覇剣の皇姫アルティーナI

覇剣の皇姫アルティーナI

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

剣も弓も苦手で、本ばかり読んでいる落ちこぼれ軍人のレジス。左遷された辺境で、彼は運命を変える少女と出会う。赤い髪、紅い瞳を持ち、覇者の大剣を携えた皇姫アルティーナ。落胤が故に、十四歳にもかかわらず、辺境軍の司令に任じられていたが、彼女は己の境遇を嘆くことなく、とある大望を抱いていた。「あなたを信じるわ」少女から軍師として求められたレジスは共に困難へと立ち向かっていく。覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織りなす覇道戦記ファンタジー。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ファミ通文庫
電子版発売日
2013年03月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

書店員のおすすめ

戦闘にはまるで向いてない落ちこぼれた軍人、それが主人公、レジス。そんなレジスが士官学校で唯一得意だったものは、生きがいの読書で得た知識を活かした軍略。その知識を見込まれたレジス、紆余曲折を経て辺境連隊に呼ばれ…。
そんな、ある意味では主人公らしくない一面を見せる彼が活躍していく戦記物がこの覇剣の皇姫アルティーナです。
この物語の面白さの一つは爽快な勝ち方!戦術書から仕入れるだけではなく、ときには空想の物語から裏に隠れる戦術を見いだし、真正面から立ち向かうのではなく勝利をもぎ取っていく軍師としてのレジスは圧巻。レジスを呼んだ辺境連隊の司令官やお付のメイドからの熱視線にも納得です。
むらさきゆきやさんの繋がりの良い物語の進み方も相まって読み進めるのが楽しくなってくるこの作品。ぜひ楽しんでください!

    Posted by ブクログ 2012年11月09日

    アルティーナがレジスの口走った事を真に受けて暴走する構図だが、
    会話と反応にある程度の時間的な間が空いていることで、アルティーナ側の信頼だとか真剣さが出ていて実に良いと思う。
    そのあたりも含め会話は非常に良かった。
    レジスの返しが秀逸で、メイドの求婚に対する返しとかすごい好き。

    軍隊描写とか文化も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最高です!!

    とぉる 2017年12月13日

    最新刊まで読んでます。本当に面白い!最高です!!ここまで面白い戦記ものは読んだことがありません。過去最高の面白さです。徹底した背景の描写と、魔法や不可思議現象に頼らない戦闘や時代背景の在り方。中二病に飽き飽きしてる人は必見です。これを読まずして戦記ものは語れません!まずは1巻!それだけでこの物語の価...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月26日

    武芸が苦手な軍人レジスが左遷させられた辺境の地で皇姫アルティーナと出会い困難へ立ち向かっていくファンタジーラノベ。

    キャラと世界観はいいですね!
    本職が苦手な男とそれに気に入られる女の組み合わせは結構多いので少しバランスが悪いと面白くなくなりますが、このラノベはそのあたりはいいですね。
    全体の評価...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月25日

    なかなかに良いファンタジー。
    異能バトルとか、ど派手な演出はないですが、主人公とヒロインの二人を中心に進めるので、難しい設定や世界観が出ることもなく、さらさらと読めて楽しかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    ベタだけど楽しく読めた。アルティーナは正統派ヒロイン。対するレジスは正統派文化系男子(ただし頭は切れる) 実際の戦いになって二人がどう動くのかが楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月07日

    キャラクターや世界観の設定は☆4〜☆5。
    新しい訳ではないかもしれないけれど、姫様、文官、将軍、メイド……みんなキャラが立っていて魅力的。世界観も魔法とかの無い中世ファンタジーで落ち着いた感じ。軍師キャラに活躍が見せられそう。

    キャラクターの会話は面白いけれど、動き(特に戦闘)に、もっとワクワクし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    文章はライトノベルらしくよわよわとよりなくおぼつかないが
    すでに先行の作品が多くあるだけに一応体裁は保っている
    キャラクタに嫌味がないのは良い感触なので
    ファンタジー色も火器もなさそうな設定に
    どの程度独自性保てるか期待したい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    最近注目のファンタジー物のひとつだそうで、
    読書オタクの文官軍師君が主人公と聞いて
    興味を惹かれて買ってみました。

    結論から言いまして、
    さくっと読み終わっちゃうくらい面白かった。
    だけどさくっと読み終わっちゃうくらい軽かったかな?

    とくに設定とかに不満は無いですし、
    キャラもそれなりに立ってま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月10日

     版元の営業さんに勧められて購読。
    「売れているらしい」「元村好みの正統派『剣と魔法』」と言うことで期待して読んでみたんだけど――普通すぎる。
     普通に「良い」
     それ以上でも以下でもない。
     特に目立った事件が起きたわけでも、驚くような設定や仕掛けがあるわけでもない。
     キャラクターからストーリー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月10日

    評価:☆4

    覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー。

    最近人気の戦記モノですね。
    主人公が戦略担当ってところでどうしてもアルデラミン思い出しちゃうw
    ただちょっと濃厚さが足りないというか…主人公であるレジスもそこまで才能感じない。
    本人も自信ないって言ってるけど、そんな一目置か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 14件
  • 覇剣の皇姫アルティーナI
    剣も弓も苦手で、本ばかり読んでいる落ちこぼれ軍人のレジス。左遷された辺境で、彼は運命を変える少女と出会う。赤い髪、紅い瞳を持ち、覇者の大剣を携えた皇姫アルティーナ。落胤が故に、十四歳にもかかわらず、辺境軍の司令に任じられていたが、彼女は己の境遇を嘆くことなく、とある大望を抱いていた。「あなたを信じるわ」少女から軍師として求められたレジスは共に困難へと立ち向かっていく。覇剣の...
  • 覇剣の皇姫アルティーナII
    黒騎士ジェロームとの決闘を経て、兵達の信頼を得た皇姫アルティーナ。ところが、安息も束の間、蛮族が侵攻してくる。皇姫軍は軍師レジスの采配で勝利するも、その情報を掴んだ兄皇子より、ヴァーデン大公国有する難攻不落の要塞を攻略せよ、との命令が下る。皇姫軍の弱体化を狙った無理難題だが、従わねば反逆者にされてしまう。しかし、レジスは言う、無数の砲台への対抗策があると。覇剣の皇姫と、読書...
  • 覇剣の皇姫アルティーナIII
    難攻不落の敵要塞を見事に制圧したアルティーナ。その直後、一通の書状が届く。それは第二皇子ラトレイユから建国記念祭に出るようにとの要請だった。宮廷には軍権を握るラトレイユ、その参謀ジェルマン、第一皇子オーギュスト、地方貴族を束ねる公爵家の女傑など、幾つもの勢力が待ち構えていた。皇帝が姿を見せるパーティ会場で各陣営の策謀が交錯する中、軍師レジスは後手を踏んでしまうが――!? 覇剣の...
  • 覇剣の皇姫アルティーナIV
    帝都での戦いはレジスの策によってアルティーナ陣営に軍配が上がった。無事に帰還し、一息ついたアルティーナ達だったが、その時ベルガリア帝国は他国の侵略を受けんとしていた。後にレジスの宿敵となる軍師オズワルド率いるハイブリタニアの蒸気船団、そしてヴァーデン大公国の軍勢が奇襲を仕掛けてきたのだ。この開戦には留学中のベルガリア帝国第三皇子バスティアンが関わっており――。覇剣の皇姫と、読...
  • 覇剣の皇姫アルティーナV
    参謀オズワルド率いるハイブリタニア軍が、ベルガリア本土への侵攻を開始した。劣勢の帝国軍の援護に向かいたいアルティーナ達だったが、時同じくしてヴァーデン大公国が要塞へ襲撃を仕掛けてくる。レジスが一夜にして撃退する策を提案するも、アルティーナは宝剣を折られ、味方に負傷者が出てしまった。彼らは帝国を護ることができるのか!? そして、明かされるレジスの過去とは――。覇剣の皇姫と、読書狂...
  • 覇剣の皇姫アルティーナVI
    ベルガリア帝国第七軍はハイブリタニア軍の新兵器の前に為す術なく敗北。救援に駆けつけた軍師レジスの采配によって全滅は免れるも、依然として帝国は窮地にあった。海路からの補給を断つ他に、侵攻を食い止める方法はないが、帝国海軍もまた新式の蒸気船に苦戦を強いられていた。アルティーナ達は海の奪還を決意し、港町を目指す。帆船しか持たない帝国海軍に逆転の手はあるのか!? 覇剣の皇姫と、読書狂...
  • 覇剣の皇姫アルティーナVII 電子DX版
    提督代理を任されたレジスの指揮により、ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない……しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。果たして、戦争の結末やいかに!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年...
  • 覇剣の皇姫アルティーナVIII
    皇帝の死後、第二皇子ラトレイユの即位が確実となり、失意に打ちひしがれるアルティーナ。さらには、帝都からの出頭命令でレジスが彼女の下から引き離されることに! だが、レジスは「戦争をなくしたい」というアルティーナの願いを諦めてはいなかった。皇帝の死を不審に思う彼はラトレイユの真意、そして彼の皇帝としての資質を見極めるため、たった一人で帝都へ赴く決意をする――。覇剣の皇姫と読書狂の青...
  • 覇剣の皇姫アルティーナIX
    帝都への招聘に応じたレジスは第二皇子ラトレイユの軍師として、ハイブリタニア軍の追撃戦へと挑む。一方で、レジスの帰りを待つアルティーナは彼の言葉を信じ、戦力を蓄えるのだった。そして、友の遺志を継いだ第三皇子バスティアンもついに祖国ベルガリアへと戻り、国を変えるため立ち上がろうとしていた。三人の皇子皇女はそれぞれの理想を抱き、信じる道へと一歩を踏み出す――。覇剣の皇姫と読書狂の青...
  • 覇剣の皇姫アルティーナX
    ハイブリタニアとランゴバルトの連合軍に城塞都市グレボヴァールは占領されてしまう。第二皇子ラトレイユに求められたレジスは帝国第一軍の軍師として、都市奪回作戦に参加することに。レジスの作戦により、グレボヴァール市内への潜入に成功したヴァレイズ三等武官は少女フェルの協力を得て、捕虜となった市民たちの代表者と会うために行動を開始するのだった。ハイブリタニア編ついに決着!? 覇剣の皇姫...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「覇剣の皇姫アルティーナ」に関連する特集・キャンペーン