ブラック企業2 「虐待型管理」の真相
  • 最新刊

ブラック企業2 「虐待型管理」の真相

作者名 :
通常価格 800円 (税込)
紙の本 [参考] 842円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

嫌なら辞めればいい、では解決しません

前著『ブラック企業』で若者を使い捨てにする雇用問題を告発した筆者が、三〇〇〇件の労働相談から提言する「決定的解決策」!

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年03月20日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年01月23日

■ブラック企業の労務管理パターン
・大量募集(1段階)
①月収の誇張,虚偽の条件で募集
②正社員ではないのに偽装
・選別(2段階)
③いつまでも終わらない就活
④戦略的パワハラ
・使い潰し(3段階)
⑤残業代を払わない
⑥異常な長時間労働
⑦幹部や社長にして使い潰す
⑧職場崩壊
⑨辞めさせない
⑩鬱...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月15日

人を馬車馬のように働かせてゴミムシのように使い潰す企業の問題と対策、第2弾。
募集の段階からして搾取する気に満ち溢れた企業が悪質極まる。甘言に騙されて入社するケース、そこに入るしか選択肢のないケース様々だが精神がイカれるか自殺にまで追い込まれるこのシステムは恐ろしい。とにかく働く時間がながすぎるんだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月23日

事例をあげ手口をより詳細に分析している。
さらに対策を提案している。
規制緩和でブラック企業はなくならないというのはなるほどと思った。
社会人の基準がないゆえに無限の要求をされるというのはうなずかされた。
共通の基準を作り無限の要求に対抗するという目標は実現してほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月21日

エコノミックアニマルと揶揄された団塊世代の働き方とは物質的豊かさの保障と実現が裏打ちされたものだったというのは、はっとさせられた。やはり現代の若者の仕事の向き合いかたとは全然違うものだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月04日

若い頃は、サービス残業をしていたし、持ち帰り仕事もしていた。それと今で言うブラック企業とは何が違うだろう。それは、むちゃくちゃ働いていたが、それ相応のペイはあったと思う。今のブラック企業はただただ従業員を遣い潰して行くだけで、将来に明るいものが全くないように気がする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています