プロの課題設定力 問題解決力より重要なビジネスリーダーのスキル

プロの課題設定力 問題解決力より重要なビジネスリーダーのスキル

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

良い答えを生むには良い課題が必要だ。課題をうまく設定できれば仕事は9割成功したと言える。コンサルタントを育成するプロが、期待を超える仕事をするための課題設定の方法を伝授する。【主な内容】第1章 なぜ今、課題設定力が求められるのか?/第2章 課題設定の精度を上げる3つの「視方」/第3章 インプット──情報収集と現状分析/第4章 プロセス──課題の組み立て/第5章 アウトプット──課題として出力する

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
東洋経済新報社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年11月09日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB

プロの課題設定力 問題解決力より重要なビジネスリーダーのスキル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    『現状をあるべき姿に持って行く為の考え方と手段が学べる1冊』です

    そもそも「問題」と「課題」の区別が出来ていない自分にはもってこいの本でした

    何に対しても疑問を持ち、あるべき姿と現状を把握して「現状からあるべき姿に行く為のその道を阻む問題は何?」の問題を発見しその問題を解決する為の打ち手である「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月10日

    リテラルシンキングという言葉をこの本で初めて知った。
    左脳を使うロジカルシンキングと、右脳を使うリテラルシンキングをうまく組み合わせて使いましょう!という話。
    すごく参考になる本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月06日

    非常によくわかる、整理された良著

    ラテラルシンキング、クリティカルシンキングの2軸で分けてしまうのも、具体的でよかった。

    同時期に読んだ論点思考を、より実践的にした印象

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「問題解決」ではなく「課題設定」の力が求められている!

    期待を上回る成果であれば評価される。
    そんな時代に求められる能力は問題解決だけでなく
    課題設定の能力が必要。

    その課題設定能力について
    順序良く手法を紹介してくれる本。
    コンサルタントだけでなく通常仕事を行う上で
    とっても使えそうなフレーム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    上司に勧められて。

    【ザッと内容】
    ビジネスにおいて課題設定力を高める重要性と課題設定力を高めるための考え方やフレームワークを1000人にコンサルタントの指導経験があるプロが解説した一冊。

    【こんな人にオススメ】
    ・大小関わらずプロジェクトリーダー
    ・問題と課題の違いが即答できない人

    【感想】...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    「問題を解く前にそもそも課題が解くべき課題なのか?」を考えることができる能力が求められている中、その課題を設定するために必要なプロセスや考え方をわかりやすく説明する一冊。

    本書は教科書的な役割ではなく、あくまでハンドブック的な簡素さではあるが、出てくるチャートやプロセスや章立てなどの論理構成はさす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月21日

    課題設定に着目した本。課題設定力は問題解決力の上流家庭にあたる能力で、イメージ的には課題設定力×問題解決力=成果と理解した。いかに良い課題・本質的な課題をアクションにつながる形で設定できるかが成果に大きく影響する。
    よい課題を理解するポイントとしては、視野・視座・視点の3つかがあげられる。視野は空間...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    「期待を越える」相手が望んでいるレベルよりも上を狙う。言われていない期待を明確にする。期待通りではだめ。

    「視座を2つあげる」上司の視点は、またその上の視点は何か?を想像する。

    「フレームワークを身につける」型を知っておくと最低限、既存の予測ができる。ただしこれだけではありきたりな答えになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月16日

    ある問題をどう解決するかの「アプローチ方法」も当然重要だが、そもそもの「問題設定の仕方」が正しくないと、仕事の質はあがらない。様々な問題の中で「あるべき姿と現状とのギャップを埋めるモノ」こそが『真の問題=課題』である。この正しい課題設定の一連の流れが、非常にわかりやすく整理された本。

    以下、参考に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月06日

    問題を解決するよりも、そもそもその問題とは何か?
    何が問題であるのか、その問題(課題)を発見する為の方法を記載した本だと思う。

    正しい課題を設定する為に、必要視座というのは、
    他の著者でも書かれている。

    著者同士に共通するのはコンサルティング会社出身ということ。
    重要なキーワードになりそうだ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています