ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 847円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員をきわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業がそれ。誰もが知る大手衣料量販店や大手家電メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法」を指南。社会の側の解決策まで視野に入れた、決定的な1冊。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
245ページ
電子版発売日
2013年01月25日
紙の本の発売
2012年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2016年06月13日

    労働者をコストとみるか投資と考えるか、「コストと考え経費削減はまず人件費」という発想が前面に出すぎている。結局若者に皺寄せ。ブラックとわかっていても働かざるを得ない現実。胸が痛む!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月08日

    「ブラック企業」というワードを世間に広めた本の一冊。急成長した新興企業・グローバル企業に潜む過酷な職場環境と新入社員への洗脳。ロースクールの乱立による弁護士過剰市場における悪徳弁護士、そして社会保険労務士、キャリア・カウンセラー、そして大学におけるキャリア教育の光と影などが、鮮明に描かれている。とは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月08日

    読みやすい。実例が怖い。大手衣料品X社って、○○クロ??

    自分にしろ家族にしろ、もしこういう会社に入ってしまったら、うつ病など悲惨な状態になる前に「冷静に」手を打たないとだめだ。

    相談しに行く場所も重要。会社の労働組合は会社の味方だから基本あてにならないみたい。

    個別加入ユニオンに相談するのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    これは怖い。

    くろ 2013年05月19日

    なんとなく「ブラック企業」という言葉が軽いせいか、あまり考えたことがなかったが、知らないところで過酷な「ブラック行為」が行われていることに愕然とした。

    企業が利益を追求するためにおこなっていることであれば、例え法律で縛っても、考え方が変わらなければイタチごっこになるのでは?という気も。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    p164・ブラック企業に入った場合はすべり台社会ではなく落とし穴社会、ロシアンルーレット社会といったほうがしっくりくる。

    ・ブラック企業の明確な定義はない。
    ・この著者、若いのにしっかりした文章を書く。
    ・ファーストリテイリング恐るべし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    さすがに実務で相談を受けているだけあって、内容がリアル。社会の実情を表しているとは思う。ただ、解決策はやはり難しい。今その手法で利益を支えている企業が多くあるし、それによる社会の形に落ち着いてしまっているから。ペルソナ5もやっていて、なんか読んでて胸にキた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    若者を喰らうブラック企業。多量の新卒を採用するが、多くの若者が離職していく。その実態を明らかにする。特定の企業がブラックなのではなく、日本型雇用制度そのものにブラック企業化する仕組みが内在している。若者の意識論ではなく社会問題としてブラック企業に取り組まないといつしか日本は食い漁られてしまうと警鐘を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    2013年大佛次郎論壇賞を受賞.ブラック企業に対処するには戦略的思考が必要と指摘.

    一つの会社で仕事だけしているとその会社のルールなるカルチャーしか見れないので,自身の働き方が異常かどうかはわかりづらい.やはり様々な人と交流し多様な価値観を持っていることが大事.それが最終的に自分を守ることになる.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月07日

    今不景気の日本で跳梁跋扈しているブラック企業について書いた一冊。

    単にブラック企業の社員を食い物にする体質だけではなく、そういう企業に入った際の対策も書いてあり、非常に実践的だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月16日

    ブラック企業の実態、ブラック企業が生まれてくる社会構造を丹念に論考しており、非常にわかり易かった。
    ブラック企業とは単にきつい職場くらいの認識であったが、もっと悪質で確信犯的な行為を行っているところも多々あるようだ。
    大量採用して、使える人材を選別し、不要な人材は解雇ではなく自主退職に意図的に追い込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪
    就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員をきわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業がそれ。誰もが知る大手衣料量販店や大手家電メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法」を指南。社会の側の解決策まで視野に入れた、決定的な1冊。
  • ブラック企業2 「虐待型管理」の真相
    嫌なら辞めればいい、では解決しません 前著『ブラック企業』で若者を使い捨てにする雇用問題を告発した筆者が、三〇〇〇件の労働相談から提言する「決定的解決策」!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています