三浦綾子 電子全集 積木の箱(上)

三浦綾子 電子全集 積木の箱(上)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

親と子、教師と生徒の絆を深く描く問題作。

旭川の私立中学校に赴任した教師の杉浦悠二は、生徒のひとり、佐々林一郎の暗い表情が気になっていた。じつは一郎は、実業家の父を持つ裕福な家の息子であったが、姉だと信じていた奈美恵が父・豪一の愛人だったことを知って以来、すさんでいたのだった。悠二は一郎の力になりたいと何かと尽力するが、一郎は全く心を開かない。それどころかますますすさんでいくのだった。

1968年(昭和43年)、1975年(昭和50年)に2度、テレビドラマ化された、昭和を代表する名作!

「三浦綾子電子全集」付録として、新聞連載にあたっての文章(単行本未収録コラム)を収録!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
三浦綾子 電子全集
ページ数
333ページ
電子版発売日
2012年11月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

三浦綾子 電子全集 積木の箱(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    三浦綾子さんは塩狩峠を中1で読んで以来。
    杉浦先生の温かさ。
    これは塩狩峠のあの人を彷彿させた。こんな人になりたいです。私。

    一郎の思春期に迎えた受け入れがたい家庭の事情。和夫の素直さ。久代の抱える過去。いまも癒えない傷。トキの隠したい現実と世間の目を恐れる虚栄心。

    大人になることが酷なことだと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月18日

    何というか良い人すぎる先生とお金持ちひねくれ者の話。先生が心配する気持ちが高校生にとっては、うざったくもあり理解されないと思う。当事者の心理とはそういうもので、心を閉ざしてしまうとそれ以上は入り込めなくなってしまうものなのだろう。昔の自分のことを考えるとわかるような、わからないような。

    三浦綾子さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月04日

    終戦後の昭和の香りが大いに漂う設定。女生徒は恥らいがあり、態度だけでも教師を敬う面を見せる。アカの思想が話題になったり、付け届けを生徒の父兄から平気でもらったり。2016.5.4

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    めずらしく明らかなキリスト教の信仰が描かれていない話。
    杉浦先生の純粋で真摯な心が、一郎を悩ませている様子が印象的。
    限りなく純粋な和夫ちゃんが天使、純粋で真摯な杉浦先生が牧師、本能を押さえることができず、意志の弱い一郎がわたしたち、みたいな感じで、どこかキリスト教を感じました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月16日

    中学生のころ、土曜日の夜に夜更かししていたらテレビ大阪でふるーい映画が放映されていました。その後高校生になって三浦綾子さんの著作をいろいろ読んでいたらあの時観ていた映画の原作を発見!さっそく読みました。そして、最近「氷点」をきっかけに再び読んでみました。

    この作品は北海道ではかなり名の売れた実業家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月09日

    自分の家に母親と愛人が同居しているという境遇で、中学三年になるまで愛人をお姉さんと思っていた男の子が、それに気づいたことから色々な事件がおこる。教師と生徒のすれ違いを描く。
    著者の作品としては、思想的な完成度はあまり高くないかな。
    全2巻

    このレビューは参考になりましたか?

三浦綾子 電子全集 積木の箱 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 三浦綾子 電子全集 積木の箱(上)
    親と子、教師と生徒の絆を深く描く問題作。 旭川の私立中学校に赴任した教師の杉浦悠二は、生徒のひとり、佐々林一郎の暗い表情が気になっていた。じつは一郎は、実業家の父を持つ裕福な家の息子であったが、姉だと信じていた奈美恵が父・豪一の愛人だったことを知って以来、すさんでいたのだった。悠二は一郎の力になりたいと何かと尽力するが、一郎は全く心を開かない。それどころかますますすさんでい...
  • 三浦綾子 電子全集 積木の箱(下)
    親と子、教師と生徒の絆を深く描く問題作。 傷つき、心を閉ざした一郎だったが、唯一、雑貨店を営む久代とその幼い息子・和夫にだけは素直になれた。しかし、その久代もまた父・豪一の被害者であると知った一郎は、絶望する。そして、教師・杉浦悠二の当直の日、学校に放火することを決意した・・・!! 1968年(昭和43年)、1975年(昭和50年)に2度、テレビドラマ化された、昭和を代表する名作! 「三浦綾...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています