自閉症スペクトラム障害 療育と対応を考える

自閉症スペクトラム障害 療育と対応を考える

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高機能自閉症(アスペルガー症候群)および言葉の出ないカナー型自閉症は、連続的な一つの障害、自閉症スペクトラム障害と考えられている。発達障害の一つであり、他の発達障害との合併もある。症状の改善をめざす療育法と、社会的スキルを上げる訓練方法を解説。就園・就学、思春期から社会人まで、社会適応の道を探る。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2013年02月22日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2016年12月11日

    自閉症スペクトラムがどのようなものなのかとその対応について書かれている。

    自閉症スペクトラムは個性なんかではなくて障害であり、必要なのは見守ることではなく対応すること、というのが自分には刺さった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月26日

    自閉症スペクトラム障害について、特徴から療育の基本までコンパクトにまとまっています。初めて学ぶ人にも、改めて基本を復習したい専門の方にもおすすめです。専門用語がすこし多めなので、親御さんによっては読みづらいと感じる方も居るかもしれません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月14日

    ASDの基本的な症状と発達段階別での療育についてとても具体的に書かれている。就園・就学の際の手紙の書き方(保護者が書くには負担が大きすぎるかもしれない)の例なども書かれてあり参考になる。保護者におすすめしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月30日

    すべての自閉症(発達障害)患者を医療の力のみで社会に適応させていく、医療に任せれば良いという考えは現実的でないのだと思わされた。支援とは施しでなく、救済でもなく、その人が自力で歩けるように支えることなんだと学ばせてくれた。松葉杖のように。
    自閉症じゃなくても、発達障害じゃなくても、互いの必要に合わせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    療育の基本が理解できる。褒めることの大切さ。望ましくないことは無視する。基本だけれど、きちんとするには経験が必要。基本から応用に深めることができる本だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月12日

    この重篤な障碍についての手頃な解説書

    これは自閉症について初めて岩波書店から出版された新書ではないだろうか。福祉や医療、児童教育についてはかなりのレパートリーがあるのに、2012年の年末になってようやくこのジャンルの入門書が刊行されるとは、名門書肆の旧弊と怠慢以外のなにものでもない。

    されどわが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

    「療育」の基本的な考え方、また、その様々な方法は、外国語あるいは第二言語としての日本語教育にも応用がききそう。特に子どもに対する日本語教育の場において。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月06日

    自閉症スペクトラム障害(ASD)について、家庭での教育方法や、学校や教育委員会に渡す文例まで掲載されているので、教員となる人にはおすすめの本である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月28日

    高機能自閉症という診断がまだまだ新しいこともあって、子供を育ててきた自分からは、ある意味、常に「恐怖」だった。
    診断されたからといって、治療があるわけではなく、知的障害児として通常の学校ではなく、施設に入れられる・・・・。
    自分の子に限って・・・・、どこも身体的に悪くないし、見た目も普通なのに・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月16日

    ASDの診断・療育方法・トレーニング・就学や就職などについて詳しく書いてある。ASDと診断された家庭には役立つもの。発達障害や学習障害についても最初の部分で少しだけ触れてある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています