趣味の文具箱 Vol.53
  • NEW
  • 最新刊

趣味の文具箱 Vol.53

通常価格 1,300円 (1,182円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

53号の特集は「誘惑する新作ペンとインク」
春は文具も新しいものを加えて、心機一転、やる気を充填したくなる季節。そんな気分に合わせて続々登場している新製品の中から、今こそ欲しい美形・美色のペンやインクを厳選して大集合しました。
話題のノック式万年筆、プラチナ万年筆「キュリダス」とパイロット「キャップレスLS」は、開発者インタビューを通して各々の魅力に迫っています。
作家・三島由紀夫の悠々とした文字に魅了される手書き原稿や創作ノートも必見です。
「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。




表紙
ホシノカツラの文具LIFE 「カランダッシュ 849」 作画・文=星野 桂
今時の文具箱 YANAGI DESIGN OFFICE×コクヨ ロータリーテープディスペンサー
目次
今時の文具箱 デルフォニックス ロルバーン フレキシブル
三島由紀夫の筆跡 「豊饒の海」創作ノートと「春の雪」手書き原稿
深紅に輝くカランダッシュ「レマン ルージュカーマイン」
ファーバーカステル伯爵コレクション ペン・オブ・ザ・イヤー2020「スパルタ」
パーカー 限定モデル「デュオフォールド Tokyo ミュージアム 2020 センテニアル万年筆 リミテッドエディション」
イベント情報「パーカー Tokyo ミュージアム 2020」
アントウ 台湾ブランドのクールなデスクツール
カステリミラノ 個性を放つノートの新作
ステッドラー「コンクリート」ボールペン 待望の新色登場!
飛んで行きたい文具店 福岡編 リンデ カルトナージュ/ハイタイドストア/アイデアスイッチ
トラベラーズロード アピオジムニーで海辺の旅へ
特集 誘惑する新作ペンとインク
パイロット「キャップレスLS」誕生物語
プラチナ万年筆「キュリダス」徹底解剖!
最新ブラックボディ傑作選
モンブラン「星の王子さま」三部作、ついに完結!
地味にスゴイ セーラー万年筆の漆軸
やっぱり欲しいペリカンの限定モデル
百花繚乱! 新イタリアンペン
交換式のガラスペン カキモリ「GLASS NIB」
万年筆インクで日本の風情を楽しむ
復刻デザインの万年筆インクが欲しい
舶来ブランドの最新インク大集合
耐水、耐光に優れた顔料系インクが一挙に登場
ショップオリジナルインク最新NEWS
ピナイダー「アヴァターURデモ」透明軸の快楽
ヤード・オ・レッド 不変の魅力
世界最高の鉛筆でコーディネート遊び
モンブランのローラーボール&リフィル徹底理解
鉄板優良ボールペンの最新軸をチェック!
台湾ブランドの意匠を凝らした新製品
高級筆記具の最新情報 ファーバーカステル伯爵コレクション
ファーバーカステル伯爵コレクション/ファーバーカステル/カランダッシュ
エス・テー・デュポン/ラミー
ラミー
コンクリン/クロス/シェーファー
パーカー/カヴェコ/ロットリング
ウォール・エバーシャープ/ヒューゴボス/ウォーターマン/アクメ
セーラー万年筆
代官山 蔦屋書店
キングダムノート×輪島屋善仁/ブングボックス
三田三昭堂/ノンブル/ペント×ガラス工房LUC/池田 晃将×工房 楔
2020 システム手帳 最新情報 アシュフォード/ナガサワ文具センター/カンダミサコ/マークス
趣味の文具箱「ペン・オブ・ザ・イヤー 2019」発表!
文具箱通信
万年筆解剖講座 カヴェコ「プロストア」でカスタマイズ遊びの研究 文=森 睦
Let’s enjoy Hand Lettering 万年筆インクでモノラインレタリングを楽しむ 文=bechori
「趣味の文具箱」全バックナンバー デジタル版のお知らせ
「趣味の文具箱」通信販売のお知らせ
ちょっとひと手間を楽しむ文具アレンジメント 旅の楽しみが増すオリジナル「風景印帳」作り 文=福島槙子
コラム 文房具が輝いた瞬間 文=土橋 正/マンガ まおのブングな日々 作=萩原まお
主要ブランドの問い合わせリスト
ペン充実の特選文具店
日本の主な万年筆・筆記具取り扱い店リスト
万年筆インクのきほん
Pen and message.の定番品 書き味とインクの吸収が自然な紙「リスシオ・ワン」 文=吉宗史博/イラスト=久保真記子
U.S.A.⇔Japan 文具のかけ橋 なぜ日本にはまだこれほどすばらしい紙があるのか 文=ブルース・アイモン
読者プレゼント
インタビュー 万年筆ペン先職人 長原幸夫 活動スタート
読者の文具箱
次のオフには大好きな文具店へ 中村文具店(東京・武蔵小金井) 文=堤 信子
古山浩一の文具探訪 小学生からシニアまで愛用「鉛筆シャープ」人気の秘密 文・絵=古山浩一
手書きノート狂は語りき 日々の気づきを記し、新たな発見を楽しむ 文=ヨシムラヒロム
惚れぼれ鳥とめぐる手書きのある場所「ホテル・宿」 文・イラスト=小日向 京
次号予告/編集部だより
自腹インプレッション
編集長コラム 文具箱の扉 文=清水茂樹

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2020年03月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
105MB

趣味の文具箱 Vol.53 のユーザーレビュー

    購入済み

    万年筆と周辺グッズの新製品

    カズ 2020年04月01日

    年4回発売される万年筆を中心にインク、ノートといった周辺のグッズの新製品を紹介したり、情報を発信するムック本。万年筆が好きな人はもうVol.53になるけど揃えていますね。私も揃えています。きれいな写真を多用しており、楽しい気持ちになります。これから万年筆を使おうかなと考えている方にもお勧めです。

    このレビューは参考になりましたか?

趣味の文具箱 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 39件
  • 趣味の文具箱 Vol.53
    NEW
    1,300円(税込)
    53号の特集は「誘惑する新作ペンとインク」 春は文具も新しいものを加えて、心機一転、やる気を充填したくなる季節。そんな気分に合わせて続々登場している新製品の中から、今こそ欲しい美形・美色のペンやインクを厳選して大集合しました。 話題のノック式万年筆、プラチナ万年筆「キュリダス」とパイロット「キャップレスLS」は、開発者インタビューを通して各々の魅力に迫っています。 作家・三島由紀夫...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.52
    1,300円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊ムックです。年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 12月6日発売のvol.52は、物欲全開号! 心躍るホリデーシーズンはすぐそこ。自分へのご褒美に、ギフトに、上質で美しく、使って楽しい文具を選びませんか? 特集「今すごく欲しいペンとノート」では、文具売り場で話題を集めているアイテム、ジャンルを厳選...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.51
    1,222円(税込)
    万年筆インクの楽しい世界を深掘りする恒例の特集号です。今号は綴じ込み付録のインクカタログが2倍! 色数は合計1517色! 巻頭のペン&インクブランドのインク一覧に加えて、日本全国文具店のショップオリジナルインクも一覧できます。最新インクの粘度測定や、紙色×インク色の相性チェックなど、インク選びの参考になる情報も満載です。漫画家・星野桂さんの新連載もスタート。連載・手書き人では、ポ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.50
    1,222円(税込)
    記念すべき50号の特集は「手書きっていいね!」。ペンを選び、手で書く時間は心地良く、楽しい。手書きは物事を学び、世界と自分を知り、指針を得る大切な行為です。そして直筆の文字や絵には個性が現れ、味わいがあります。本特集では作家・宮沢賢治、人気漫画家・星野 桂さんを始め、手書きを大切にしている人々の多様な書きっぷりや愛用品を満載。もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.49
    1,222円(税込)
    49号の特集は「ノートと手帳の楽しみ」。 書く時間をともにするノートと手帳は、人生の必需品。製本やデザインに優れ、 万年筆にも好相性な筆記用紙を使い、持って嬉しい、書くたびに豊かな気持ちになるノートと手帳を探究。 今、買うべき話題のノートを中心に満載しています。 楽しく参考になる読者の皆さんのノートや手帳の使い方実例も必見です。 もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
  • 趣味の文具箱 Vol.48
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 48号の特集は「アンダー3万円の上質文具」。 上質な文具には実用性だけでなく、使う喜び、愛でる楽しみがあります。 特集まるごと衝動買いの誘惑満載、 本体3万円以下で充足感をもたらしてくれるペンや手帳、デスクツールを厳選しました。 第2特集は「ピナイダー...
  • 趣味の文具箱 Vol.47
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 47号の特集は「万年筆インクの知りたいこと」。 2018年もインクが熱い。絶好調に、激熱です。 新しい国産メーカーの万年筆インクが登場したり、 海外インクが日本デビューする動きもあります。 要注目は二大付録。巻頭の万年筆インクカタログは747色に一挙増色。 ...
  • 趣味の文具箱 Vol.46
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 46号の特集は「万年筆使いの流儀」。 万年筆はシンプルで自由な道具。 自由だからこそ、たくさんの選択肢があり、流儀(=物事のやり方)が生まれます。 修理、調整などを手がける万年筆のプロやユーザーの声を集め、万年筆を心地良く使い続けるための心得、流...
  • 趣味の文具箱 Vol.45
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 45号の特集は「いま絶対に使いたいペン」。 万年筆を中心に、実用的でデザインも良い、 買って納得の人気モデルをピックアップ。 いますぐ手に入れるべきペンが見つかります。 第2特集は「ヴィンテージペリカンの世界」。 不動の人気を誇る万年筆、ペリカン スー...
  • 趣味の文具箱 Vol.44
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 44号の特集は「インク沼へ、ようこそ!」。 今、文房具の世界では万年筆インクが人気です。 底なしの沼のようなインクの楽しみを、万年筆ファンは「インク沼」と呼び、無限ともいえる快楽をみんなで語り合っています。 万年筆ブランドが作るインクの色数は増え、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

趣味の文具箱 に関連する特集・キャンペーン