発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

親からの適切な「言葉かけ」で、発達障害の子どもは大きく伸びる! 家庭で楽しみながら行える、ABA(応用行動分析)を利用した「言葉かけ」の方法を具体的にわかりやすく紹介。《毎日の生活のなかで、すぐできる!》 ・手を洗うときの言葉かけ ・散歩のときの言葉かけ ・いっしょに料理をするときの言葉かけ ・食事をしながらの言葉かけ ・遊びながらの言葉かけ など※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 福祉
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
健康ライブラリー
電子版発売日
2017年08月04日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
135MB

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    これは万人にも共通する言葉かけの本だと思う。
    自分自身にもこの本のように向き合っていけたら、すごいんじゃないかと感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    日常生活でもとりいれやすい具体的な例やイラスト、マンガも多く、実践しやすい内容。エージェント任せにしていた事も多いので、料理など、家庭ならではのことも取り入れてみたいと感じた。子供に少しでもたくさん笑顔が増えたら良いな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月08日

    具体的な声かけの例やシーンが載っていて、とても勉強になる。
    基本的な対応のスタンスを復習し、さらに自分のできる対応の幅を増やす目的には最適。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月24日

    行動療法をわかりやすく、課題テーマを見開きでイラストとマンガなどで示して素晴らしい内容。
    発達障害のお子さんの対応をどうしたらいいか、困っているお母さまは必見。一般のお子さんにも役立つ内容と思います。
    参考図書としてお配りしたいくらい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月13日

    親向け。しかも安い。イラスト豊富でABAを分かりやすく解説しており、家庭でできる実践的な療育方法を多く紹介している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月29日

    備忘録

    ・親が会話と動作のプロンプトを適切に行い誘導することで、子どもの経験の幅が広がり、自信につながる。
    ・マンドトレーニングと並行して物の名前を教えることで、会話の幅が広がる。(リラックスしやすい食卓などは場として最適。テレビを消し、数十分楽しめると良い。くすぐり遊びの中に導入も可。)
    ・遊び...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月28日

    我が子は発達障害ではないけれど、否定的な言葉を使わない等、子育て全般に使える考え方が載っていてABAについての入門書としてわかりやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月13日

    開いてすぐ、内容がわかる仕掛け。
    絵がかあいいのも好感度が高い。
    視覚に訴えかけて、理解できるのは良書の証拠。
    それが、経験や体験にもとづいて出てきたやり方ならばなおのこと。説得力も違ってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月12日

    7章にある、言葉を引き出す言葉かけのしかたがわかりやすく、役に立ちました。一般的に「ものの名前を覚えさせることを目的に『これは●●よ』を言い続けると子どもがうんざりするからしないほうがいい」と言われ、それを信じてきましたが、発達障害の子の場合(特にうちの子どもたちのように言葉の獲得が遅い、語彙力が少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月16日

    障害の有無にかかわらず、子どものかかわり方に悩むすべての方にお勧めの本です。
    イラスト付きで分かりやすく説明されており、実践しやすいかと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています