ひっ

ひっ

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ヤクザの見習い、クラブのボーイ、作曲家を経て、半島に隠棲する伯父の「ひっさん」は身内で唯一の大人の男だった。おれは社会に出たものの、万年正月のような家庭内乞食に堕ち、あぶく銭を手に入れ、インドネパールを彷徨う。悟りも開けず帰国したら……。自由と自堕落、人の生き死にをとことん描く、天衣無縫の傑作長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
126ページ
電子版発売日
2013年02月08日
紙の本の発売
2012年08月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ひっ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月02日

    芥川賞候補の常連になりつつある戌井さん。
    自分の好きな候補作常連作家さんは、結局受賞しないのだが、戌井さんはどうであろうか。
    まあ面白けりゃなんだっていいか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月10日

    初・戌井昭人さん。

    ひっさんと甥っ子、元プロレスラーのウマちゃん、下野さん、アナンちゃん。

    おもろい本に立て続けに出会えて幸せだ。

    普通に暮らしていると、全然耳にしないような感じなのにリアルなんだよなー。
    面白かったなー。

    で、母ちゃんがカッコいいよなー。
    あたしは心配性でダメだから。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月22日

    なるほどこの前の情熱大陸はこの本のプロモーションだったのか。今回はかなりエロい表現多いですが、やはりおもしろい。でもこの人が芥川賞候補っていうのがどうもピンとこない。
    テキトーに生きろは、なんとなくとも、いいかげんにとも違うんだよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月31日

    「テキトーに生きろ」という破天荒な伯父の教えを受けた俺は家庭内乞食に墜ち、人生どん詰まりに…。自由と自堕落、人の生き死にをとことん描く、天衣無縫の長篇小説。

    12年上期芥川賞候補作。「すっぽん心中」と同じくどうしようもなく情けない男が主人公。それなのに物語のテンポの良さに惹かれてつい読み進めてしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月20日

    芥川賞候補になった作品。
    感想としては、すっごくファンになる、という訳ではなかったけれど、文学は時代を反映しているというのを改めて感じました。
    ひっさんの、テキトーに生きるっていう言葉なんかは正に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月24日

    戌井さんお得意の、駄目な男の話。

    いつも戌井さんのものを読んで素晴らしいと思うのは、
    その読後感の爽やかさ。

    例えば西村賢太の私小説のような読後の胃酸が逆流する感じや、
    酒を飲みたくなったりつらくなることがない。

    戌井さんの書かれる小説は、純文学でもありながら、
    エンタメでもあるような気がする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月17日

    作曲家のひっさん。甥っ子の主人公との投げっぱなしにみせながら、優しい気持ちが感じられる本。特に甥っ子のことを考えてるわけではないけど、ギターを70万で売ったことに怒りながらも、旅に使ったことは良しとしてる。いいおじさんやな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月21日

    感性の干からびを恐れるあまり遊びまわる作曲家のひっさん。波乱万丈、波ありすぎの人生が矢鱈めったらおかしい。「毎日しめじ食ってたらポロンとちんぼこが落ちて、代わりにしめじが生えてくるんじゃねえのか」 野卑で下世話なかけあいも他者を思いやる愛情に満ちており、思わず泣き笑いを誘う。人間も小さくなったり大き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月18日

    よく分からない叔父がテキトーに生き、なんか成功し、よく分からない男に刺されて引退し、よく分からないまま隠居生活に。
    甥がよく分からないままギターを売ってそのまま海外に旅に出て、1年後なんとなく帰ってきたら叔父が死んでいた。
    そのまま遺品整理を叔父の友人たちとし、よく分からない裸の気球おじさんと会い、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月21日

    モラトリアム期間のダメな若者が適当に金作って旅して働く気になるまでみたいな超ありきたりな小説なんだけど、こういうのってなんで何作読んでも飽きが来ないんだろう。
    堕落はバラエティ豊富。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング