加藤元浩の作品一覧

「加藤元浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:加藤元浩(カトウモトヒロ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本
  • 職業:マンガ家

『Q.E.D. 証明終了』、『ロケットマン』、『C.M.B. 森羅博物館の事件目録』などの作品を手がける。代表作『Q.E.D. 証明終了』で2009年、第33回講談社漫画賞少年部門を受賞している。同作はNHK総合系列でドラマ化されている。

作品一覧

2024/05/07更新

ユーザーレビュー

  • Q.E.D.証明終了 超合本版(1)

    推理漫画の最高峰

    運や偶然や「それ無理すぎるだろw」というような無茶苦茶や強引なトリックを排除した純粋なロジック詰めの骨太な超本格推理漫画。
    結構古い漫画だけど今読み直しても全く色褪せずに面白い。
  • Q.E.D.iff ―証明終了―(26)
     26+50巻故基本構造は割愛。
     ヒロイン可奈嬢が高校卒業後の進路に備えて活動する流れを軸に世界を舞台に事件の謎を解く流れ。
     恋愛的云々はおいておいても凄い人と付き合っていると、進路まですごいことになってしまうのだなぁと。
     元々凄かった主人公は普通だが、元々普通の学力だったヒロインなわけで、一...続きを読む
  • ないない堂 ~タヌキ和尚の禍事帖~(2)
     2巻目ではあるが、著者の作品群の流れを汲んだミステリ譚。
     ただいつも(?)と違い、天才級の探偵役と助手というより、二人とも助手で二人とも探偵役な所が面白い。
     コンビとしてちょうどいい塩梅。
     物語に妖怪や呪物的なものが混じる特徴も面白く、従来の流れのようでいて、まったく新しいスタイルでもあり。...続きを読む
  • ないない堂 ~タヌキ和尚の禍事帖~(2)

    現代の妖怪

    やはり流石だ。この巻の2話とも読み応えのある内容だった。事件は現在に起こっているが、妖怪より人間の方がよっぽど怖い。各話で紹介される妖怪の説明も私は好きだ。今回、タヌキ和尚の大学時代の友人が登場し、彼女との比較において、和尚の人間性が見えてきた。3巻も楽しみだ。
  • Q.E.D.iff ―証明終了―(26)

    今回も読み応えのある内容

    今回も読み応えのある2作品だった。
    最後まで事件の真相がわからないワクワクと内容の深さ、心地よく読者を騙すミスリードにおいてはさすがだ。
    可奈ちゃんがどんどん進路に向けて進んでいっているのは、嬉しいのだけど、ファンとしては時間を止めて、ずっとこの2人を見ていたいので、少し複雑な気持ちだ。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!