C.M.B.森羅博物館の事件目録(45)
  • 最新刊

C.M.B.森羅博物館の事件目録(45)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 495円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大英博物館の若き知の守護者・榊森羅が”驚異の部屋”をご案内!

《「大団円」他1編を収録!》

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
電子版発売日
2020年10月16日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
84MB

新刊オート購入

C.M.B.森羅博物館の事件目録(45) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月21日

     完結巻ゆえ、基本構造は割愛。
     ただし、今巻ラストという事もあり、いつもとちょこっち構成が違う。
     前巻の解決編が語られ、大団円。
     ゲームで言うところのクリア後のお楽しみのような追加エピソードがついてきたような印象。
     大人になったヒロインが、活躍する物語。

     そして来年6月に、また少年と少女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    イヤー、大団円後の、他一辺。めっちゃよかったですね。

    はー。もう15年だったのか。確かにちょっと前に始まったばかりなきがするねぇ。

    面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月16日

    完結。
    森羅が前巻から巻き込まれていた事件はあっさり解決。まあ、ほとんど終わってたし、追加項目という感じ。
    最終話がよかった❗
    あえてネタバレだが、大人になった龍樹と森羅の再会がステキだった。ふたりとも、ひとりでやり遂げる時間が大切だと思っていたのね。
    この2人らしい呑気で気長なロマンス!
    こういう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

C.M.B.森羅博物館の事件目録 のシリーズ作品 1~45巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~45件目 / 45件
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(11)
    ギリシャに来た森羅(しんら)と立樹(たつき)。そこで目にしたものは、未だ解読されていない古代文字が刻まれた『ファイストスの円盤』の『印章』だった! 時を同じくして、海運王の妻、イリアスが何者かに殺される。殺害現場のクルーザーに偶然、乗り合わせた森羅が事件に挑む! 「ファイストスの円盤」「初釜事件」「丸〆猫」の3編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(12)
    “魔都”・香港編収録! その瞳に映るは幻影か亡霊か……女優は摩天楼に黒き影を見る。――香港のとあるビルから金融コンサルタントの王青雲(ワン・チンウ)が墜落死した。時を同じくして、香港の大女優、張(チャン)シン蓮(リン)は「幽霊」を見るようになる……。彼女が見る「幽霊」の正体とは!? 「封泥」「老婆と猿」「張の幽霊」の3編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(13)
    森羅万象(すべてのこと)に謎(ミステリ)は宿る!! ――森羅(しんら)のもとにマウが持ち込んだ、一台の古いディスク型オルゴール。記録には銃撃により破損したとあるが、破損した箇所も、修復した痕跡も見当たらない! 「謎のオルゴール」の真相とは!? 「夏草」「霧の山荘」「アサド」「オルゴール」の4編収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(14)
    世界の果て(world's end)に、伝説の蝶が舞う。――全世界で8頭の標本しか確認されていないポンテンモンキチョウ。森羅(しんら)はその9頭目かと思われる写真を入手し、伝説の蝶を探すため一路、南米アルゼンチンへ飛んだ。蝶の行方を追う森羅たちだが、その行く手には凄惨な歴史の暗部が……!「ワールド・エンド」「すごろく」「花屋の娘」の3編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(15)
    きっと見つかる「あなただけ」のミステリー。森羅(しんら)の2人目の養父、スタン博士登場! ――カンボジアで盗まれた『女神像(デバター)』の行方を森羅は養父の一人、スタン博士と共に捜索する。一見、常識人に見えるスタン博士だが、やはりそこは森羅の父だけあって……!? 「アリアドネの糸」「魚釣り」「スタン」「キルト」の4編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(16)
    好奇心の白地図を塗りつぶせ!! 『ナスカの地上絵』保全運動のため、ペルーに招かれた森羅(しんら)と立樹(たつき)。だが、彼らを招いた博士は謎の墜落死を遂げた! 現場は見渡す限り無人の平野、博士はどこから落ちたのか? 事件があぶりだす、ペルーとインカ――400年の因縁!「ナスカの地上絵」「レヤック」「学校の七不思議」「クファンジャル」を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(17)
    森羅(しんら)が手渡された希書『プリニウスの博物誌』。それは30年前“ベルリンの壁”を越えようとした少年が携えていたもの。彼は警備兵に撃たれ、川に浮いているところを発見されたという。少年の身にいったい何が起きたのか? 謎を追う森羅の前に、嘘と真実が交差する! 『プリニウスの博物誌』他3編を収録。
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(18)
    香港の不動産王・周佳玲(シュウ・ガイリン)に招かれた森羅(しんら)と立樹(たつき)。手がけたビルの調度品を誂えるのに、森羅の権威を借りたいと言う。そんな時、周と確執のあった同業の大立者・郭小熊(クォック・シウフン)が殺された。確執は組織同士の抗争に発展、森羅と立樹をも巻き込んでゆく! 事件の鍵を握るのは、周家の双子・文龍(マンルン)と文鳳(マンフォン)――!!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)
    東欧の小国バルキアでおきた3万人虐殺事件。弾圧を行った独裁者スワミが逃亡先のベルギーで逮捕される。国際社会の信用回復のため、傷ついた国民の再生のため、スワミはバルキアが裁かなくてはならない! 身柄を当事国に取り戻すべくバルキアの保佐人として起った燈馬(とうま)。だが、欧州の意志を代表して対立するのは、天才児・榊森羅(さかき・しんら)だった! 1つの裁判を『Q.E.D.』『C.M.B.』で...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(20)
    森羅(しんら)に“「C」「M」「B」の指輪”を与えた“3人の父親”――レイ博士、スタン博士……そして、ついにその最後の1人・モーリス博士が登場! モーリス博士から、オランダに呼び出された森羅。しかし、当のモーリスは拘置所に拘留されており、その理由を明かそうとしない。聞けば、モーリスの事務所で預かった版画が紛失したというのだが……? モーリスの天才的な頭脳と、超然とした性格に、森羅と立樹も大...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(21)
    森羅(しんら)の天敵? それとも友達?? 人呼んで“ブラック・マーケットの魔女”――トリックよりも深い謎、マウの秘密に迫る!! ――盗難美術品のブローカーを生業とするマウ・スガールが、東京にショップを開いた。近々大きな闇取引が行われると確信した森羅は、現場を押さえてマウの尻尾をつかもうと画策するが……? 「エルフの扉」他、全4編収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(22)
    ガラパゴス諸島・イサベラ島。崖下に倒れていた地元漁師のサントを、自然保護に携わる研究員・アイリス博士が救助する。だが当のサントは「博士に突き落とされた」と主張。事件の影響で、元々利害の対立する自然保護派と漁師との間に、不穏な空気が流れ始めた。証言は、なぜ食い違うのか? 森羅(しんら)は事件の謎を追うと共に、かつてダーウィンが唱えた「自然選択説」の思考過程をも解きほぐし、一つ...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(23)
    漆喰の壁に左官職人が鏝(こて)で描いたレリーフ、鏝絵。江戸から明治にかけて盛んに描かれた鏝絵だが、漆喰壁の建物自体が減少し、ほとんど現存しない。そんな鏝絵の美を悼み、忘れ去られたある天才職人の本を、世に出そうとする美術ライター。出版の条件は、彼の生涯最高傑作「4枚目の鏝絵」を載せること。既に焼失したと言われる「幻の4枚目」、その謎を追う森羅(しんら)と立樹(たつき)だが、その...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(24)
    新探偵登場、“闇市場(ブラック・マーケット)の魔女”マウ・スガール!! ――森羅(しんら)のライバル・マウが参加したオークション。目的は、かつて降霊術に使われたいわくつきの箪笥。が、そのレセプションの最中、箪笥の中から死体が現れて――!? 『箪笥の中の幽霊』ほか、3編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(25)
    雑貨商の新人が買い付けに訪れたイタリア・フィレンツェ。そこで出会ったのは、鞄を手に入れようと交渉中の森羅(しんら)と立樹(たつき)。名人肌の老鞄職人は、手放す条件として、一つの謎を提示する。ロダンの「考える人」は、何を考えているのか――? 【収録作品】掘り出し物/バッグストーリー/その朝、8時13分/香木
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(26)
    ライオンに襲われた戦士の死に、不信を抱くマサイの族長。勇敢だったオディンガが、なぜ槍も構えず襲われていたのか? 唯一の目撃者・ハガ少年は、トラウマから供述ができない。数年前、同じく父親をライオンに殺されていたのだ。相談を受けた森羅(しんら)は、動物学者・クック博士とともに、呪医・ガンビットの元へと旅立つ。ガンビットは「辛い過去から悲しみだけを消す薬」を持っているというのだが――!?
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(27)
    世界的家電メーカーが主催する恐竜展に、脅迫メールが届いた。文面は会場の爆破予告、猶予は残り2時間半。しかし、犯人は何も要求してこない。テロか、怨恨か、愉快犯か――? 恐竜展を監修していた森羅(しんら)と立樹(たつき)が、爆破のタイムリミットに挑む! 鉄鋼王の美術コレクションから幻の屏風を見つけ出すべく、“ブラック・マーケットの魔女”マウが活躍する描き下ろし番外編「M.A.U./大入道の屏風」...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(28)
    バカ正直な公認会計士・正悟の隣にはいつも、沖縄に伝わる精霊・キジムナーがいる。言い伝えとは違い、悪い人間を絞め殺して食べてしまう正悟のキジムナーは、なぜ彼の前に姿を見せるようになったのか? 神秘の島・沖縄で、森羅と立樹が彼の思い出に迫ってゆく――。紛争停止を求めて小国の外交官が立ち上がる大スケール前後編「ホリデー」含む全3編を収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(29)
    石油王が金庫の奥に遺した、古ぼけたお守り。骨董的価値もないその小さな石の像には、タイの少年への繋がりと、「生と死」を巡る石油王の驚くべき思いが込められていた――。ひったくり事件に隠された「欲望」、殺人事件容疑者の「恐怖」、富豪が屋敷に残した「思いやり」……人間の根本をあぶり出す4つの事件を、森羅(しんら)&立樹(たつき)が鮮やかに解き明かす!!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(30)
    この巻からでも楽しめる極上の読み切りミステリ!! アラスカ・スペイン・フランス・高知――名探偵が世界を駆ける! スペインへ絵画の買い付けに出かけたマウ。しかし取引相手の男性が自身の結婚式で何者かに刺され、第一発見者のマウが逮捕されることに! 悪友(?)森羅(しんら)&立樹(たつき)が調べると、新婦の昔の恋人が浮上。しかし彼には別の場所で道化師の仕事をしていたというアリバイがあり!? 「ジョーカー」他...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(31)
    被害者/犯人は読者! 特別企画「あなたを殺します。」から生まれた2編を収録! 未解決事件を題材にした推理ゲームで、森羅(しんら)と読者が対決!<第27回探偵推理会議>/アパート内をグルグル巡る死体。真犯人は!?<動き回る死体>――以下の2編も収録! 東京近郊の村に、"地獄に通じる穴"が開いた!?<地獄穴>/事故死した日本画家の車が再び崖下に落ちてきて!?<ゴーストカー>
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(32)
    大英博物館の知の守護者・森羅(しんら)が、世界中の魅力的な"モノ"にまつわる謎に挑む! 1話読み切りでたっぷり4編収録!! 魔法が使えるとされる書物「魔道書」を探すため、マウにロンドンに呼び出された森羅と立樹(たつき)。手がかりとして残されたヒスイ製の猫の像には、ヴィクトリア朝時代の本の収集家の名前が刻まれていた。古書店を営むトマスと共に調べを進めるうち、一行はマフィアに狙われ……!?<魔道の書...
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(33)
    加藤元浩の初ミステリ小説『捕まえたもん勝ち! 七夕菊乃の捜査報告書』よりヒロイン菊乃が登場!! 秋葉原でメイドによる大捕物騒ぎ! その正体は捜査一課の新米刑事・七夕菊乃。劇団の団長が上演中に背中に矢を受けて死んだ事件を追っており、手がかりを求めて森羅博物館にやって来るが!? 「見えない射手」ほか3編収録!!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(34)
    85歳の老人が「エクアドルに魔女に会いに行く」という置き手紙と不思議な彫刻を残して姿を消した。どうやら老人は、かつて日系移民として南米に渡った時に出会った女性を訪ねて、「魔女の宝」を探しに行ったらしいのだが……? 遥か南米の地で歴史と謎が絡み合う壮大なる前後編「マリアナの幻想」ほか2編収録!!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(35)
    マウ美術商に総額8千万ドルにのぼる大量の美術品が入荷。マウはこれを、絵の盗難に遭って保険金を手にしたメキシコの富豪に売りつけることに。同時にその美術品のための保険料と倉庫料の交渉も進めるが、いずれの取引も難航。しかし事態は思わぬ方向へと急転し!? 「クリスマスのマウ」他3編収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(36)
    待望の小説第二弾『捕まえたもん勝ち!2 量子人間からの手紙』よりヒロイン菊乃が再登場!! 刑事の"勘"を身に着けるべく悪戦苦闘中の新米刑事・菊乃。その嗅覚で、アパートの大家の行方不明事件を解決できるか!? 手がかりとなる土を手に、森羅博物館の扉を叩くが‥!?(「かすみ荘事件」) 11世紀ペルシャの詩集にまつわる事件を紐解く壮大な前後編「ルバイヤートの物語」も収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(37)
    『C.M.B.』史上初の宇宙編! ミステリとサイエンスの名手・加藤元浩が「ロボット三原則」に挑む! 2075年、月軌道上にある小惑星で、たった1人しかいない作業員が何者かに撃たれて殺された。その場にいたのはロボットたちだけ。果たして彼を殺したのは誰なのか? 宇宙工学博士の森羅と、航空宇宙監査官の立樹が調査に向かうと‥‥!? 「鉱区A-11」ほか3編収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(38)
    写真家として世界を飛び回る父親から、不思議なメモと四角い物体を受け取った少年。その直後、暴漢に襲われ、森羅博物館へ逃げ込む。全てを理解した森羅と共に、アイスランドを目指すことに! その謎は、800年前の昔、北欧神話をまとめたスノッリなる人物に繋がって!? 「光の巨人(前・中・後編)」ほか1編収録!
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(39)
    「学校の勉強が必要な理由って…?」高校生・隼人の疑問に、大人はちゃんと答えてくれない。そんな中、隼人は連休の間だけ山奥に住む叔父の家に預けられることに。ある日怪しげな行動をとる叔父を追うと、何やら発掘作業をしているのを目撃する。それはどうやら何かの生物の化石のようで…!?(「パレオパラドキシア」他3編を収録)
  • C.M.B.森羅博物館の事件目録(40)
    農務省高官に裏取引の書類を渡すためブラジルを訪れていた商社マン・菱沢琢実。彼は現地で出会った少女・ソフィアのことが忘れられないと語るのだが…!? (「イパネマの娘」他3編を収録)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

C.M.B.森羅博物館の事件目録 に関連する特集・キャンペーン