耳袋秘帖 八丁堀同心殺人事件

耳袋秘帖 八丁堀同心殺人事件

作者名 :
通常価格 639円 (581円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

与力同心組屋敷がある八丁堀で、立て続けに、同心が殺された。地元・八丁堀での同心殺しは、威信にかかわると、北町奉行の小田切は気が気でない。だが、白昼堂々、次なる同心殺しが起き……。根岸肥前守が、江戸の怪異を解き明かす「耳袋秘帖」殺人事件シリーズ第2弾。若き日の根岸を描いた、書き下ろし短編「河童の銭」を特別収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
耳袋秘帖シリーズ
ページ数
284ページ
電子版発売日
2013年01月25日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

耳袋秘帖 八丁堀同心殺人事件 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2014年09月05日

    坂巻と栗田の真逆コンビがいい味出している。好いた女を忘れられない坂巻がイケメンで自分よりモテるので嫉妬丸出しな栗田、自分の好きな根岸奉行の女中・雪乃が坂巻の事が好きなんじゃないかと勘ぐって「同心殺しの疑いを持つなら俺じゃなく坂巻にしろ」とか、この辺りの下りが人間っぽくて思わず笑える。が、奉行のボディ...続きを読む

    0
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    冒頭の描写から不穏な空気が漂っている。
    しかも最後の1行が気味が悪いくらいあっさり書かれていて、だからこそ救いがない。
    身も蓋もない言い方をすると、
    正しいと思って起こした行動がめいっぱい裏目に出た、といったところか。
    事を起こした本人は正義だと思って動いてる故、罪悪感がないのが怖かった。

    『耳袋...続きを読む

    0

耳袋秘帖 八丁堀同心殺人事件 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング