ストレンジボイス

ストレンジボイス

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日々希(ひびき)に虐められすぎて不登校になった遼介が、卒業式にやって来るらしい。日々希に、そしてずっと見て見ぬふりをしていた私たちに復讐するために。私はそれを心待ちにしている――心の傷を負った少年と少女のためのサバイバルノベル!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
シリーズ
ストレンジボイスシリーズ
ページ数
248ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ストレンジボイス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    なんじゃこりゃ?

    nanjyo 2020年04月21日

    などと思いつつ、気付いてたらハマって読み終えてた。
    実に上手い。
    ライトノベルで納めるには実に勿体無い作品かも。
    内容は"ライト"ではなく"DEEP"な心理状態な逸品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月04日

    全1冊。
    張り詰めた想いで一気に読んだ。
    一瞬登場人物に共感しそうになったが、そんな甘さは入り込む余地がなかった。

    ライトノベルだからといってやさしいと思ったら大火傷しますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月20日

    想像していたストーリーと、全く違う方向へ進んで行った。
    この材料で、ライトノベルで、こんな話を書くのか。展開から結末まで、たぶんすごく人を選びそう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月03日

    明るく無い青春物語です。
    苛めっ子、苛められつ子、傍観者…そしてそれを見てるだけの教師、何も解決してないけれど、何故か引き込まれる感じでした。
    下手なハッピーエンドよりもしっくりくるバットエンド?です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月25日

    ちょっとキツめのいじめ描写に惹きつけられ、読み始めた。
    いじめの被害者、加害者、傍観者。この3人を中心に描かれている。
    いじめを題材にしているが、いじめ自体を解決してなんとかするような話ではない。
    甘さや爽やかさゼロで終始、暗い雰囲気の漂う物語である。
    ラストの前向きなようで、ぜんぜん前向きじゃない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月08日

     なかなかに評価の厳しい人から「面白いよ!」といわれて借りた本。

     内容的には明るくない青春物語。
     あとがきのほうにも書いてあるのですが、人生の皮肉を描いたような作品でした。
     しかし、個人的にはこのような皮肉な話も嫌いではないので、すっかりのめりこんで読ませていただきました。
     変にハッピーエ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月24日

    ちっとも未来が明るくない青春小説。
    気持ち的にライトなお話が読みたいと思って読んだら
    間違いなく怒るか後悔するかの二択。
    学生時代の人間関係にトラウマを抱えてるなら
    読まないほうが幸せかも。
    抱えてなくても読んで幸せには普通なれないだろうけど。


    他所のレビューを見ると、
    それなりに水葉らメインの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月02日

     文化系トークラジオ「Life」でチャーリーこと社会学者の鈴木謙介が強力推薦していたライトノベル。学校の負の面に焦点を当てた、ネガティブな学校ものだ。

     発端はいじめなのだけど、社会や人間というもののどうしようもなさ、またろくでもないと言う先にあるありようそのものを見据えた上での生きていく術みたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月29日

    現代版『人間失格』といったところでしょうか。何も決着せず、煮え切らない感じで終わってるのも、「中学を卒業したばかりの段階でその後の人生全部を決めるようなことが決着してたまるか馬鹿」っていうことかも知れん、と思う。水葉にもある程度まで共感できてしまったし、久しぶりにとても面白い小説が読めて満足。この筆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    ライトノベル?というか
    ガガガ文庫ならでは黒黒どろどろ暗黒史観青春小説
    先に『パニッシュメント』を読んだあとだと印象に欠けるか
    キャラクタの個性がごろりころがしてあってくみ上げ不足に感じる

    このレビューは参考になりましたか?

ストレンジボイス の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています