趣味の文具箱 2020年7月号 Vol.54

趣味の文具箱 2020年7月号 Vol.54

通常価格 1,300円 (1,182円+税)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

54号の特集は「手書きを愛でる」
手書き派の人々は、どのような筆記具を使い、何をどんな風に書いているのでしょうか。古今東西、私たちの心を捉える手書きの実例をたっぷり集めました。小説家・太宰 治「人間失格」の肉筆や、劇作家・井上ひさしさんの直筆文字、手書きを大切にしている人々のスタイル、より文字を書くことが楽しくなるノウハウなど、多彩に紹介しています。
万年筆ペン先職人として独立した長原幸夫さんの調整技術が垣間見える「万年筆の流儀」も必見。高級筆記具や万年筆インクなどの最新情報も満載です。ぜひご覧ください!
手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している「趣味の文具箱」は、今号よりムックから雑誌となりました。年に4回(3・6・9・12月)の発刊サイクルは変わらずにお届けして参ります。




表紙
ホシノカツラの文具LIFE 「カール事務器 エンゼル5 ロイヤル」 作画・文=星野 桂
目次
今時の文具箱 ハリオサイエンス 毎日使いたいガラスペン/インクポット
プラチナ万年筆 富士旬景シリーズ#3776センチュリー「紫雲」
創造的かつ独創的な「アントウ」の最新ボールペン
フィッシャー「トゥルーティンバーカモフラージュ」
今時のステーショナリー/郷愁と物欲をかき立てる! マルマン・100周年記念限定グッズ
刃物職人の後継者を作る魅惑のナイフ MUJUN・富士山ナイフ
あの人への想いを紙飛行機にして送ろう テラダモケイ・Par Avion よく飛ぶ紙飛行機便箋「夜間飛行」
BLACKWINGで色鉛筆を語ろう! ブラックウィング・ブラックウィングカラーズ
週末の夜中に買う“夜の文房具” THINK OF THINGS・MIDNIGHT SHOPのオリジナル文具
とにかくよく開く368ページのノート デザインフィル・MDノート ジャーナル 1日1ページ
伝統の手帳品質を受け継ぐノートたち JMAM・ノルティ ノートブック
今欲しい最新インク全124色/老舗ブランドの新シリーズ「ブルーエディション」が登場
台湾の「鋼筆工作筆」が日本上陸
気鋭ブランドのオリジナルインクが話題沸騰
人気ブランドのインクが続々登場!
粉末ラメが選べるハンガリー発の「ペンノニア」
人気文具店のオリジナルインクが揃い踏み
特集 手書きを愛でる/話題沸騰! もこ字練習帳さんの精巧な書写
読者の皆さんの手書きスタイル拝見 筆ペン遊び/投稿/書写/写経・写詞/マインドマップ/日記・ログ
井上ひさしさんの味わい豊かな書き文字
目的に合わせて文具を選び書き込む幸せ 作例・文=金治智子
ゴリアット芯でワニを描く 作画・文=雨宮ひかる
愉快な体験を集めて好奇心を揺さぶる /山口由佳理さん
伝えたいことは書くことの大切さ/たけちよさん
書きたいから書く ただそれだけ/宮入有希子さん
ショパンの美しき直筆譜
自分の書き文字を好きになる 文=小日向 京
好きなペンで手書きしたい文字 作例・文=小日向 京
万年筆で「ゆる文字」チャレンジ!/宇田川一美さん 文=山本杏奈
大切な人に届けたい直筆の温もり 作例・文=堤 信子
太宰 治 「人間失格」の肉筆 文=山本杏奈
手書きノート狂は語りき 手書きにデジタル要素を加える 文=ヨシムラヒロム
トラベラーズロード 三河エリアの濃厚な文具旅へ 文=小日向 京
Let’s enjoy Hand Lettering モノラインレタリングを簡単テクニックで華やかに 作例・文=bechori
飛んでいきたい文具店 東京編 ルーズリーフ専門店「ステッチリーフ」
万年筆ペン先職人 長原幸夫の万年筆の流儀
高級筆記具の最新情報/モンブラン
アウロラ/カランダッシュ
ラミー
ラミー/ピナイダー
エス・テー・デュポン
エス・テー・デュポン/ファーバーカステル/クロス
パーカー/ウォーターマン
カヴェコ/モンテベルデ
ヴィスコンティ/オンライン
ベヌー
ツイスビー/ロディア
IWI/スクリクス
エルバン/タッチア
セーラー万年筆/プラチナ万年筆
川崎文具店/ペント/キングダムノート
八文字屋/ナガサワ文具センター/ブングボックス×ヤーチンスタイル/ブングボックス/四葉商会
文具箱通信
マイクロ5[M5]の新作バインダー/リフィル続々登場!
コラム 文房具が輝いた瞬間 文=土橋 正/マンガ まおのブングな日々 作=萩原まお
U.S.A.⇔Japan 文具のかけ橋 実店舗が少ないとオンラインショップがすごい 文=ブルース・アイモン
万年筆のきほん
主要ブランドの問い合わせリスト
Pen and message.の定番品 旅に携えたい万年筆ともしもに備える便利なアイテム 文=吉宗史博/イラスト=久保真記子
ちょっとひと手間を楽しむ文具アレンジメント システム手帳でマスキングテープをコレクションする 文=福島槙子
万年筆解剖講座 キュリダスを分解して精度の高い設計を探る 文=森 睦
古山浩一の文具探訪 ピナイダーの斬新なペン先 ハイパーフレックスニブの魅力 文・絵=古山浩一
惚れぼれ鳥とめぐる手書きのある場所「芸術鑑賞」 文・イラスト=小日向 京
読者の文具箱
自腹インプレッション
読者プレゼント
次号予告/編集部だより

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
エイ出版社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2020年06月27日
サイズ(目安)
111MB

趣味の文具箱 2020年7月号 Vol.54 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

趣味の文具箱 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~43件目 / 43件
  • 趣味の文具箱 2021年4月号 Vol.57
    2021年4月号(vol.57)は「万年筆」特集 特集は「道具としての万年筆」。書く、描く道具としての万年筆の魅力をさまざまな角度から探ります。また読者の皆さんから寄せられた「みんなの万年筆の使い方とハマりごと」「私のメンテナンス術」も一挙に紹介。安定した性能が人気の定番万年筆を選んで万年筆ブランド別に掲載しています。2021年春・夏に向けた筆記具の新製品情報も満載。趣味の文具箱の独自の視...
  • 趣味の文具箱 2021年1月号 Vol.56
    「56号の特集は「美軸に夢中!」 「美軸(びじく)」とは、色・形の調和が快く感じられ、あでやか、うるわしい、かわいい、いとしい……と持つ人の感情を揺さぶるペンのこと。絵画のように色彩豊かなイタリアンペン、伝統工芸を日常使いできる漆・蒔絵の万年筆、そして万年筆インクとともに人気急上昇中の日本の作家系ガラスペンなどなど、自分へのご褒美に、大切な人へのギフトにぴったりな、今こそ欲しい、...
  • 趣味の文具箱 2020年10月号 Vol.55
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信している季刊雑誌です。 10月号の特集は「万年筆インクLOVE」。 万年筆インクの楽しい趣味の世界を最新情報とともに紹介する恒例のインク特集号です。巻頭の綴じ込み付録・万年筆インクカタログの収録数はさらに増えて全965色! 今号はイラストや書などの作品づくりに万年筆インクを活用している方々の、魅力的なユーザースタ...
  • 趣味の文具箱 2020年7月号 Vol.54
    54号の特集は「手書きを愛でる」 手書き派の人々は、どのような筆記具を使い、何をどんな風に書いているのでしょうか。古今東西、私たちの心を捉える手書きの実例をたっぷり集めました。小説家・太宰 治「人間失格」の肉筆や、劇作家・井上ひさしさんの直筆文字、手書きを大切にしている人々のスタイル、より文字を書くことが楽しくなるノウハウなど、多彩に紹介しています。 万年筆ペン先職人として独立し...
  • 趣味の文具箱 Vol.53
    1,300円(税込)
    53号の特集は「誘惑する新作ペンとインク」 春は文具も新しいものを加えて、心機一転、やる気を充填したくなる季節。そんな気分に合わせて続々登場している新製品の中から、今こそ欲しい美形・美色のペンやインクを厳選して大集合しました。 話題のノック式万年筆、プラチナ万年筆「キュリダス」とパイロット「キャップレスLS」は、開発者インタビューを通して各々の魅力に迫っています。 作家・三島由紀夫...
  • 趣味の文具箱 Vol.52
    1,300円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊ムックです。年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 12月6日発売のvol.52は、物欲全開号! 心躍るホリデーシーズンはすぐそこ。自分へのご褒美に、ギフトに、上質で美しく、使って楽しい文具を選びませんか? 特集「今すごく欲しいペンとノート」では、文具売り場で話題を集めているアイテム、ジャンルを厳選...
  • 趣味の文具箱 Vol.51
    1,222円(税込)
    万年筆インクの楽しい世界を深掘りする恒例の特集号です。今号は綴じ込み付録のインクカタログが2倍! 色数は合計1517色! 巻頭のペン&インクブランドのインク一覧に加えて、日本全国文具店のショップオリジナルインクも一覧できます。最新インクの粘度測定や、紙色×インク色の相性チェックなど、インク選びの参考になる情報も満載です。漫画家・星野桂さんの新連載もスタート。連載・手書き人では、ポ...
  • 趣味の文具箱 Vol.50
    1,222円(税込)
    記念すべき50号の特集は「手書きっていいね!」。ペンを選び、手で書く時間は心地良く、楽しい。手書きは物事を学び、世界と自分を知り、指針を得る大切な行為です。そして直筆の文字や絵には個性が現れ、味わいがあります。本特集では作家・宮沢賢治、人気漫画家・星野 桂さんを始め、手書きを大切にしている人々の多様な書きっぷりや愛用品を満載。もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
  • 趣味の文具箱 Vol.49
    1,222円(税込)
    49号の特集は「ノートと手帳の楽しみ」。 書く時間をともにするノートと手帳は、人生の必需品。製本やデザインに優れ、 万年筆にも好相性な筆記用紙を使い、持って嬉しい、書くたびに豊かな気持ちになるノートと手帳を探究。 今、買うべき話題のノートを中心に満載しています。 楽しく参考になる読者の皆さんのノートや手帳の使い方実例も必見です。 もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
  • 趣味の文具箱 Vol.48
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 48号の特集は「アンダー3万円の上質文具」。 上質な文具には実用性だけでなく、使う喜び、愛でる楽しみがあります。 特集まるごと衝動買いの誘惑満載、 本体3万円以下で充足感をもたらしてくれるペンや手帳、デスクツールを厳選しました。 第2特集は「ピナイダー...
  • 趣味の文具箱 Vol.47
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 47号の特集は「万年筆インクの知りたいこと」。 2018年もインクが熱い。絶好調に、激熱です。 新しい国産メーカーの万年筆インクが登場したり、 海外インクが日本デビューする動きもあります。 要注目は二大付録。巻頭の万年筆インクカタログは747色に一挙増色。 ...
  • 趣味の文具箱 Vol.46
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 46号の特集は「万年筆使いの流儀」。 万年筆はシンプルで自由な道具。 自由だからこそ、たくさんの選択肢があり、流儀(=物事のやり方)が生まれます。 修理、調整などを手がける万年筆のプロやユーザーの声を集め、万年筆を心地良く使い続けるための心得、流...
  • 趣味の文具箱 Vol.45
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 45号の特集は「いま絶対に使いたいペン」。 万年筆を中心に、実用的でデザインも良い、 買って納得の人気モデルをピックアップ。 いますぐ手に入れるべきペンが見つかります。 第2特集は「ヴィンテージペリカンの世界」。 不動の人気を誇る万年筆、ペリカン スー...
  • 趣味の文具箱 Vol.44
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 44号の特集は「インク沼へ、ようこそ!」。 今、文房具の世界では万年筆インクが人気です。 底なしの沼のようなインクの楽しみを、万年筆ファンは「インク沼」と呼び、無限ともいえる快楽をみんなで語り合っています。 万年筆ブランドが作るインクの色数は増え、...
  • 趣味の文具箱 Vol.43
    1,222円(税込)
    良い紙で書きたい! 「趣味の文具箱」は、手で書くこと、書く道具としての 文房具の魅力を発信する季刊ムックです。 43号の特集は「良い紙で書きたい」。 ノートや手帳、リフィル、便箋などの筆記用紙は、 紙厚や平滑性、にじみ方などの特徴がそれぞれ異なり、 ペンやインクとの相性によって多様な書き味を生み出します。 そんな“書かれるもの”としての紙に注目しました。 ぜひご覧ください! ※デジタル版...
  • 趣味の文具箱 Vol.42
    1,222円(税込)
    日本の万年筆はすばらしい! 手で書くこと、書く道具としての 文房具の魅力を発信するムック「趣味の文具箱」。 42号では「日本の万年筆」を特集します。 日本人は、作り変える力に優れています。 万年筆は19世紀に欧米で生まれたもの。 その追走からスタートし、およそ100年が経過した現在、 日本の万年筆は別次元の高みにあると言えるでしょう。 世界に誇る、日本の万年筆。 パイロット、プラチナ万年筆...
  • 趣味の文具箱 Vol.41
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信する 季刊ムック「趣味の文具箱」、41号の特集は「文具を贈る」。 学び、働き、考える。 文房具は知的活動を支える大切な道具です。 だから文具を贈ることは、相手の未来を寿ぐこと。 贈るに値するものを確かな目で選びたいものです。 ギフトに向く万年筆を人気ペンショップの敏腕スタッフの皆さんが推薦。 包みを開けた瞬間に歓声が上がる 上質ステーシ...
  • 趣味の文具箱 Vol.40
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての 文房具の魅力を発信する「趣味の文具箱」。 40号の特集は、毎年冬号の恒例になりました「万年筆インク」です。 大好評の巻頭綴じ込み付録は1年前の470色から539色に増え、誌面拡大! 注目度の高い「色相で見る万年筆インクの色分布」も2年ぶりに更新し、 綴じ込み付録2として一覧できます。 インクの表面張力測定や全国ショップオリジナルインクの現在など、 万年筆インク...
  • 趣味の文具箱 バックナンバーセレクト モンブラン
    「趣味の文具箱 バックナンバーセレクト」は、バックナンバーの人気記事を集めたデジタル版のみの特別企画です。 1~39号までの、人気のブランド「モンブラン」に関する、新製品情報、ヴィンテージ、コラム、そして分解などの企画ページを1冊にまとめました。 これを見るだけでモンブランのすべてが丸わかり!です。 ※本書は、趣味の文具箱vol.1~39の記事より抜粋し、デジタル版にオリジナル編集をしてお...
  • 趣味の文具箱 バックナンバーセレクト ペリカン
    「趣味の文具箱 バックナンバーセレクト」は、 バックナンバーの人気記事を集めたデジタル版のみの特別企画です。 人気のブランド「ペリカン」に関する、 1~39号までの新製品情報、ヴィンテージ、 内部分析などの企画ページが1冊にぎゅっと詰まっています。 これを見るだけでペリカンのすべてが丸わかり!です。 ※本書は、趣味の文具箱vol.1~39の記事より抜粋し、デジタル版にオリジナル編集をしておりま...
  • 趣味の文具箱 Vol.39
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文具の魅力を発信する『趣味の文具箱』は、 文具の趣味の世界を楽しく伝え続けているムックです。 39号の特集は「五感揺さぶる文房具が欲しい!」。 モンブラン149/146の魅力再確認、 美レジンの競演、メタルでスリムなボールペンなど、 優れた機能美が光る高級筆記具のほか、 ブロッター、ペンシルホルダー、システム手帳など、 いま手に入れたい魅惑のステーショナリーを...
  • 趣味の文具箱 Vol.38
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文具の魅力を発信する『趣味の文具箱』。 38号の第1特集は「ペン好きの幸せ」と題し、 有森裕子さんを始めとするペン好きユーザーや、 日々販売する人、作る人の文具生活を取材しました。 愛用品や使いこなしを通して、 筆記具を使うことから感じる人生の喜びに注目しています。 巻頭企画には女優・井上真央さんが登場。 2016年夏の最新高級筆記具や、続々開催されるイベン...
  • 趣味の文具箱 Vol.37
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文具の魅力を発信する『趣味の文具箱』。 文具を新調したくなる春、「隠れた名品」と題し、 定番・王道とは一味異なる優れたステーショナリーを特集。 「白軸のモンブラン」、「普通に買える極太ペン先の万年筆」、 「ジップ&フラップタイプの最新ペンケース」、 「機能的なペンシルホルダー」などを厳選しています。 2016年春の最新高級筆記具や、続々開催されるイベント...
  • 趣味の文具箱 Vol.36
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文房具の魅力を発信する「趣味の文具箱」。 36号の特集は、ますます多彩に広がっている「万年筆インク」です。 毎年大好評 の綴じ込み付録・インクカタログ最新版は全470色を収録。 濃淡でも比較できる色別カタログ、ペンや紙との色合わせ、 海外でも人気の金粉入りインクの楽し み方、 好みの色を自分で作るミクサブルインクのコツ、インクあるある、 ご要望の多かったイン...
  • 趣味の文具箱 Vol.35
    1,222円(税込)
    「文房具を愛し、人生を楽しむ本。」をテーマに、万年筆やボールペンなどの高級筆記具を中心とした最新情報をお届けする本誌。上質で快適なライフスタイルを提案しています。最新vol.35の第1特集は「筆欲を満たすペンと紙」。人気筆記用紙の平滑度・紙厚を測定比較するなど、より心地良く書きたい「筆欲(ひつよく)」を叶える「紙」を探求しています。第2特集は「文房具を大人っぽく楽しむ」。デスクツー...
  • 趣味の文具箱 Vol.34
    1,222円(税込)
    「文房具という趣味」で、上質で快適なライフスタイルを提案する雑誌です。万年筆やボールペンなどの高級筆記具を中心とした最新情報をお届けします。連載・手書き人は落語家の桂文枝さんが登場! 第1特集は「愛すべきペン好きの生態」。ペン愛好家が実践している趣味と実用のそれぞれのスタイルを徹底的に紹介します。第2特集は「インクパラダイス スペシャル」。色数が一気に増えた顔料インクの楽しい...
  • 趣味の文具箱 Vol.33
    1,222円(税込)
    春の文具シーズンに向け、ペンブランドの新製品が華やかに出揃った33号。特集は「ペンシル愛(ラブ)」。「シャープペンシル、鉛筆、芯ホルダー、スケッチペンへの深い愛を語ろう!」をテーマに、おすすめペンシルやユーザー愛用ペンシルを集めました。第二特集「文具箱通信スペシャル」では、はじめての万年筆を選ぶコツ、ピンクペン集、ボールペンのカラーインク事情、万年筆に合う最新ノート、つけペンの魅...
  • 趣味の文具箱 Vol.32
    1,222円(税込)
    手で書くこと、書く道具としての文房具の価値や魅力がいま見直されています。手書きの文字は個性を表し、気持ちをしっかり伝えます。「趣味の文具箱」は、いまの時代における文房具の魅力を発信し続けています。32号の特集は万年筆のインクです。多彩に広がり続けるインクの情報が満載。インクカタログでは約430色の最新インクを網羅。好みのインク色を作ることができる新しい文具店、全国のご当地インク最...
  • 趣味の文具箱 Vol.31
    1,222円(税込)
    万年筆の最大の魅力は「書き味」。人の好みは様々ですが、万年筆の書き味にはそれを凌駕する奥深さと多様性があります。特集「万年筆の書き味大研究」では、書き味を決定づける要素を分析し、目的と好みに合うより良い書き味を探求します。第二特集は「中屋万年筆の真髄」。昔ながらの製法で作られるメイド・イン・ジャパンの万年筆の魅力をたっぷりお届けします。連載「手書き人」はエジプト考古学者の吉...
  • 趣味の文具箱 Vol.30
    1,222円(税込)
    「文房具を愛し、人生を楽しむ本」として万年筆や筆記具の情報誌として10年。30号記念となるこの号は、盛りだくさん!です。特集は濃厚に万年筆と過ごしている人たちの物語「波瀾万丈!それぞれの万年筆人生」。10代から70代までの様々な世代の方々の万年筆のある生活を「万年筆熱グラフ」とともに紹介しています。ビンテージ万年筆は、大人気のペリカン100シリーズの希少モデルを集めました。いま注目を集め...
  • 趣味の文具箱 Vol.29
    1,222円(税込)
    特集は「ペン道楽のQ&A」。書き味の多様性、ペン先の観察の仕方、インク出のメカニズム、きれいな文字を書く秘訣などなど、万年筆を中心に、ペンをもっと楽しむための基本をQ&Aでひも解きます。もうひとつの特集は「幸せのペン・ギフト」。人気ペンショップのスタッフがおすすめするシーン別ペン・ギフトなど、出会いと別れの季節に役立つ多様なペンの贈りもの情報を集めました。連載「手書き人」はベトナ...
  • 趣味の文具箱 Vol.28
    1,222円(税込)
    今時の文具箱 ヤマトのレザーアラビック 今時の文具箱 ペンハウスのキングペン 目次 今時の文具箱 水縞の全国架空書店カバー カランダッシュ 日本限定849コレクション 「ハッピーズー」 カランダッシュ RNX.316最新作 RNX.316ファイバー ステッドラープレミアム 「コリウムの優美」 趣味の文具箱 ペン・オブ・ザ・イヤー 2013 エス・テー・デュポン オリエンタル・エクスプレス華麗なる競演 丸善・...
  • 趣味の文具箱 Vol.27
    1,222円(税込)
    良い柄、良い色、良い佇まい…。 眺めているだけでも幸せ、持てば気分が高揚し、書く時間がより楽しみになる。 そんな、心をかき立てる「美軸」を大特集しました。 あなたが酔いしれるその美軸、どうやって生み出されているかご存知ですか? 一口に美しい万年筆、といってもタイプは様々。 レジン、エボナイト、天然木、シルバーなどなど、素材の魅力や製造工程に迫りました。 また「趣味の文具箱」的視点で...
  • 趣味の文具箱 Vol.26
    1,222円(税込)
    特集「良いペンのある人生」では、万年筆を始め、ボールペン、ペンシル、鉛筆など、良質のペンを愛用し、手書きを大切にする人々のペンライフをご紹介。 音楽プロデューサーの松任谷正隆さん、文筆業も盛んな芸人の水道橋博士さんなど、10人の「最愛の一本」にも注目しています。 「五感で楽しむステーショナリー」ではスケルトン万年筆、良軸ボールペン、ペーパーナイフ、ペン柄・文具柄アイテム、クラシ...
  • 趣味の文具箱 Vol.25
    1,222円(税込)
    文具ファンなら、一生かけてでも手にしたい珠玉のペンがずらり勢揃い。『死ぬまでに 絶対使ってみたいペン』と銘打ち、編集部が総力をかけ定番から最新の限定モデルまで、人生を共にしたい名ペン約246本を厳選。 機能性、甘美さ、書き味……各ペンの魅力を余すところなくお伝えします。 また今年で100周年となるシェーファーもフォーカス。 記念モデルの紹介をはじめ、ヴィンテージ シェーファーを15のキーワ...
  • 趣味の文具箱 Vol.24
    1,222円(税込)
    第一特集は年末年始のホリデーシーズンを彩る新製品を徹底詳解。エス・テー・デュポン140周年のナイトコレクション、カランダッシュの新作カエログラフ、パーカー・ソネットの5thモードなど、見逃せないアイテムが目白押しです。 第二特集はペン・紙・インクの「幸せの三角関係」。 ユーザー事例、専門店に聞くおすすめ、青インク×用紙の実証など、三者の好相性を実例豊富に探求しています。 さらに2012年...
  • 趣味の文具箱 Vol.23
    1,222円(税込)
    オードリー・ヘプバーンをモチーフにしたエス・テー・デュポン「オードリーコレクション」、デルタの少数民族シリーズ「ハワイ」、モンブラン「ビスポーク ニブ」など、話題のトピックがいっぱいの今号。 万年筆などの新製品はもちろん、ローラーボールや帆布ステーショナリーなど、編集部注目のアイテムも集めました。 もうひとつの特集は「伝わる手紙」。 すてきな手紙の実例や、気持ちで使い分けるイン...
  • 趣味の文具箱 Vol.22
    1,222円(税込)
    『趣味の文具箱 No.22』では、2012年春夏のニューモデルを一挙に紹介。万年筆にボールペン、ノート、カバーなど、国内外ブランドの話題の新製品が大集合! また、文具を仕事道具として使っている人や万年筆店の常連さんなど27名の、普段持ち歩いているペンケースとその中身を拝見。 それぞれの好みや考え方、職業やこだわりが表れた個性豊かなものばかりです。 さらに、編集部オススメの機能性の高いペンケ...
  • 趣味の文具箱 Vol.21
    1,222円(税込)
    今号も新製品が盛りだくさん。 パーカー、エス・テー・デュポンなど今季の注目ペンを多角的に詳解しています。 特集は「ベスト万年筆インクを探せ」。 特別付録「最新万年筆インクカタログ」をはじめ、主要ブランドのインクから全国のご当地インクまでを全覧。 売れてるインク・ベスト5やインクの色分布などの分析記事も収録しています。 このほか東京・銀座、大阪・梅田の2大文具充実エリアマップ、2011年...
  • 趣味の文具箱 Vol.20
    1,222円(税込)
    2004年の創刊から、おかげさまで20号。 今号も書くこと、書くモノの魅力をたっぷりとお届けします。 特集は「手書きのちから」。 手で書くことは私たちの生活に不可欠な効用があり、手で書かれた文字には書き手の想いが表われるもの。 書く時間を楽しみ、文字を引き立てる、とっておきの万年筆やボールペン、鉛筆、ノートなど魅惑のアイテムが目白押しです。 2011年夏秋発売の新製品情報も充実。 2012年の...
  • 趣味の文具箱 Vol.19
    1,222円(税込)
    とても魅力的な筆記具、文房具の新しい情報が満載です。 2011年に100周年のセーラー万年筆の注目の記念モデルを大特集。 また250周年のファーバーカステルの超豪華色えんぴつセット、ラミー・サファリの今年の限定色なども速報しています。 ノウハウ記事では「ペンについての素朴な疑問」にお答えしています。 読者アンケートで寄せられた疑問などについて、ペンドクター・川口明弘さんがやさしく丁寧に解...
  • 趣味の文具箱 Vol.18
    1,222円(税込)
    よい文房具は、なんでもない日常に、豊かで、味わいのある時間を与えてくれる。 文房具を愛し、人生を楽しむ本「趣味の文具箱」vol.18では、いま注目の万年筆、インク、ノートなどを厳選して紹介。 豪華な限定モデルの最新情報も満載しています。 第2特集は万年筆の「ペン先」を徹底研究。 書きやすいペン先の秘密、特殊ペン先の多様性、職人技による研ぎの種類などペン先の魅力をいろいろな角度から紹介し...
  • 趣味の文具箱 Vol.17
    1,222円(税込)
    Stationery Landscape 筆記具のある風景 今時の文具箱 contents 中屋万年筆「黒ヘアライン」 メゾンタクヤ「ヤギ革一枚仕立てのiPadスリーブ」 アクメ「ロケット・ヒーロー」 ヴィンテージの誘惑 Pelikan 100 Series エルバン ブランド生誕340周年記念インク「アニバーサリー1670」 軟調ペン先の世界 ビンテージに見る軟調ペン先列伝 現代の軟調ペン先1 パイロット・エラボー/平塚工場取材 パイロッ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

趣味の文具箱 に関連する特集・キャンペーン