趣味の文具箱 Vol.52
  • 最新刊

趣味の文具箱 Vol.52

通常価格 1,300円 (1,182円+税)
獲得ポイント

6pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊ムックです。年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。
12月6日発売のvol.52は、物欲全開号! 心躍るホリデーシーズンはすぐそこ。自分へのご褒美に、ギフトに、上質で美しく、使って楽しい文具を選びませんか? 特集「今すごく欲しいペンとノート」では、文具売り場で話題を集めているアイテム、ジャンルを厳選して深掘りしています。高級筆記具のニューアイテムも百花繚乱です。ぜひじっくりとページを繰り、次に買うべき欲しいものを見つけてください。前号に続いてのご登場、ポルノグラフィティ 新藤晴一さんのセーラー万年筆工場訪問記も必見です。ぜひご覧ください!
※紙版掲載の「ペン充実の特選文具店(ショップガイド)」の記事については掲載しておりません。



表紙
ホシノカツラの文具LIFE「マイクロ5」 文・イラスト=星野 桂
ペント「シンフォニー デリカート」
目次
八文字屋「樹氷アメジスト万年筆」
今年も贈ろう! カランダッシュのホリデーギフト
第11回 丸善 世界の万年筆展
ラミー「ダイアログ ウルシ」
「マイ・センツァ」で楽しむインクライフ
「ピニンファリーナ」の新たなる幕開け
ポルノグラフィティ 新藤晴一さん、セーラー万年筆 天応工場へ 文=小日向 京
やっぱり欲しい! セーラー万年筆の新・オリジナルペン先
漆芸家 池田晃将「超絶にサイバーな螺鈿万年筆」
レオナルド オフィチーナ イタリアーナ「モーメントゼロ コレクション トラモント」
カステリミラノ 日本の美を装丁した話題のシリーズ
モリソン万年筆&カフェ
銀座 伊東屋 システム手帳サロン2019 イベントレポート
トラベラーズロード アピオジムニーで美濃を巡る
特集 今すごく欲しいペンとノート
書き味の合う軟調ペン先
幅広ペン先の万年筆でカリグラフィーを始めよう
自分にぴったりな字幅の万年筆 ペンポイントのサイズと形状比較/筆跡に見る各字幅の印象
「チョイスチョイス カヴェコスポーツ」を誌上シミュレーション!
3000円で買える高機能+ユニーク万年筆
低価格かつハイクオリティな注目の台湾ブランド「IWI」魅惑の万年筆
超古典的なデザインが筆欲をそそるノート
目的を持った機能的フォーマットが魅力 便利で効果も抜群な生活向上ノート
カラーコーディネートが楽しい「KOKUYO ME」
万年筆インクが楽しめる多彩な筆記具
極細ボールペンは絶対機能主義
いま鉛筆好きが注目すべき鉛筆と鉛筆削り
レター文具は“風合い”が決め手
インクパラダイス
ジャック・エルバン「NUDE」のマーク・アントワン・クーロン氏来日!
Happy INK Life 検索しやすいインク見本帳 文=武田 健
万年筆解剖講座 モンブランの最新軟調ペン先「フレキシブルニブ」大研究 文=森 睦
古山浩一の文具探訪 鉛筆の復権を一身に背負うパーフェクトペンシル 文・絵=古山浩一
手書きノート狂は語りき 文=ヨシムラヒロム
惚れぼれ鳥とめぐる手書きのある場所「飛行機」 文・イラスト=小日向 京
次のオフには大好きな文具店へ誠品生活日本橋(東京・日本橋)文=堤 信子
文具箱通信
趣味の文具箱 通信販売のお知らせ
「趣味の文具箱」全バックナンバー デジタル版のお知らせ
【新連載】ちょっとひと手間を楽しむ文具アレンジメント 万年筆で書きやすいメッセージカードを作る 文=福島槙子
コラム 文房具が輝いた瞬間 文=土橋 正 マンガ まおのブングな日々 作=萩原まお
主要ブランドの問い合わせリスト
日本の主な万年筆・筆記具取り扱い店リスト
万年筆のきほん
Pen and message.の定番品 究極の手帳用万年筆 ポスティング(PO)ペン先 文=吉宗史博
U.S.A.⇔Japan 文具のかけ橋 アメリカのノート市場では紙ではなくカバーが勝負どころ 文=ブルース・アイモン
自社広告/エイスタイルカレンダー
読者の文具箱
高級筆記具ジャンルの新製品/モンブラン
アウロラ/ファーバーカステル
ペリカン
ラミー/ピナイダー
ウォーターマン
ヴィスコンティ/フィッシャー
ネットゥーノ/カヴェコ/ツイスビー
エス・テー・デュポン
エス・テー・デュポン/アクメ/ショーン・デザイン
パイロット
プラチナ万年筆
セーラー万年筆
セーラー万年筆/ノンブル/ブングボックス
キングダムノート/オエステ会/ペント
読者プレゼント
自腹インプレッション
次号予告/編集部だより

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2019年12月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
105MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 38件
  • 趣味の文具箱 Vol.52
    1,300円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信する季刊ムックです。年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 12月6日発売のvol.52は、物欲全開号! 心躍るホリデーシーズンはすぐそこ。自分へのご褒美に、ギフトに、上質で美しく、使って楽しい文具を選びませんか? 特集「今すごく欲しいペンとノート」では、文具売り場で話題を集めているアイテム、ジャンルを厳選...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.51
    1,222円(税込)
    万年筆インクの楽しい世界を深掘りする恒例の特集号です。今号は綴じ込み付録のインクカタログが2倍! 色数は合計1517色! 巻頭のペン&インクブランドのインク一覧に加えて、日本全国文具店のショップオリジナルインクも一覧できます。最新インクの粘度測定や、紙色×インク色の相性チェックなど、インク選びの参考になる情報も満載です。漫画家・星野桂さんの新連載もスタート。連載・手書き人では、ポ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.50
    1,222円(税込)
    記念すべき50号の特集は「手書きっていいね!」。ペンを選び、手で書く時間は心地良く、楽しい。手書きは物事を学び、世界と自分を知り、指針を得る大切な行為です。そして直筆の文字や絵には個性が現れ、味わいがあります。本特集では作家・宮沢賢治、人気漫画家・星野 桂さんを始め、手書きを大切にしている人々の多様な書きっぷりや愛用品を満載。もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 趣味の文具箱 Vol.49
    1,222円(税込)
    49号の特集は「ノートと手帳の楽しみ」。 書く時間をともにするノートと手帳は、人生の必需品。製本やデザインに優れ、 万年筆にも好相性な筆記用紙を使い、持って嬉しい、書くたびに豊かな気持ちになるノートと手帳を探究。 今、買うべき話題のノートを中心に満載しています。 楽しく参考になる読者の皆さんのノートや手帳の使い方実例も必見です。 もちろん、高級筆記具や万年筆インクなど、趣味の文具箱...
  • 趣味の文具箱 Vol.48
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 48号の特集は「アンダー3万円の上質文具」。 上質な文具には実用性だけでなく、使う喜び、愛でる楽しみがあります。 特集まるごと衝動買いの誘惑満載、 本体3万円以下で充足感をもたらしてくれるペンや手帳、デスクツールを厳選しました。 第2特集は「ピナイダー...
  • 趣味の文具箱 Vol.47
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムック。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 47号の特集は「万年筆インクの知りたいこと」。 2018年もインクが熱い。絶好調に、激熱です。 新しい国産メーカーの万年筆インクが登場したり、 海外インクが日本デビューする動きもあります。 要注目は二大付録。巻頭の万年筆インクカタログは747色に一挙増色。 ...
  • 趣味の文具箱 Vol.46
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 年に4回(3・6・9・12月)発刊しています。 46号の特集は「万年筆使いの流儀」。 万年筆はシンプルで自由な道具。 自由だからこそ、たくさんの選択肢があり、流儀(=物事のやり方)が生まれます。 修理、調整などを手がける万年筆のプロやユーザーの声を集め、万年筆を心地良く使い続けるための心得、流...
  • 趣味の文具箱 Vol.45
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、 書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 45号の特集は「いま絶対に使いたいペン」。 万年筆を中心に、実用的でデザインも良い、 買って納得の人気モデルをピックアップ。 いますぐ手に入れるべきペンが見つかります。 第2特集は「ヴィンテージペリカンの世界」。 不動の人気を誇る万年筆、ペリカン スー...
  • 趣味の文具箱 Vol.44
    1,222円(税込)
    「趣味の文具箱」は、手で書くことの楽しさ、書く道具としての文房具の魅力を発信しているムックです。 毎年3・6・9・12月に発刊しています。 44号の特集は「インク沼へ、ようこそ!」。 今、文房具の世界では万年筆インクが人気です。 底なしの沼のようなインクの楽しみを、万年筆ファンは「インク沼」と呼び、無限ともいえる快楽をみんなで語り合っています。 万年筆ブランドが作るインクの色数は増え、...
  • 趣味の文具箱 Vol.43
    1,222円(税込)
    良い紙で書きたい! 「趣味の文具箱」は、手で書くこと、書く道具としての 文房具の魅力を発信する季刊ムックです。 43号の特集は「良い紙で書きたい」。 ノートや手帳、リフィル、便箋などの筆記用紙は、 紙厚や平滑性、にじみ方などの特徴がそれぞれ異なり、 ペンやインクとの相性によって多様な書き味を生み出します。 そんな“書かれるもの”としての紙に注目しました。 ぜひご覧ください! ※デジタル版...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「趣味の文具箱」に関連する特集・キャンペーン