山へでかけてみよう!台湾の山々へ登るためのヒント 村石太郎の野外道具探訪記 ベルモント MOUNTAIN CULTURE CATALOG 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション Because it is there... なぜなら、そこに山があるから 鈴木昇己 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 白雲荘 第2特集 日帰り雪山登山のススメ WONDERFUL 1DAY SNOW TRIP!! 安達太良山でてんこ盛り登山! 日帰り雪山登山を楽しむ秘訣は? 日帰りで行ける雪山登山24選 エリア別、個人的冬山登山のお気に入りギアを紹介! マウンテン・ジェントルマン 登山家 槇有恒の生涯 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2020年1月号
    2019年のマウンテンギアのなかから人気の山道具を総決算! みなさんは今年どんな山道具を買いましたか? 2019年最後の号となる1月号では、SNSなどを活用して山好きが今年買ったアイテムを徹底リサーチ! また、ギア好きショップスタッフが語る売れ行き好調だったマウンテンギアや、アウトドアライターが自腹購入した道具も一挙公開します。さらに「PEAKS的ギアオブザイヤー」もカテゴリー別で発表! 果たして、今年の栄えあるマウンテンギアは? 気になる山道具が大集結する『PEAKS』1月号で、2019年のギアを総括しましょう! ※デジタル版には、紙版の付録「オリジナル・山ストール」は含まれません。 表紙 Trail Head 『WHITE MOUNTAIN 2020』 今年も発売! Trail Head ウエアカスタマイズができる新店舗 ザ・ノース・フェイス ラボが東京・渋谷にオープン Trail Head いよいよ2020年、『標高年』の山を探せ! 目次 特集 今年のマウンテンギアを大総括! GEAR OF THE YEAR ギア・オブ・ザ・イヤー 2019 関東エリアの人気プロショップスタッフが本音で語る 今年人気だったマウンテンギアとは? 全国の山道具店・100店に聞きました! 2019年でもっとも売れた山道具は? ~カテゴリー別ベスト5~ 小雨降る寒~い山を歩いて泊まって徹底テスト。 “今年売れたもの”リアルインプレッション 新感覚 恋愛サバイバル登山 バチェラー・ユーコン with 山着ガールズ 気になるあの人のおすすめアイテム大集合! 2019年個人的レコメンド・マウンテンアイテム 今年もたくさん買って試しました! 小道具図鑑2019 美味しいご飯はいい道具から生まれる 今年「イイ!」と思ったクッキングギアと来年の山メシ提案 2019年に試した、買った、心酔した! ホーボージュンのTHE 3 BEST ギアレビューサイト代表のふたりが独断と偏見でアイテムを選出! 勝手にGEAR OF THE YEAR 2019 山好きが購入した山道具を大調査 PEAKS読者が今年購入した山道具はコレ! PEAKS編集部 アベ 雑食系山女子2019年の散財記録 ギアを選出し続けて26年! 『バックパッカーマガジン』の2019年ベストギア 今年紹介したマウンテンギアのなかから“これは!”というものをピックアップ! PEAKSギア・オブ・ザ・イヤー 2019 来年発売のニューモデルをひと足先に大公開。 2020の注目はコレ! 今年の山の話題をプレイバック 山のトピックス 2019 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 薬師岳山荘 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 村石太郎の野外道具探訪記 エイチ・シー・エス Because it is there…/なぜなら、そこに山があるから 高橋典孝 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2019年12月号
    白銀の稜線を目指して雪山へ!必要な知識や装備、おすすめルートをこの1冊に。 雪山には、夏とはまた違ったすばらしい景色が広がっています。透きとおった空気が見せる彼方へ続く風景や、陽の光によって表情を変える白い雪。この季節にしか体験できない白銀の世界は、登山の醍醐味のひとつといえるでしょう。『PEAKS』12月号では、ウインターシーズンの山を安全に楽しむための知識や装備、レベルごとの雪山ルートガイドなどをお届けします。雪山にまつわる知識をしっかりと身につけて、雪山登山の魅力をたっぷり味わってください! ※デジタル版には、紙版の付録「オールシーズンコジー」は含まれません。 表紙 Trail Head そろそろ気になる今シーズンの雪予想をずばり! Trail Head 登山道の復旧はどのように行なわれているのか Trail Head マムートから3拍子揃ったダウンジャケットが登場 Trail Head メレル「サーモ ローグ 2 ボア ミッド ゴアテックス」 Trail Head 冬山ハイクのおともに「サンタフェパークフーディー」 目次 特集 冬でも山に登るためのギアの選び方と注意点。雪山登山の始め方 シーズン直前! 緊急雪山座談会 ボクたち、ワタシたちは雪山に夢中です! 山岳ガイドの私物を拝見。実践・雪山装備一覧 冬期登山に最適なモデルの特徴をおさらいしよう。バックパックカタログ 日本の地理環境に似た島国が生んだ質実剛健なプロダクト。マックパックのアルパインパック3モデル 安全登山はしっかりとした足元から。ブーツ&シューズカタログ 無雪期登山とは環境も対応もまったく違うと心得よ!雪山登山の注意点と対策 雪山登山の2大ギアを学ぶ。アイスアックス&クランポン アイスアックスカタログ クランポンカタログ ホントのところどうなの? 擬似体験でギモンを検証!雪山シミュレーション実験 アウトドアショップスタッフがおすすめする雪山登山にあるといいモノ&オーバーナイトギアカタログ 登り納めと山始めのゆるふわスノートレッキング。蓼科山頂ヒュッテでゆく年くる年滞在記 年末年始を山ですごそう!年越しできる山の宿リスト レベルに見合ったルートを日帰りから山小屋泊で紹介!冬山が楽しめるルートガイド12選 環境問題に応えるポーラテックの新ラインナップ。パワーフィルとパワーエア マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 「最適」のための探求を続け、行き着いた現在地。ティートンブロスのシェル哲学 Because it is there... なぜなら、そこに山があるから 平野 咲 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 狩猟採集食道楽 あべちゃん 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 おだまきかあさんのMYOG道 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 メーカーインフォメーション シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 原の小屋 PERTEX PRESENTS 山と道・夏目 彰さん&ハイカーズデポ・土屋智哉さんと考える理想のレインウエアとは 村石太郎の野外道具探訪記 イーピーアイ・ガス クリスマスに贈るならコレ!山好きな人へのおすすめプレゼントを教えてください! 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2019年11月号
    今年も注目のアイテムが目白押し。 気になるウエアをチェックして、ウインターシーズンに備えよう。 秋の終わりが近づけば、出かける山々が雪を纏いはじめる時期ももうすぐそこ。気持ちもアイテムも少しずつ雪山仕様に準備を進めているみなさんへ、毎年恒例のウインターウエアカタログ号をお届けします! 新技術の発展が目覚ましいアウターシェルやインシュレーション、とくに気になるベースレイヤー、備えておきたいバラクラバやビーニーなど、雪山登山に必須なアイテムをチェックして、今シーズンも気分を盛り上げていきましょう。 表紙 Trail Head 唐松沢雪渓、国内7カ所目の氷河として確認 Trail Head 冒険家たちによるトークセッションが開催 Trail Head 二ホンライチョウを取り巻く現在の環境を知る 目次 特集 厳冬期に対応するための高機能ウエア。マウンテンクロージングファイル Mountain Clothing File 2019-2020 全国専門店がピックアップ。今シーズンの注目アイテムはこれだ! ハードシェルカタログ ソフトシェルカタログ CLOTHING TIPS_1 じつは縁の下の力持ち?ハードシェルパンツに注目しよう! インシュレーションカタログ フリースジャケットカタログ CLOTHING TIPS_2 ダウンなのか化繊なのか?魅力的な製品は時代で変わる 通気をコントロールする防水透湿素材。“フューチャーライト”誕生 ベースレイヤーカタログ 話題のワード「サスティナブル」から紐解く天然繊維の力。アイスブレーカーが地球を救う? CLOTHING TIPS_3 それぞれが快適と感じるレイヤリングを!夏も冬も、メリノウールの2枚重ね トレッキングパンツカタログ カリマーが目覚めさせるアルピニズムの精神。アルティメイトプロジェクト始動 「蒸れ」「抜け」を突き詰めたポーラテックの素材群。行動できる保温着と通気する防水透湿素材の力 グローブカタログ ヘッドウエアカタログ ソックスカタログ 女性モデルまとめてご紹介します!2019年秋冬最新ウエア ウィメンズ厳選カタログ 2019 AUTUMN&WINTER PICK UP ITEMS アークテリクス コロンビア ホグロフス マムート マーモット ミレー ミズノ ショッフェル 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 阿部 静の狩猟採集食道楽 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典  元祖 道なき道のケルン 総本家 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 ROAD TO MATTERHORN メーカーインフォメーション Jeep(R)Wranglerで南アルプスの登山基地へ。新しく変わり続ける山小屋 こもれび山荘の日常 村石太郎の野外道具探訪記 ジー・サカイ シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 スゴ乗越小屋 Because it is there... なぜなら、そこに山があるから 林 恭子 小雀陣二の山グルメ マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2019年10月号
    秋こそ歩きたい、日本全国のロングトレイルの魅力。 アルプスのエリアでは、そろそろぐっと冷え込み始める時期ですね。そんな季節は、高峰以外にも目を向けて、山々を繋いで旅するのもいいのでは? 展望のよいピークハントもいいけれど、山の楽しみ方のひとつとして、秋の装いを感じながら長い距離をじっくり歩く山旅も魅力的ですよ! というわけで『PEAKS』10月号はロングトレイルを特集。これまでと違った見方で登山道を繋ぐ、旅の魅力とノウハウや、あこがれの海外ロングトレイル情報まで、内容たっぷりでお届けします。 ※デジタル版には、紙版の付録「トレイルフード・コンテナー」は含まれません。 表紙 Trail Head 「IFSCクライミング世界選手権 2019 八王子」開催 Trail Head 発表から4年を経て、ついに「ムーン・パーカ」が発売へ Trail Head マムートのトリオンスパインはもう背負った? 目次① 目次② 特集  より“旅”を強く感じられる水平思考の山登り。ニッポンのロングトレイル ロングトレイル文化を発信し続ける専門店に聞いてみました。ロングトレイルってそもそもなに? 風と霧のなかに包まれたロングトレイル。「ぐんま県境稜線トレイル」へ 国内のトレイル運営団体が多数加盟する、日本ロングトレイル協会に聞いてみた。日本のロングトレイルの“いま” 続々と増える日本各地のトレイルをご紹介! ニッポンのロングトレイルリスト 熊野古道と四国遍路を歩いて。日本古来のロングトレイル“巡礼の道” ハイカーズデポ・土屋智哉さんがセレクトする。ロングトレイル・ギアカタログ 週末ロングトレイルのススメ。1泊2日でセクションハイク! おすすめルート9選 ロングトレイルの魅力を醸し出す日本南方のハイキングコース群。九州オルレとはなにか? アレもコレも気になる食材全部試しました。なんでもドライフード大実験! 登山に欠かせないエマージェンシーギア。浄水器、なに使ってますか? 栃木、福島、群馬の県境を行く。日光白根山 to 至仏山 ニッコーオゼ・ロングトレイル65km 加藤則芳さんとすごした日々。北米・ロングトレイルを歩くということ いつか一度は行ってみたい! 海外ロングトレイルリスト ロングトレイルを歩かなければ気付かなかった魅力とは? 私がロングトレイルにハマった理由 脳内シミュレーションでトレイル欲を刺激せよ! ロングトレイルに行きたくなる本&DVD シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 大雪高原山荘 フリースにとどまらない飽くなき素材への探求心。ポーラテックがアウトドアファブリクスの雄に至るまで 村石太郎の野外道具探訪記 オクトス 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 阿部 静の狩猟採集食道楽 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典  元祖 道なき道のケルン 総本家 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 ROAD TO MATTERHORN メーカーインフォメーション Because it is there...なぜなら、そこに山があるから 中島健郎 GO TO SEE THE AUTUMN LEAVES いまだけの紅葉の山へ 紅葉ハントへGO! 秋山ではココに注意 最新山コーディネート 小雀陣二の山グルメ 〈特別編〉 マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2019年9月号
    土日・祝日の休みをフル活用して楽しめる、全国の1泊2日山行ルートを50本厳選紹介! 夏山シーズン真っ只中。北アルプスなどの高山へ向かうのは、お盆休みなどの大型連休だけ、そんな人も多いのでは?週末もテント泊、もしくは山小屋泊まりで山登りに行きたい! そんなトレッキング好きの希望に応える今特集では、1泊2日で登山を楽しむためのルート集をお届けします。北アルプス、中央・南アルプスから、八ヶ岳、東日本、西日本、九州、北海道まで、日本全国から厳選した50ルートをご紹介。そのほか、1泊2日で登山を楽しむためのノウハウも散りばめてます!ぜひプランニングにお役立てください。 ※デジタル版には、紙版の付録「オリジナル・ミニスキットル」は含まれません。 表紙 Trail Head 夏をフルコースで味わえる「ふくしま尾瀬檜枝岐マウンテンフェス 2019」 Trail Head いままでになかった登山者目線のWebサイトが登場 Trail Head マムートの新定番シューズに新色が登場 目次① 目次② 特集 週末の山を堪能! \ 1泊2日 / ルートガイド50 A Weekend In The Mountains 北アルプスですごしたはじめての夏 1泊2日でも見どころ満載! ここまで行ける! 2日で楽しめる北アルプス13選 1泊でも泊まりたい! みんなのお気に入り日本アルプステント場 10選 北アルプスとは違った楽しみがある。天を衝く中央&南アルプス6選 〇〇を目指して向かいたい山小屋 アルプス編 公共交通機関を利用して1泊2日で百名山を目指せ! 東京発登山基地アクセスガイド キャラクターの異なる関東以北の本州ルートが集結! 超厳選・東日本ルート10選 10年前といま、どれだけ違う? テント泊装備見直し計画 週末、家族みんなで麓へ、ひとりで山へ。キャンプ&ソロハイクのすすめ コンパクトながら変化に富んだ山歩きが楽しめる。森と岩稜の八ヶ岳6選 〇〇を目指して向かいたい山小屋 八ヶ岳編 30人に聞きました! 1泊ならどっちを選ぶ? テント泊or山小屋泊 六甲山や大峯奥駈道など歩き旅の魅力が凝縮。挑戦したい西日本ルート6選 1泊で必要なガスの量はどれくらい? 山 de バーナーテスト 2日間で満喫する離島の山歩き。五島列島・福江島鬼岳&七ツ岳 ダイナミックな風景広がる絶景ルート。旅情ある北海道と九州の山6選 祝日・有給を繋げていつもより長く歩きたい! 3連休満喫ちょいロングルート6選 うっかりの忘れ物や登山当日あわてないためにできること 1週間から&登山前日、なにやってますか? 国内最大級の品揃えで北海道のアウトドアシーンを牽引。アークテリクスサッポロファクトリー店オープン! ブランド設立当時を知るレジェンダリーデザイナーが語るアークテリクスのデザイン哲学とは 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 YATSUNAMI SPECIAL 阿部 静の狩猟採集食道楽 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典  元祖 道なき道のケルン 総本家 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 ROAD TO MATTERHORN メーカーインフォメーション シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 二の池ヒュッテ 登山を変えるアプリとウェブにご注目 登山届は「コンパス」から 村石太郎の野外道具探訪記 ミズノ Because it is there...なぜなら、そこに山があるから 遠藤由加 マウンテン・ジェントルマン/登山家 槇有恒の生涯 小雀陣二の山グルメ PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS(ピークス) 2019年8月号
    北アルプスをひとりで歩きたい!ソロトレッカーのためのノウハウと心得を解説。 ついに夏山シーズンも本番間近。「そうだ、ひとりで山へ行こう!」そんな考えを思い立ったら、やっぱり目指すは北アルプス! 普段できない2泊、3泊、4泊などの縦走登山。ひとりだからこその楽しみを満喫しちゃいましょう。『PEAKS』8月号では、ひとりで歩きたい、魅力あふれる北アルプスの縦走路や、押えておきたいリスクの対処法や必要装備など、ソロトレッカーのためのノウハウと心得を解説していきます。 ※デジタル版には、紙版の付録「タイベック・ビッグサコッシュ」は含まれません。 表紙 Trail Head 『フィールアース 2019 with Jeep(R)Festival』『ふくしま尾瀬檜枝岐マウンテンフェス 2019』 Trail Head 新技術を用いた「構造たんぱく質素材」Tシャツが発売 Trail Head 小川山・ガマスラブの復旧作業が始動 Trail Head 御嶽山、山頂までの登山道が一部通行可能に 目次① 目次② 特集 すべてを背負って夏山を旅するソロトレッキングの魅力とはなにか。ひとりで楽しむ北アルプス ひとりだからこそ、いつもより入念に! ソロトレッカーのための10の心得 4泊5日薬師岳~立山の縦走を40Lで。自由気ままに歩く灼熱のダイヤモンドルート 実際の山行をイメージしてシミュレーションしてみよう。現代登山の遭難対策と心得 魅力的な写真を撮るには? ワタル先生に聞く! 北アルプス撮影のポイント 岩稜と雪渓、渓谷を抜けてダムを行く! 立山連峰「王道」から「穴場」への旅 タイプ別 北アルプス・ソロテントの選び方 ソロトレッカーの2泊3日北アルプス装備スタイル 山行スタイルと哲学が道具選びに現れるファーストエイド&エマージェンシーキット拝見 山での味方であり、敵でもある太陽と上手く付きあうコツ 紫外線対策のススメ 編集部アベが山岳ガイド・矢口さんと行く 後立山ソロ登山修行 白馬岳の山名をめぐる論争が、いま静かに巻き起こっている。「シロウマ」か「ハクバ」か、それが問題だ 気ままに戯れれば、旅はもっと色濃くなる。ユーコンカワイのぶらりサボリ旅 GOOD DAY FOR CLIMBING IN OGAWAYAMA!! “日本のヨセミテ”小川山でレッツエンジョイ! 注目のアイテムが勢揃い。PICK UP ITEM FOR CLIMBING Jeep(R)Cherokeeで静かな森歩きの山へ。新緑の櫛形山で感じた自然の息遣い マウンテン・ジェントルマン 登山家 槇有恒の生涯 小雀陣二の山グルメ 村石太郎の野外道具探訪記 今月のPICK UP ユーコンカワイの山岳妖怪図鑑 やつなみアーカイブス わが心の山旅の帰り道 阿部 静の狩猟採集食道楽 妄想デート山行計画/新明解 山用語辞典 元祖 道なき道のケルン 総本家 長谷部的エマージェンシー塾 井上大助の超個性的山道具店DX Collaboration Items PEAKS × アスレチカ スタイリスト近澤のアウトドアファッション通信 チカラックアウト~ 山と僕たちを巡る話 ROAD TO MATTERHORN メーカーインフォメーション シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 長蔵小屋 Because it is there...なぜなら、そこに山があるから 柏 澄子 この夏こそ目指したい憧れの台地 雲ノ平   雲ノ平山荘物語 最後の秘境「雲ノ平」を目指して PEAKS SCRAMBLE そろそろ本気で撮るぜ山写真 彼女が“山着”に着替えたら……
  • PEAKS 2019年7月号 No.116
    713円(税込)
    みんなのあこがれ穂高連峰を徹底紹介! 北アルプスのなかでもとりわけ人気の高い穂高エリア。涸沢を拠点に北穂高岳を目指す憧れルートや、一般登山道最難関といわれているジャンダルム越えに大キレットなど、いつかは挑戦してみたい穂高連峰をゆく岩稜帯が連なります。この夏、『PEAKS』7月号では穂高連峰に登るためのトレイル情報や岩稜帯歩行を徹底解説。そして、穂高の歴史や最新の山小屋・テント場事情にも迫ります。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「マウンテン ミニウォレット」は含まれません。
  • PEAKS 2019年6月号 No.115
    713円(税込)
    住・眠・食、テント泊登山のための上級キャンピングスキルを徹底解説。 すべての荷物を背負って山を歩くテント泊での登山は山旅の醍醐味のひとつ。より自由に山を楽しむための手段ですが、苦労やアクシデントなどのリスクをはらんでいるのも事実であり、安全な山行のためには知識とノウハウが重要です。『PEAKS』6月号では、アナタのテント泊のスペックアップをお手伝い!テント泊を楽しむための知識とノウハウをご紹介していきます。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2019年5月号 No.114
    713円(税込)
    山歩きには欠かせない“登山靴”と“足”に密着&徹底解剖! 自分の体を支え、つねに山と接触している唯一の部分が登山靴。だからこそ、快適に、楽しく山を歩ける理想の1足を見つけることは最重要項目です。しかし、自分の山歩きにはどんなタイプが向いていて、自分の足にはどのモデルが合うのか?店頭に並ぶさまざまな種類のシューズのなかからどうやって見つけ出せばいいのか? 『PEAKS』5月号では、“登山靴”と“足”に迫ります!アナタの足に合う、理想の1足と出会うために。登山靴にまつわる知識と快適に山を歩くためのノウハウをご紹介。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「2wayストレージバッグ」は含まれません。
  • PEAKS 2019年4月号 No.113
    713円(税込)
    今季おすすめのアイテム、最新の山道具が勢揃い!マウンテンギアカタログ2019 毎年恒例のマウンテンギアの大特集号。今シーズンも充実ボリュームでお届けします! ウエア、バックパック、テント、トレッキングシューズなど、今季の山を楽しむための最新アイテムが勢揃い。さらに気になるアイテムのインプレッションやショップスタッフ推薦アイテムもご紹介。欲しい山道具が見つかること間違いなしの一冊、どうぞお楽しみください! 巻末には各メーカーの情報と一押しアイテムを掲載したブランド大辞典を収録。通常号の2倍のページ数でお届けします。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2019年3月号 No.112
    713円(税込)
    著名な登山家や山業界で話題の人物、山に行くときにいつも使っているウェブサービスなど。 よく見聞きし身近にあるからこそ、実際どんな人物なのか、サービスの舞台裏はどうなっているのか、気になるところですよね。 『PEAKS』3月号では、そんな山業界の気になる事柄に迫ります! ずばり、話題の人物や、気になるサービスの舞台裏に携わる方々に、山に対する考えや、作り手の思惑などについてインタビューしてきました。 今後の山業界の動向はいかに!? ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「パラコード マルチストラップ」は含まれません。
  • PEAKS 2019年2月号 No.111
    713円(税込)
    いつもお世話になっている山道具。 お気に入りのアイテムは長く愛用していきたいし、長く使うことで愛着も湧いてきます。 しかし使用頻度が高いものほど破けたり壊れたり、劣化してしまうのは道具の宿命。 それでも長く愛用するために自分でできることは、常日ごろのメンテナンスや壊れたときの早期補修です。 自分の大切な山道具を長く愛用していけるように、 『PEAKS』2月号では自分でできる山道具のメンテナンス術をご紹介します! 外に出るのが億劫な冬は、愛用の山道具を愛でながらメンテナンスをして、 来るべき山行予定に備えて万全な準備を整えましょう! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「3Way フリースチューブ」は含まれません。
  • PEAKS 2019年1月号 No.110
    713円(税込)
    2018年も残すところあと僅か。 今年もさまざまな山道具が登場し、話題のアイテムもたくさん登場しました。 実際のところ、あの話題のアイテム、使ってみてどうだった? じつはコレがかなりよかった! など、みんなが気になっていた新作アイテムの本当のところをご紹介。 そのほか、2018年の出来事や、来年登場のニューアイテムもひと足先にお見せします。 2018年の山道具を総括して、レコメンドマウンテンギアを一挙紹介。 『PEAKS』おなじみのライター陣が2018年に登場した話題の山道具を振り返る、忘年会登山(?)を決行。 話題となったアイテムの実力、新素材や革新的なテクノロジーなど、 キャンプをしつつじっくりと語り合います。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「2Way フィンガーレスミトン」は含まれません。
  • PEAKS 2018年12月号 No.109
    713円(税込)
    日帰り、あるいは山小屋泊で、今年こそ雪山デビューを実現しよう! テントを担いで山並みをゆく夏山縦走も、秋山の紅葉を眺めながら 山々をめぐるのも楽しいけれど、そろそろ行ってみたいと思いませんか? 白銀に覆われた、緊張感と絶景の待つ雪山へ! 雪山に挑戦するにはハードル高い扉がそびえていると思う人も多いかもしれないけれど、 その扉の向こうにはグリーンシーズンの山とは一線を画する別世界が広がっています。 そしてその扉を開くファーストステップはまず、 日帰りで雪山に入り、次に山小屋で夜を明かすこと。 そこにはどんな知識が必要か、またどんなギアを持つべきか、 そのうえでどこを最初の雪山に選ぶべきか……。 『PEAKS』12月号では、そんな雪山登山の入門ノウハウをたっぷりとお届けします! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「スクエア・オーガナイザー」は含まれません。
  • PEAKS 2018年11月号 No.108
    713円(税込)
    「ウインターアイテムカタログ2018-2019」特集を読んで次に着る一着を見つけよう! お気に入りのブランドが送り出す、ウワサの新製品について。 あるいは、自分にぴったりな一着と出合うために、見逃してはいけないポイントについて。 これさえ読めば、秋冬にほしいウエアが丸わかり、着るべき一着も見つけられるはず。 『PEAKS』11月号は「ウインターアイテムカタログ2018-2019」特集号! 小誌おなじみのアウトドアライターが、この秋冬の新作ウエアを細やかに解説します。 定番のハードシェルから、見落としがちなバラクラバまで抜かりなく掲載。 プロショップスタッフによる座談会では、目から鱗の金言が次々に飛び出しました。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「マウンテンULポーチ」は含まれません。
  • PEAKS 2018年10月号 No.107
    713円(税込)
    テントを背負ってのソロ山行は、『PEAKS』が伝え続けてきた大切なテーマです。 もっと遠くの稜線へと、もっと深みへと山を楽しむために。 計画を練り、装備を揃え、本番にどうするかというノウハウを10月号ではお届けします! 私のソロ登山、なにがまちがってる? テント選びの基準は? ひとりでどこに行けばいい? この1冊を手に取って、キミもワンランク上の山旅へと出発しましょう! 実際のフィールドで、山の先輩のレッスンを受けながらのソロトレッキング体験。 何社もの、いくつものテントに泊まって夜を明かしたフィールドインプレッション。 すばらしい展望なのにあまり知られていない、静かに歩けるおすすめルート。 軽量化のTIPSにクッキングツールのイロハ、気になるあの人の山道具……。 『PEAKS』10月号は、山旅の知識と実践を盛りだくさんに「ソロトレッキング」を大特集! ソロ未経験者にとっては憧れを実現するための手助けになり、 経験者も自身のスタイルを見直すきっかけになること間違いなし。 心地いい気温、美しい紅葉の秋山シーズンに向けて、この1冊は欠かせません! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「山のミニマムパスケース」は含まれません。
  • PEAKS 2018年9月号 No.106
    713円(税込)
    山のエマージェンシーの気になるアレやコレを大実験! なんとなーくは知っているけれど、正直にいうと詳しいところはわからない。 きっとあるよね、そんな山のギモン。 でも、いざというときに安否をわけるのは、そんな知識の差なのかもしれない。 捻挫、骨折、低体温、熱中症、夜間行動、アプリ、GPS、煮沸、火起こし……。 ずっと気になっていたアレやコレ、『PEAKS』が代わりに実験しちゃいました! 夏山の盛り、『PEAKS』9月号はみんな気になる山のギモンを大実験! 片足だけで下山をするのがどんなに大変か、山での捻挫を疑似体験。 化繊とウール、2種類のシャツの体温変化をサーモカメラで観察!? 日没後に歩くことの大変さを知るために、月明かりのみで歩いた大倉尾根。 谷から上、稜線から下、救助を呼ぶホイッスルの音はどこまで届くのか。 好きな色だけではコーディネート厳禁!? カラー別、レインウエアの視認性テスト。 浄水器、コーヒーフィルター、自家製フィルターそれぞれの濾過の違い。 体を張って凍える夜を明かした、ビバーク・ザ・ノンフィクション。 数々の実験の果てに行き着いたギモンの答えをエマージェンシーに役立ててください! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。 ※デジタル版には、紙版の付録「オリジナルミニフライパン」は含まれません。
  • PEAKS 2018年8月号 No.105
    713円(税込)
    梅雨も明けた登山シーズン真っ只中。 とはいえ休みは週末だけ、という人も多いのではないでしょうか? 2日間しかない休日を徹底活用するため、編集部員3人が、三者三様の山行に挑戦。 それぞれの山行に合わせた、ミニコラムとともにその模様をお伝えします。 そのほかアウトドア業界で活躍するプロたちの装備解説や、 山道具店のスタッフによる山行プランの紹介など、1泊2日をテーマにお届けします。 登山は夏休みだけ、なんてもったいない! この本を開いて、週末マウンテントリップへでかけましょう。 温泉をめぐる女子3人の那須岳トリップ、移動も楽しむ白山電車登山、 南アルプスの奥深くを駆けめぐるファストパッキング山行と、 3つの紀行記事を中心に、1泊2日で登山を楽しむヒントをご紹介。 そのほか、近年人気高まる沢登りの紀行記事や、 2本の紀行記事を中心にお届けする、黒部にフォーカスした第2特集など、 旅情をくすぐる読み物企画をふんだんに盛り込んだ、夏らしい一冊としてお届けします。 また、夏山シーズンになると買い替えたくなる、 トレッキングシューズについても詳しく解説。 ※デジタル版には、紙版の付録「タイベック・ストレージバッグ」は含まれません。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年7月号 No.104
    713円(税込)
    待ちわびましたね。登山の盛り、夏山シーズン! 人気の北アルプスのなかでも、だれもが憧れ、賑わいが絶えないのが、 槍ヶ岳で交わるふたつの縦走路、表銀座と裏銀座です。 その人気の秘けつに迫ろうと、取材班が大縦走へと旅立ちました。 夏の太陽を浴びて、山小屋の人から元気をもらい、どんどん近づく槍ヶ岳へ。 なぜ北アルプスは、縦走は、こうも山好きを惹きつけるのか? この一冊をめくれば、その答えがきっと見えてくるはずです。 4人の仲間を率いて、リーダーとして燕岳から槍の穂先へ――。 山岳救助隊員が案内する、烏帽子岳から野口五郎岳、三俣蓮華岳――。 表銀座と裏銀座。『PEAKS』7月号では、 北アルプスの二大ゴールデンルートを特集します! 各コースの詳細なポイントはもちろん、山小屋やテント場リスト、リーダー論まで。 この夏に歩くために、参考となること間違いなしの企画が揃います。 また、シーズン本番に突入する前に、揃えておきたいのがテントサイトギア。 テント、マット、寝袋……どうすればテント泊をワンランクアップできるのか、 全天候型フリーライター・ホーボージュンさんに聞いてみましょう。 さらには連載「野外道具探訪記」でもおなじみのライター・村石太郎さんによる 夏の北海道旅、大雪山系大縦走の紀行を収録。 ※デジタル版には、紙版の付録「ネオプレン・ショルダーケース」は含まれません。 ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年6月号 No.103
    713円(税込)
    クルマで山へと出かけたものの、こんな経験はありませんか? 行きと帰りで同じ道を歩かなければいけないことに退屈したり、クルマを停めた登山口と下山口に距離があるため面倒に感じたり。今月号では、そんな悩みが無用の周回ルートをご紹介します。 登山口にクルマを停めて、気持ちのいいルートをグルッと回り、はじめての道を歩き続けていたら、気づけばそこは駐車場でサクッと帰宅。限られた時間で効率よく満喫できる、それが周回ルートの魅力といえます。北アルプスや八ヶ岳をはじめとするエリア別のルートガイドをはじめ、合計50のルートを収録。読めばこの夏出かけたい旅先が見つかること間違いなし! 登山シーズンの幕開けにふさわしい、山旅の魅力が盛りだくさんの一冊です! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年5月号 No.102
    713円(税込)
    もっと遠くへ、もっと高みへ。ワンランク上の登山者として山を歩きたい! でも、心当たりがありませんか? とりあえず山に行って、なんとなく続ける、そんな自己流登山。 どんな山へ行くか、どのようにして装備を使いこなすか……。 あれ、ワタシのやり方、じつは失敗例だったの!? 読めばステップアップすること間違いなしの特集をぜひお楽しみください。 登山を深めるうちについぶつかってしまうのが、自己流登山の壁。 テント泊のバックパックの容量や構造って、結局どんなものが適正なの? ウエアに通気するメンブレンが登場したって本当? どうしてローカットのシューズはダメといわれてきたの? 軽量テント、こんなに軽くて薄くて大丈夫? その最新ガジェット、本当に使いこなせてる? こんな疑問にお答えすべく、『PEAKS』5月号は「最新版トレッキング実践学」をお届けします。 登山の先パイたちの言葉をアドバイスに、今年こそ自己流登山から卒業しましょう! また、第2特集では、残雪期のテント泊登山についてもご紹介。 高橋庄太郎さんの燕岳紀行に、人気エリア涸沢でのスナップ撮影も敢行しています。 保存版ともいうべきノウハウ特集に、いますぐ参考にしたい第2特集。 最後までページをめくる手が止まらない一冊に仕上がりました! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年4月号 No.101
    713円(税込)
    峰々が雪解けに向かい、登山シーズンの足音が近づいてきた今日このごろ。 今年もこの季節がやってまいりました。 圧倒的ボリュームでお届けする『PEAKS』恒例のカタログ号です! バックパック、トレッキングシューズ、テント、レインウエア、バーナー、ヘルメット……。 山に持っていきたい道具が見つかること間違いなしの一冊をお楽しみください。 2018年の山旅、計画はもう決めましたか? どこへ行くにしても欠かせないのが、僕ら登山者を助けてくれる山道具。 なにを選べばいいのか、どんなものが発売されているのか。 そんな気になる新作アイテムをぎゅっと凝縮したカタログ号をお届けします。 バックパック、シューズ、テントといった定番の山道具はもちろんのこと、 サコッシュ、ランタン、スタッフバッグのような細かいところも抜かりなくカバー。 さらに今年は、現在のトレンドを反映するようにULアイテムもピックアップ! アウトドア関係者が「欲しい!」と唸ったアイテムを試すインプレッション企画から、 有名アウトドアブランドが一挙に集う巻末ブランド大辞典まで。 山好きなら、一家に一冊、今シーズンの『PEAKS』カタログ号をぜひ! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年3月号 No.100
    713円(税込)
    おかげさまで創刊100号!『PEAKS』3月号はアニバーサリーイシュー! すばらしいニッポンの山岳風景100カ所のコレクションに、 目利きの心を打ったエポックメイキングな100の山道具。 この100年間の登山史の解説、100万円あれば山でできること、 おなじみの野外道具探訪記も創業100年以上を超えるブランドに……。 そう、創刊から100号を迎える『PEAKS』3月号は、1号限りの特別号に変貌します! アウトドア関係者が総登場するお祭り騒ぎの誌面、ぜひお楽しみください! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年2月号 No.99
    713円(税込)
    2018年最初の『PEAKS』の特集は、今年こそ身につけておきたい山の危機管理! Aなら「Advice」、Bなら「Bite」、Cなら「Compass」……。 山の危機管理のために知っておきたいことをA to Z式に並べてお届けします。 知っているようで知らない安全登山の基礎知識から、 山のプロから教わる目からウロコの実践的な応用知識まで。 Zまで読み進めれば、レベルアップに前進していること間違いなし。 第2特集は「山小屋で働こう!」。 今年の夏山シーズンこそ、山をアウトドアではなく仕事の場にしてみませんか? 編集部員や体験者のエピソード、最新の求人リストなどを紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2018年1月号 No.98
    713円(税込)
    大好きな山に行ける日なんて、せいぜい週末の土日だけ。 だけど、両日ともに行ってしまうと、普段の休みがとれやしない。 そんな悩めるデイハイカーのキミへ、『PEAKS』初の「日帰り登山」特集をお届けします! グルメなルートから、健脚向け、写真好き、アクセス良好などポイント別にご紹介。 ドーンと載せた50プランに触れれば、山がもっと身近になること間違いなし! 立ち寄りどころが満載な、山欲はもちろん食欲までも満たすプラン。 短時間だからって侮れない、ヘトヘトになるかもしれない体力勝負の長距離プラン。 会心の1枚が狙えて、下山後はSNSにUPしたくなるようなフォトジェニックプラン。 さらにはクルマで簡単に行ける周回プランや、温泉なんてご褒美が待つプランまで。 『PEAKS』初の「日帰り登山」特集は、そんな欲張りベスト山行を50プラン紹介します! テント泊山行が大好きだけど、仕事に追われて山から遠ざかりつつあるキミへ。 あるいは、夢の大縦走に憧れつつ、デスクトラベルにはもう飽きたというキミへ。 この週末に、いやいや明日にでも。 安くて、近くて、そして深い。そんな山旅へと『PEAKS』1月号がお連れします! それも日帰りで! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年12月号 No.97
    713円(税込)
    春夏秋冬、1年を通じて多くの登山者が集う、日本屈指の人気エリア・八ヶ岳。 その人気の秘けつは、森から稜線、ハイキングルートからバリエーションルートへと、 登山者ひとりひとりにあった山の楽しみ方が見つけられることにあります。 夏山はもちろん、それは一見すると敷居の高い、雪山登山でもいえること。 八ヶ岳からはじめられる、雪山登山の楽しみ方が盛りだくさんの特集をお届けします。 おなじみの山岳/アウトドアライター・高橋庄太郎氏は北八ヶ岳の森へ。 定番入門ルートの天狗岳、八ヶ岳最高峰の赤岳へと編集部員も歩きました。 樹林帯、稜線、高峰とレベル別になった3つのルポをそれぞれお楽しみください。 冬ならではの歩き方、テント泊の方法、ガイド登山、山小屋リスト、ギアカタログも収録。 雪山へのステップアップ、その第一歩が、本特集のページをめくることからはじまります。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年11月号 No.96
    713円(税込)
    夏山シーズンの終わりは、秋冬の登山シーズンの幕開けでもあります。 そんな10月に発売されるPEAKSは、秋の風物詩ともいえる雪山道具のカタログ号! アウターシェル、インシュレーション、フリース、トレッキングパンツ……。 さらに今年は、バックパックやブーツなど、ウィンターギアも多数掲載! 冬山シーズンへの備えは、この一冊によって担います。 衣替え、そして続々発売される新商品に頭を悩ませがちな10月に。 PEAKS編集部から、毎年恒例のウエアカタログ号をお届けします! ハードシェルやソフトシェルといったアウターシェルにはじまり、 インシュレーション、トレッキングパンツ、フリース、アクセサリー……。 さらに今年は、バックパックやブーツ、アックス、クランポンなどギアも掲載し、 ウィンターシーズンにいっそう心強いこと間違いなし! また、注目のアウトドア関係者によるインプレッションに座談会、 ウエアリング、ウエアテクノロジーに関する考察といった読み物企画も充実。 特集外にも谷川岳の山旅を収録し、秋の夜長にぴったりな、 トータル192ページ、コンテンツが盛りだくさんの特大号になっています。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年10月号 No.95
    713円(税込)
    うれしいことに、山岳大国ニッポンのフィールドは、アルプスをはじめとするメジャーなエリアの外にも広がっています。遠く東北を見果てれば、どこまでも続くなだらかな稜線に隠されるは、極楽の秘湯に郷土色豊かなグルメ、脈々と受け継がれてきた歴史。紅葉に染まる最旬シーズンを目前に、魅力満載の東北の山旅をご紹介します。 東北と聞いて、我先にと名前を挙げたくなる代表エリアは次の3つ。山形県と新潟県の県境に位置する朝日連峰、2県に福島県を加えた立地の飯豊連峰、そして奥羽山脈の北部で岩手県と秋田県にまたがる八幡平。今特集では、紅葉の最前線を追って、これらの地への紀行文を3本立てで収録しています。男性が歩けば女性も歩き、ソロがあればグループもあり。真っ赤に燃える東北の美しい風景を、臨場感にあふれる文章とともにお楽しみください。 また、紀行文に限らずあらゆる角度から東北、広げては秋の山の魅力を徹底解説。独特の山岳信仰や小屋事情、名酒におつまみレシピ、ルート紹介はもちろん、寒さ対策や注意点といった心強いノウハウまで網羅。遠かった東北がぐっと近くなる、この秋の山旅計画に必読の一冊です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年9月号 No.94
    713円(税込)
    山登りを楽しもうと考えていても、長期の休みで行けることは稀。 そんな働く登山愛好家へお届けする今特集では、 1泊2日を基本とした山の楽しみ方をご紹介します。 朝の新宿駅から出発する八ヶ岳。 前夜に麓の宿に泊まって歩く下ノ廊下。 深夜にクルマで向かうサーキットルートの3本の紀行記事には、 下山後も旅を満喫できるイラストマップを掲載します。 また、関西方面ではクルマで目指す四国のロックガーデンをご提案。 そのほか、主要公共交通機関のリストや、 直前でも調達できるコンビニのおすすめ山食料、 車中泊のテクニックなど、幅広く活用できる旅のスキルを紹介します。 特集以外にも、この秋に挑戦したいバリエーションルートと、 百名山を縦走する尾瀬の紀行記事も掲載。 楽しそうで美しい山の記事を詰め込んだ、 読むだけで山へ行きたくなる一冊となっています。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年8月号 No.93
    713円(税込)
    日本の3,000m峰は森林限界を超えたエリア。 突然の悪天候から身を隠す森もなく、高山病のリスクも高まります。 しかし、登山者であれば憧れる世界がそこには広がっています。 視界を遮るものが存在しない空間。 普段の街では目にすることのない空の色。 そんな山歩きの旅を提案する今回の特集では、 奥穂高岳や北岳といった3,000m峰のなかでも 指折りの名山を歩いた紀行記事をはじめ、 安全に高所の稜線へ登るためのノウハウやギアの紹介、 そしてなぜそれらの山々が形成されたのかといった、 3,000m峰の謎と魅力を解説します。 もちろん、日本最高峰の富士山も普段とは違うルートでご紹介。 梅雨明けすぐに山へ行きたくなる内容となっています。 また、第2特集では登山での写真を撮る楽しみ方とポイントを掲載。 すぐに取り入れられるテクニックや、 あると役立つ道具の紹介まで網羅します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年7月号 No.92
    713円(税込)
    国内でもっとも人気を集める山域・北アルプス。 今年の夏は、いつもよりも長く北アルプスを歩いてみませんか?  個性的な峰々が集まるこのエリアは、気持ちのよい稜線歩き、日常とかけ離れた景色広がるテント場、魅力ある山小屋など、登山者の心を掴んで離さない山の楽しみが詰まっています。 山行記4本を中心に、そんな北アルプスの情報をぎっしり詰めこんでご紹介します。 近年ではアジアをはじめ国外からも登山者が訪れる北アルプス。 そんなエリアを網羅した今特集では、すべての登山者が憧れる新穂高温泉から親不知に抜けるゴールデンルートを一度に歩ききった四角大輔氏の山行記をはじめ、編集部員3人がそれぞれに登って感じたルポ4本を中心にご紹介します。 一般登山道で最難易度の大キレット攻略方法や山小屋ガイド、高橋庄太郎氏セレクトのおすすめテント場に高山植物図鑑と、さまざまな角度から北アルプスの魅力を大公開。 著名ライターやプロショップスタッフによるギアインプレッションや、編集部セレクトの北アルプステント泊縦走ギア紹介も掲載し、いつも以上にボリュームをもたせた特集記事に仕上がっています。 また、この時期に歩きたい北海道の山々をめぐった高橋庄太郎氏の山行記もあり、読み応えある一冊です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年6月号 No.91
    713円(税込)
    いつかはひとりで山に登ってみたい。 そう思っている方は多いことでしょう。 激登りの急登や突然の大雨、 テント場でのハプニングや話し相手のいない夜。 それらを超えた先で目にする景色や、 下山してから思いなぞる山行の行程は、 ひとりだからこそ、深く自分のなかに残ります。 そして、ひとりで歩ける実力を備えることが、 一人前の登山者の証でもあります。 今回の特集は、そんなソロトレッキングの魅力が ふんだんに詰まった恒例の人気企画です。 ひとりで山に登るために必要なノウハウやソロ用ギア紹介、 先輩登山者がどのように行動しているかなど、 単独縦走に出掛けたくなる魅力が満載です。 第2特集は小川山と瑞牆山をフィーチャーし、 クライミングとそのフィールド、歴史をご紹介。 今シーズン一押しのバックパック、レインウエア、 シューズといった三種の神器徹底解剖など、 怒涛のコンテンツがラインナップされています。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年5月号 No.90
    713円(税込)
    山登りを数年続けてきたけど、 どうしたらもっと登山力を向上できるのか? そんな悩みがある登山者へお届けする、 山のノウハウを詰め込んだレベルアップ特集です。 ただ山を登っているだけでは知ることのできない、 最新のテクニックや知識を一挙大公開。 これ読んで実践できれば、 もう立派な山登りの実力者です。 今回の特集はビギナーを卒業するためのスキルアップ企画。 バテない体づくりの基本、 登り下りで使う筋肉の解説や鍛え方などの フィジカルトレーニングをはじめ、 ベテランたちのウエアリング術やパッキングテクニックなど、 実践的なノウハウが満載。 地図読みと行動計画、山小屋の正しい利用方法など、 目からウロコの内容が盛りだくさん。 第2特集では、知っている人はすでに楽しんでいる 関西エリアをフィーチャーし、 高橋庄太郎氏による山行記をはじめ、 偉人紹介や関西方面の業界人による座談会など、 ディープな西の山をご紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年4月号 No.89
    713円(税込)
    今季の新作を中心に注目ギアを 大ボリュームでご紹介するギアカタログ特集号です。 巻頭は各カテゴリーから厳選した一押しのモデルを ライターの高橋庄太郎さんがインプレッション。 バックパックにテント、シューズやウエアにクッキングツール、 さらにスリーピングバッグにマットや小物類など、 すべてのカテゴリーのマウンテンギアを網羅しています。 また、とくに今季おすすめのアイテムは見開きでご紹介。 各ブランドが今シーズに力を入れているアイテムが ひと目でわかること請け合いです。 巻末はアウトドアブランドを一同に集めたブランドコレクション。 各ブランドのアイデンティティと、 得意とするアイテムがわかりやすく説明されており、 前半のカタログページと合わせて、 今シーズン本棚に据えておくべき一冊に仕上がっています。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年3月号 No.88
    713円(税込)
    道具をシンプルに、軽くすることで、 山をより深く、自由に楽しむことができる 「UL(ウルトラライト)」。 近年、日本でもウルトラライトの考えはすっかり定着しましたが、 今号では、“いま”のULにフォーカス。 ウルトラライトを日本に定着させた ハイカーズデポ店主の土屋智哉さんによるUL論、 4つのインディペンデントブランドオーナーによる UL座談会ルポ、最新のUL系ギア紹介、 ハイカーズデポ・長谷川さんが答えるULへの疑問集など、 ULの現在形、さらには道具選び、 使い方のヒントなどをたっぷりお伝えします。 その他、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんによる、 二重のカルデラをもつ東京の秘境・青ヶ島トレッキング紀行も必見です! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年2月号 No.87
    713円(税込)
    山の世界で活躍するプロたちが厳選するルートを一挙に紹介。 山岳ガイドをはじめ、アウトドアライターにカメラマンなど、その数なんと100+1ルート。 各リコメンダーが紹介するルートは、彼らの個性が色濃く反映されたテーマに沿ってピックアップされています。 また、高橋庄太郎さんによる樹氷に囲まれた蔵王山行記に、この時期でも気軽にテント泊が楽しめる芦ノ湖周遊縦走の模様と、冬でも楽しめるルートも登場。 今年の山行計画を立てるためにぴったりな、ベスト・オブ・ルートガイド2017といえる内容です。 新年を迎え、すでにグリーンシーズンの山行へ思いを馳せている山好きたちへお届けします。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2017年1月号 No.86
    713円(税込)
    今号の特集は「山の最新トレンド100」。 2016年の重大ニュースと、2017年の注目トピックを大予想! 7大陸の最高峰登頂を果たした南谷真鈴さんと エベレスト登頂請負人こと近藤謙司さんとの対談をはじめ、 山岳業界のさまざまなニュースと、 注目ギア、人物、山のできごとなどをまとめてご紹介。 エポックメイキング的なアイテム、 アウトドアショップで売れた山道具&ウエア、 耳寄りな山小屋ニュースなど、 いまチェックすべき山のトピックをお届けします。 また、今号からは山岳/アウトドアライターの 高橋庄太郎さんが気になる山関係の人物を誘って 山で語らう新連載も今号よりスタート。 ウルトラライトスタイルを提唱し続けている 土屋智哉さんとの対談です。お楽しみに! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年12月号 No.85
    713円(税込)
    高山では冠雪も報告され、いよいよ山は冬のシーズンを迎えます。 そんな雪をまとった冬の山へ登るための、ノウハウを満載にした今回の特集。 夏山との違いや雪山のリスクを環境や装備の点から説明し、 クランポンやアイスアックスを使用した歩き方に緊急時の対策方法、 状況別のウエアリングや雪崩と天気の注意点などをしっかりと解説。 雪山山行に必要な道具もカタログ形式でふんだんに紹介します。 また、高橋庄太郎さんによる雪山の山行記や、 山小屋での年越し体験といった、雪山の雰囲気が伝わる企画も掲載。 雪山登山に躊躇していた人も、今年こそは挑戦したくなる内容の一冊です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年11月号 No.84
    713円(税込)
    今号は毎年恒例のウエア特大号です。 ハードシェル、ソフトシェル、インシュレーション、 パンツ、ベースレイヤー、キャップなど、 アイテムごとの新作&定番モデルを大披露。 さらにアウトドアブランドのスポークスマンが大集合し、 最近のトレンドや注目テクノロジーなどを クロストークで繰り広げる八ヶ岳メーカーズミーティング、 山ウエアの目利きが選んだ自腹で欲しいアイテム紹介、 ブランドごとの注目アイテム紹介など、 これからのウエア選びに役立つ内容が盛りだくさん。 欲しいモノだらけで目移りすること必至です! さらに、山岳/アウトドアライターの高橋庄太郎さんが ベースキャンプを張って歩く、 秋の霧島連山の様子もたっぷりご紹介します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年10月号 No.83
    713円(税込)
    夏山シーズンも終盤に差し掛かり、 北部の標高の高い山では 紅葉を迎えはじめるこの時期は、 山での“食”も重要なキーワード! 食べたいものを食べたいだけ、 しかも効率よく自炊するために、 テント泊での山ごはんのコツを 基礎から応用編まで詳しく解説。 また、秋の北アルプスを舞台に 温泉をめぐる3泊4日の縦走記や、 一度は食べたい山小屋ごはんを訪ねる旅など、 紅葉と食の両方を楽しむ企画が 盛りだくさんの内容です。 ほかにも、高橋庄太郎による白山の山行記、 140年前に活躍した風景画家・吉田 博の紹介、 女性向け登山ウエアの最新流行ポイントなど、 幅広い登山者へ向けた一冊になっています。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年9月号 No.82
    713円(税込)
    今号のテーマは、これまで自分ひとりや仲間との山歩きを楽しんできた方々にぜひチェックしてほしい、ガイド登山の始め方。 心理的にも金銭的にもハードルが高いと思われているガイド登山ですが、うまく利用することでレベルアップに繋がり、さらに山の世界がグッと広がります!  本特集ではガイド登山の基礎知識、ガイドと行くルポ「北アルプス・西穂高岳~奥穂高岳の稜線歩き」と「中央アルプス・小黒川本谷の沢登り」、ガイドの頼み方、現在活躍中のガイド名鑑などをお届け。 さらには山岳/アウトドアライター・高橋庄太郎さんの「中央アルプス・木曽駒ヶ岳~空木岳縦走ルポ」、北海道の沢を舞台にした男だらけの夏休み旅など、盛りだくさんの内容です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年8月号 No.81
    713円(税込)
    いよいよ夏山シーズンが到来し、アルプス登山を待ちわびていた人も多いはず。 登山者に人気の山である槍ヶ岳と穂高連峰。 天を衝くような槍ヶ岳と急峻な尾根の続く槍穂を登ることはもちろん、 周辺の山を登っているときも、みえる槍穂が気分を盛り上げてくれるもの。 今回の特集は槍穂とその周辺の山々を中心に紹介する。 播隆上人やウエストンなど、歴史上の人物に縁ある道や、 北穂高岳東陵バリエーションルートのルポ3本をはじめ、 ライターやカメラマンなどがおすすめするルート、 登山口周辺の立ち寄り温泉や絶品グルメ、上高地や槍ヶ岳の成り立ちなど、 このエリア一帯の情報を網羅する。 夏山シーズンを楽しむため、手元に置いておきたい一冊だ。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年7月号 No.80
    713円(税込)
    梅雨が明ければいよいよ登山のハイシーズン。 あの山、この山と心を躍らせるみなさんにお届けしたいのは 今月の第1特集「誰かを誘って、山に行こう!」。 山ビギナーの女子を誘って向かった奥秩父・甲武信ヶ岳ルポ、 アルパインクライマーとしてはもちろん 山岳ガイドとしても活躍する佐藤裕介氏が考える、 “だれかと山の時間を共有する意義”とは? さらに山の達人に聞いた「だれかと歩くための全国おすすめ13ルート」、 「ふるまい山ごはん最強レシピ」など、 だれかを山に誘いたくなるコンテンツが満載。 一方、第2特集は「屋久島」。命名50年、 樹齢7200年ともいわれる縄文杉が人々を魅了し続ける理由とは!? さらに各種連載も強力ラインナップでお届けします。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年6月号 No.79
    713円(税込)
    GWも終わり、夏の気配が感じられるこのごろ。 いよいよ夏山登山のシーズンが幕を開けようとしている。 そんな登山シーズンを楽しむ「ソロ山行」を第1特集に、 ひとりで山を歩きたくなること間違いなしの山行記を3本掲載。 もちろん、山メシやテントを選ぶ際の参考になる記事もアリ。 本や小説、100年前の単独行者から、 単独行とはなにかを読み解く企画も載っているので、 ソロ山行の魅力が余すとこなく詰まっている。 第2特集は「ファストパッキング」。 近年よく聞くようになったそのスタイルの始まりからアイテム選びの基準、 本質までを網羅。ジャンルが確立される前から、 そのスタイルを楽しんでいた著名人たちのインタビューも必読だ。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年5月号 No.78
    713円(税込)
    「登山のときに一番不安なことは?」 この問いに対する答えで最も多いのは、 道具選びでも、ルート選びでもなく、「遭難」です。 正直なところ、遭難から生還した経験のある人でないと、 実際にどのようにして無事でいられたのか、 そしてどうして遭難してしまったのかの本質について知ることは難しいもの。 今号のPEAKSでは、「山の危機管理」と題し、 そんな遭難についての悩みに答えます。 遭難しないようにするにはどうしたらいいのか、 遭難してしまったらどうすればいいのかを、カテゴリー分けして解説。 かゆいところに手が届く、安全な登山をするためのTIPSが盛りだくさん! さらに第二特集は「クライミングで広がる山の世界」。 ちょっとハードルが高いように思えてしまうクライミングも、 実は登山で使えるフィジカル・テクニカルスキルの宝庫。 クライミングスキルを磨けば、登山に役立つことだらけなんです。 以上2本の特集と、好評連載で送るPEAKS2016年5月号! ※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年4月号 No.77
    713円(税込)
    今月号は毎年恒例のギア特集。 テントやバックパック、ブーツにヘッドランプなどの山行に必要なアイテムを、厳選して一挙大公開。 いつもの号の2倍以上のページ数に、700点以上のアイテムを掲載しています。 各アイテムカタログの頭には、アウトドアのプロたちによる今年注目のアイテムについて語った座談会の模様や、各ブランドより教えてもらった、満を持して発表するアイテムの紹介など、ほぼすべてのカテゴリーのマウンテンギアを取り上げています。 また、巻末には気になるブランドの歴史や理念がわかる、アウトドアギアコレクションを掲載。 大勢の登山者が3,000m峰を目指すハイシーズンに向けて、今年購入を検討しているアイテム選びをお手伝する一冊です。 ※電子版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年3月号 No.76
    713円(税込)
    山を歩くすべての人にとって、読図は欠かすことのできない知識です。 安全に余裕を持って目的地まで到達することはもちろん、 想定外の事態に見舞われたとき、現在地を把握できることが、 道迷い遭難を防ぐ決定的な境界線になります。 そこで今回の特集では、山での地図の読み方を総力特集。 「地図読みの基本」というタイトル通り、 エントリーユーザーに分かりやすく、中級者にもためになる、 実践的な企画が満載です。 本格的な山登りシーズンを迎える前に、 近場の低山で読図の練習に励んで、 今年こそ“立ち位置分かる人”を目指しましょう! また、山岳ライターの高橋庄太郎さんによる山旅企画では 「中央アルプス・恵那山」を紹介しています。 ※電子版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年2月号 No.75
    713円(税込)
    山で食べるメシが美味いと、登山の充実感も増します。 目的地までの長く険しい道のりを歩いて登った苦労も、 テント場で食べるおいしい山メシによって、報われる。 そこで今回は、『山の旅メシ』と題し、 読者のみなさんの山での食事を彩るレシピやノウハウを大特集。 注目は、アウトドアコーディネーター・小雀陣二の山メシテクニックや、 クッキングツールから選ぶおすすめレシピ、 そしてお酒の種類別、山のおつまみレシピなど。 読めば次の山行からすぐに使えるテクニックを多数収録。 特集の他にも、冬山もシーズン本番に突入の巻頭ルポ、 「高橋庄太郎の雪の北アルプス」(上高地〜蝶ヶ岳)や、 第二特集の「スキーハイキングの世界へ」など、 雪山を楽しむ情報が盛りだくさん! ※電子版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2016年1月号 No.74
    713円(税込)
    冬には冬の、山の楽しみ方があります。 ストレートに雪山を目指すことはもちろんのこと、 忘年会を兼ねた鍋パーティや、冬季でも営業している湯治場めぐり、 年末年始の年越しを山小屋で迎えるのも冬山での楽しみのひとつ。 雪中のテント泊だって、快適に暖かく過ごせるノウハウがあります。 そこで今号の特集では「冬こそ山登り」と題し、 夏山しか登らない登山者にもぜひ知ってもらいたい、 さまざまな冬の山登り事情にフォーカスします。 また、第2特集では雪山を目指す登山者が最低限学ぶべき、 雪崩についての基礎知識をレクチャー。 ※電子版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年12月号 No.73
    713円(税込)
    いま、日本のアウトドアブランドが世界から注目されています。 日本伝統の細やかなモノ作り文化が育んだ、最高級の機能性に加え、続々と登場する次世代素材。 海外との取引も増加し、世界に打って出るブランドも多数登場! いまや世界のアウトドア業界を支えているのは、“メイド・イン・ジャパン”のモノ作りなのです。 今回の特集では、モンベル、ゴールドウインといったメジャーブランドから、ローカスギア、パーゴワークスなどの新世代メーカーまで、 日本の山文化を支え続け、世界のアウトドア市場を席巻する、日本の作り手たちをご紹介します。 また、シーズン直前、雪山道具のバイヤーズガイド&アルパインブーツカタログも収録しています。 ※電子版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年11月号 No.72
    611円(税込)
    今月の特集は「マウンテンウエア厳選カタログ」。秋から冬にかけては、春夏以上にウエア選びに注力したい時期。秋冬の厳しい山の気候から自身を守って楽しく登山をするためには必須だ。そこで、ウエアを「ハードシェル」「ソフトシェル」「インシュレーション」……と分け、PEAKS編集部が厳選した最新のマウンテンウエアを紹介。シーン別ウエアの組み合わせにも注目したい。第2特集は有名ブランドのイチオシモデルの紹介。「すでにウエアは揃っている!」という人もコレを見れば思わずお財布のヒモを緩めてしまうはず! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2015年10月号 No.71
    611円(税込)
    特集は「達人に聞く! “ソロ”快適化計画」。かつて「山行」と言えば、グループで行くのがスタンダードだった。しかし、いまやソロ(単独行)で山に登る人も数多くいる。いままでグループでしか山に行ったことがない人へ、ソロの達人に聞く「なぜひとりで歩くのか」「ソロでのルート選びのコツ」ほか、おすすめのテントやクッキングギアなどなど、ソロの魅力を伝えてもらいました。そして第二特集は、高橋庄太郎さんと森山憲一さんが歩いた剱岳・北方稜線のルポ。「さらば剱岳、オレたちは北へ行く」と題して、彼らが歩いた道程とその装備をレポートします。平均的読者の方には一歩先にある山行かもしれませんが、魅力たっぷりのルポを堪能ください! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年9月号 No.70
    611円(税込)
    今月の特集は「この夏に行くべき山!」。前半は山行ゴコロをくすぐる山の写真を全40ページで展開。それぞれの写真には撮影エリア、撮影時期を掲載し、「ここに行きたい!」と思った人が行けるようにしました。山の風景の後は、「そこにしかない“山小屋の名物”」。山小屋にはただ泊まるだけではない魅力がある。例えば“温泉”“名物料理”。調べてみたところ、“飲み放題”の山小屋や“ボトルキープ”ができる山小屋なんてのもありました。編集長的に「行きたい」と思ったのは“ちまき弁当”を持たせてくれる所だったらしく、山小屋に行ってみたいと思う人の理由はホントに人それぞれなんだな……と。アナタなりの最高の山小屋を見つけてほしい! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS(ピークス) 2015年8月号
    今月の特集は「1泊2日で楽しむ北アルプス」。「北アルプスに行きたいけど、長期の休みが取れない……」という人は多いだろう。そこで土曜日、もしくは金曜 日の夜に1泊して登れる“1泊2日”の北アルプスの山行ルートを紹介する。ルートの選定はプロカメラマンやプロガイド、プロショップ店員など、その道のプロが行っている。第2特集は「“最強の系譜”時代を拓いたクライマーたち」と題して、日本のクライミングの歴史を紹介。さらに、池田功と南博人という伝説的クライマーの対談も掲載。さらに、今月はPEAKS特製ヘルメットバッグの付録付き。北アルプスを満喫するには必須のヘルメットは、ぜひこのバッグに入れて携行してください!※「特別付録 PEAKS オリジナルヘルメットバッグ」は付きませんのでご了承ください。 特集 週末に休みがとれれば十分満喫できる 030 1泊2日で歩く北アルプス 032 一泊二日から始める北アルプスの奥深さ 高橋庄太郎 034 北アルプス混雑カレンダー 036 北アルプスおすすめルートMAP 038 山岳ガイドのおすすめルート 菅野由起子/花谷泰広/笹倉孝昭/橋尾歌子/ 遠藤晴行/水野隆信/天野和明 044 カメラマンのおすすめルート 岡野朋之/杉村 航/三宅 岳 050 お花畑おすすめルート 菊池哲男 052 温泉好きおすすめルート 鏑木 毅 053 きっついの好きおすすめルート 立石悦史 054 岩のおすすめルート 中根穂高/佐川史佳 056 沢のおすすめルート 高桑信一 058 唐松岳山行で楽々夏山シーズンイン!? 060 公共交通機関を利用したアクセスガイド 062 ヘルメットを着用して安全登山を! 064 「前穂高岳北尾根へ行ってまいりました!」 067 最強の系譜 ~時代を拓いたクライマーたち~ [特別対談企画] Because it is there…なぜなら、そこに山があるから 074 池田功 × 南博人 020 Graceful Moment YOSEMITE IN THE SIXTIES 028 [グレン・デニー特別インタビュー] 意味のないことをやり続ける意味 113 最新ギア試してみませんか? モニターを大募集! 北海道・十勝岳~トラウシ山~沼ノ原 120 はるか遠くへ・・・・・・広大なる北の大地( 後編) 136 グレゴリー/旅への旅 The trail speaks, We listen. 138 ポーラテック/Polartec Fabrics on The Mountain Scene① 140 ファイントラック/嵐の山でも快適な眠りを 142 マツダ/マツダCX-3は山道具に通じる魅力にあふれている! 144 カシオ/アルパインクライマーが機能以上に求めるもの 147 モチヅキ/パンツは毎日洗うのになぜレインウエアは洗わないの? 152 キヤノン/山好きの最強コンデジ パワーショットG3 X 155 ゴアテックス/素材メーカーがメーカー製品をテストする理由 156 スーリー/山と人を結ぶバックパック日本上陸 Trail Head 001 プロに教わる自然写真撮影の極意 003 ニホンライチョウの人工孵化に成功! 005 山の魅力は頂きだけではない、山で生きる人々の姿 REGULAR 081 村石太郎の野外道具探訪記  ノルディック編 その2 ベルガンス 087 シェルパ斉藤の山小屋24時間滞在記 大日小屋 092 定番の条件 アミノバイタル 128 小雀陣二の山グルメ 130 山の部活潜入調査 部員さん、こんにちは! 132 バックパックの中身、見せてください! 135 ノスタルジックギア研究所 159 PEAKSスタッフのロングターム・インプレッション 163 PEAKS SCRAMBLE 168 彼女が“山”着に着替えたら…… MOUNTAIN CULTURE CATALOG 097 今月のピックアップ 098 山岳スーパースター列伝 099 四角大輔のクリエイティブ登山思考 100 またまた帰ってきた道無き道のケルンV3 101 妄想山道具 /EASY HIKING 102 POB ~PEAKS OTEGAMI BOX~ 104 ホンモー2時間一本勝負 105 千里の道も一歩から 山の地図ヨミ、基本のキ 108 山好きが選ぶ本と音楽 110 タキザーさんちの親子登山“やまいく”
  • PEAKS 2015年7月号 No.68
    611円(税込)
    今月は「ホントは教えたくない『最高の山道具店』」が特集。時に命を預ける山道具だからこそ、通販などではなく、きちんとしたお店で買ってほしい。でも、「一体どこがオススメ店なのかがわからない」という声もよく聞く。そこでこの特集である。エリアは日本全国。さらに、プロショップならではのオススメ山道具も紹介する。第二特集は最新のマウンテンフットウエア2015。今年オススメの山用シューズをドドーン! と紹介。人気の村石太郎氏の野外道具探訪では、ノルウェーの厳しい環境で鍛えられたブランド・ノローナを採り上げます。さらに、インタビュー企画「なぜならそこに山があるから」では、北八ヶ岳の「黒百合ヒュッテ」の米川岳樹さんが登場! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年6月号 No.67
    611円(税込)
    寒い冬が過ぎ、ポカポカ陽気がまたやってきました。いよいよ登山シーズンに突入ですね! ですが、昨年活躍してくれたブーツにレインウエア等はどうなってる? 防水性が落ちたり、汚れきっていたりしていません? そんなわけで、今月は「山登りの準備、できてますか?」が特集。アイテムのメンテナンス術やパッキングの上手な方法、山で食べたい山グルメに入山規制情報……など、山登りを再開するときに今知っておきたいことが満載。デジタルガジェットに弱い編集長も、校了時に即ダウンロードしていた充実の「山アプリ」のページも必見。そして、今月の連載インタビュー企画には何と! 伝説的クライマー・池田功氏が登場してくれていますよ! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年5月号 No.66
    611円(税込)
    多くの読者は春から秋にかけての山登りを楽しみ、冬の間は「山登りはお休み……」と聞く。そして季節は春。いよいよ山登りの本格シーズンが始まりました! 冬の間は山小屋泊だった人も、これからはテント泊を満喫できる季節。そこで今月は「みんなのテント泊スタイル」を特集します。テント泊に必要な物はある程度決まっているけど、それぞれの「重視するポイント」によって持ち物の傾向は大きく変わるという。そこで今回は「軽量重視派」「趣味特化派」「快適性重視派」など、同じテント泊でも違う「それぞれのテント泊スタイル」をお見せします! 人気の村石太郎さんによる探訪記はイーストンとクライミット。お見逃しなく!! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年4月号 No.65
    611円(税込)
    今月号は1年で一番ブ厚い全296ページの「山道具完全カタログ」号。2015の新作をいち早くお届けするために、通常号の2倍以上のページ数! 160ページ以上のカタログ内容に加えて、各アウトドアブランドの背景とイチオシ商品がわかるブランド事典も用意しました。すでに山道具を持っている人も持っていない人も大満足の一冊となっています。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • PEAKS 2015年3月号 No.64
    611円(税込)
    春から秋にかけては足繁く山に通う人も、冬山へはあまり行ってないみたい……というわけで、今月号では「もう少し雪山を楽しんでほしい!」という願いを込めて「雪山で遊ぶ!」と題した特集を組みました。バックカントリースキーに雪山テント泊、スノーシューにアイスクライミング、そしてイグルーで雪中泊(?)など、登山じゃなくても雪山の雰囲気を楽しめ、さらに遊びのなかから雪山登山に有用な技術も学べてしまうアクティビティを紹介! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2015年2月号 No.63
    611円(税込)
    いまから待ち遠しい「山の日」の制定、最新機材や素材のいま、注目のイベントに新しい山のアクティビティなどなどをドドーン! と紹介する「最新! 山の話題2015」。本年は、1989年公開の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に未来として描かれた年。スケートボードはまだ宙に浮いてはいませんが、映画公開当時と比べると、山を取り巻く環境は大きく変わっています。脚本を書いたスティーブン・スピルバーグにだって、この変貌ぶりは想像できなかったことでしょう。というわけで、今号を読んでおかないと「話題についていけない……」ということになるネタ満載の大特集を組んでみました。編集部内でも「知らなかった」ことばかりでした! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2015年1月号 No.62
    611円(税込)
    今月は「これだけは知っておきたい! 遭難しないための50のTips」を特集。春から秋にかけて登山をする人は多いが、冬シーズンは一気に登山人口は減る。だが、冬には冬ならではの登山の楽しみがある。だから読者にもぜひ冬登山にチャレンジしてほしいけど……遭難するかもと思うとちょっと怖いですよね。経験はもちろん、知識として知っておかないとイケナイことも多そうだし。というわけで、最低限知っておきたい50のコトを展開しました。そして第2特集は雪山に必要な道具、買い足すべき雪山道具を紹介。アイゼンやアバランチギア、スノーシューに……と、この冬に雪山にチャレンジするならぜひ注目してもらいたい雪山向けギアをご覧あれ! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2014年12月号 No.61
    611円(税込)
    今月は「私の五名山、みんなの千名山」が特集。深田久弥の「日本百名山」が発表されて50年、今もこの百名山を踏破すべく山に登る登山者は多い。そこで、現代の登山者が自分なりの選定基準で「みんなにオススメの山」を選んだらどんなセレクトになるのか? を特集しています。絶景の山、トレーニングの山、朝食がおいしい山……。みなさんに選んでもらったオススメ五名山のラインナップ、とくとご覧あれ! そして第2特集は「冬じたくの第一歩は“マウンテンブーツ”から!」。冬のブーツはどこを見て選べばいいのか? どんなブーツが売れているのか? などを達人に聞きました。冬山用のブーツ購入を考えている人にピッタリの企画となっています! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2014年11月号 No.60
    611円(税込)
    今月は「最新マウンテンウエアカタログ」を全80ページの大ボリュームで特集! まずは「MOUNTAIN MASTERS CHOICE」と題して“山の達人たち”による「いま、イチオシのウエア」の紹介。さらに、プロに学ぶレイヤリング術」「忘れじの名品」、ブランドの歴史とともにフラッグシップモデル(最上級モデル)を紹介する「最新フラッグシップモデルの魅力」も紹介します。このほか、日本登山史に名を残した現・かもしかスポーツ社長の高橋和之氏インタビュー、「定番の条件」はコロンビアがリリースする“日本企画モデル”の詳細、ファイントラックの新作ウエアの秘密など、今月は気になるウエアがドドーン! と紹介された、山好き必見の内容となっています。 ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2014年10月号 No.59
    611円(税込)
    特集は「苦労のあとの極楽 山で温泉!」。と言っても、観光で行く温泉ではなく、“歩いてでしか行けない”山の温泉。山好きから圧倒的支持を受ける北アルプスエリアに、寒くなり始める時期だからこそ行きたい東北エリアや北関東エリアの温泉を重点的に紹介。温泉ルートガイドだけではなく、温泉の知識や作法、温泉には必須の手ぬぐいカタログなども網羅しました。さらに、第2特集は山の達人がおすすめする「プロフェッショナル御用達ギアカタログ」。山岳ガイドや超有名ショップスタッフらがオススメポイントを教えてくれるギアカタログです。高橋庄太郎氏がレポートする“栂海新道”は、ロングトレイルを語るならぜひ一度は行っておきたい縦走ルート! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。
  • PEAKS 2014年9月号 No.58
    611円(税込)
    9月から12月の4カ月は、“土日+祝日+休日”でなんと4日連続休みとなる「連休」が目白押し! 第1特集は、そんな連休に登りたい山をデータと山行ルポ形式で紹介します。例えば9月の「敬老の日」なら、両親を連れて登りたい山。10月の「体育の日」なら、山岳部御用達山行ルート。11月の「文化の日」なら、知的に山小屋を巡るオススメ山行ルート……などなど。特集最後には、各山行の登山口までの「都心~登山口」までの最終バス・電車時間リストも掲載。そして第2特集のキーワードは“ヘルメット”。日本アルプスを中心に着用推奨されたヘルメットを特集。今年購入したいヘルメットのカタログや種類ほか、購入時に知っておきたい情報満載! ※電子書籍版には、表紙画像や目次に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない場合がありますので、ご了承ください。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています