Lightning 2019年1月号 Vol.297

Lightning 2019年1月号 Vol.297

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

40代~50代の我々にとって、’90年代はまさに青春。
当時はいまのようにインターネットは普及しておらず、
流行の情報源は毎月のファッション誌と
テレビの中の芸能人のファッションだった。
そんな時代にアメカジ、ヴィンテージという一大ブームが世を席巻。
人気のモノはプレミア価格で取引されるようになり、
新品でも定価で買うことが困難なモノばかりだった。
それでも欲しいモノはバイト代を貯めたり、
後先考えずにローンを組んで買うなどみんな無理して購入したものだが、
中には想いを馳せながらも、購入できないモノも多かった。
時は過ぎて現在。再び’90年代に夢中になったモノが気になっている。
世間の’90年代人気と相まって、当時のモノがかなり復刻されているのだ。
いまさらながら、あの頃憧れていたモノを手に入れたい!
そう思えるモノを集めてみました。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
234ページ
電子版発売日
2018年11月30日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 66件
  • Lightning(ライトニング) 2019年8月号
    NEW
    いまでは完全にファッションとしての地位を確立しているダイバーズウォッチ。しかし、その本当に実力を発揮するのはやっぱり夏なんです! だって防水性が一番のウリなのだから。そういうわけで、今月号ではこの夏にぴったりなダイバーズウォッチをフィーチャー。話題の復刻モデルを含むオススメの現行モデルから皆大好きなサブマリーナーのヴィンテージまで幅広く紹介する。さらに、第2特集ではプリントT...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • Lightning 2019年7月号 Vol.303
    あるモノに出会ったことで、人生が大きく変わった! なんてこと、皆さんは経験あるだろうか? この映画が好き、この本が好き、このジーンズが好き、このバイクが好き、西海岸のカルチャーが好き……など、人ぞれぞれ好きなモノは違うけれど、それによって人生が変わっちゃったという方たちは、我々の周りでは意外と多い。今月号では、そんな方たちにフィーチャー。一体どんなモノに影響されたのか。計28名...
  • Lightning 2019年6月号 Vol.302
    高い車高、肉厚でゴツゴツとしたタイヤ、やたらとたくさん装着されたフォグランプなど。子どもの頃に見たスゴいクルマってなぜかそんなイメージ。男らしい要素がたっぷりと詰まったオフロードカーは、どんな悪路でもぐいぐいと走ってくれる力強さへの憧れがあったからなのかもしれない。そんなゴツくて、その存在をしっかりと主張するオフロードスタイルをあえて街中でデイリードライブ(ライド)する人が...
  • Lightning 2019年5月号 Vol.301
    ライトニングは今年25周年を迎える。 いつだって気にしていたことは、流行に左右されない、いつになっても気になる、ずっと好きなモノ、コト、場所を追い続けてきた。 一番大切なのは自分らしさ。 人とはちょっと違っても、人に後ろ指さされても(笑)、自分の「好き」に正直になることで生まれるライフスタイルを大事にしてきた。 そんなスタンスを25年も変わらずにやり続けている雑誌はそれほどない。 今...
  • Lightning 2019年4月号 Vol.300
    1994年の創刊号から現在まで、毎号アメリカンカルチャーを直向きに記事にしてきました。 そんなLightningがついに300号を迎えることになっちゃいました。 ひとえにアメリカンカルチャーが大好きで、モノゴトを本気で遊ぶ 読者皆様の変わらない声援があったからこその300号だと断言できます。 そこで創刊号で総力特集を行なった「アメリカバンザイ」企画を讃え、 300号ならではの「アメリカバンザイ」特集を...
  • Lightning 2019年3月号 Vol.299
    アメリカンクロージングの大黒柱であるデニムの存在はいつだって気になる本誌。 なんといってもその魅力は新品では完成されていないという点。 デニムは着用して、洗濯を繰り返すことで、そのオーナーそれぞれのライフスタイルが刻まれていくのが最大の魅力。 インディゴ染めならではの色落ち、ガンガン使うことで生まれるダメージ、それに生地の縮みやねじれなど。 すべての要素が自分だけのデニムへと変...
  • Lightning 2019年2月号 Vol.298
    「ヘビーデューティ」には「丈夫で」とか「実用性本意の」などの意味がある。 1960年代末のアメリカで巻き起こったバックパッカー文化。 街から野外へと出かけ、自然と向きあう「Back To Nature運動」なるライスタイルを送るなか、頑丈な道具や実用一点張りの衣料が注目を浴び、一大ブームを巻き起こす。 そういった歴史を踏まえて、改めて本物志向の“ヘビーデューティギア”について周りを見直したときに、...
  • Lightning 2019年1月号 Vol.297
    40代~50代の我々にとって、’90年代はまさに青春。 当時はいまのようにインターネットは普及しておらず、 流行の情報源は毎月のファッション誌と テレビの中の芸能人のファッションだった。 そんな時代にアメカジ、ヴィンテージという一大ブームが世を席巻。 人気のモノはプレミア価格で取引されるようになり、 新品でも定価で買うことが困難なモノばかりだった。 それでも欲しいモノはバイト代を貯めたり...
  • Lightning 2018年12月号 Vol.296
    自分の家なんだから、自分の好きなスタイルで演出したいと思うけど、 どういうコンセプトで、どんな飾り付けをすればいいのか迷うところ。 そりゃ毎日暮らす場所だからなかなか思い切れない。 でも、しっかりとライフスタイルを持った人たちはそんな迷いはいっさいなし。 それぞれの人が自分たちの「好き」を空間で表現する。 そんな達人たちのひと癖もふた癖もある居住空間は、 部屋やガレージ作りの教科...
  • Lightning 2018年11月号 Vol.295
    アメリカンカルチャーのから生まれた服は、どれもがその時代の必要から生まれたものがほとんど。 ワーク、ミリタリー、ウエスタンなどなど、それぞれの分野での使い勝手によって生まれたアイテムばかり。 ある意味、機能美を持った専門性の高いウエアたちだ。 僕らはそんなウエアたちをファッションとして着る楽しさを日本のブランドやショップスタッフに教えてもらった。 日本人ならではの突き詰める性格...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,886

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!