外資系コンサル流・「残業だらけ職場」の劇的改善術 「個人の働き方」も「組織の体質」も変わる7つのポイント

外資系コンサル流・「残業だらけ職場」の劇的改善術 「個人の働き方」も「組織の体質」も変わる7つのポイント

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

著者が長年身を置いていた外資系コンサルの世界では、「残業が多い人=生産性が低いできない人」「部下に残業をさせているマネジャー=無能なマネジャー」というマイナス評価を下される。そのため、個人も組織も生産性向上に徹底的にこだわっているという。著者は、数多くの日本企業で、業務効率改善プロジェクトを手がけ、その生産性を飛躍的に向上させてきた実績を持つ。そこで本書では、「残業はできない(させられない)。でも仕事量は減らない……」という悩める日本企業のビジネスパーソンに向けて、「外資系コンサル流・生産性向上メソッド」を指南。 【本書「はじめに」より抜粋】コンサルタントとして、私は多くの日本企業の業務改善、効率化プロジェクトに関わってきました。業界も職種も多岐に渡ります。クライアント企業のみなさんが一様に口にするのが「仕事ってこんなに早く終わるんですね」「なんだ、こうやれば効率化できるのか」といった驚きです。本書で提案する働き方は、カルチャーが違うから日本企業に移植できないというものではありません。私のコンサルタントとしての経験がエビデンスです。 【本書の構成】●劇的改善ポイント1 長時間マインド──「成果」ではなく、「生産性」で評価される時代に ●劇的改善ポイント2 無駄な業務──次々と降ってくる仕事を、どう「引き算」するか? ●劇的改善ポイント3 仕事の受け渡し──「手戻り」の発生を、最小限におさえるには? ●劇的改善ポイント4 不毛な会議──「でも、どうにもならない」とあきらめる前に ●劇的改善ポイント5 過剰品質な資料──いかに無駄を省き、適正品質で完成させるか? ●劇的改善ポイント6 回らないPDCA──「問題解決=ゴール」に最短最速で辿りつく秘訣 ●劇的改善ポイント7 ギスギス職場──「制約社員」がいても不公平感を生まない工夫

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年10月06日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

外資系コンサル流・「残業だらけ職場」の劇的改善術 「個人の働き方」も「組織の体質」も変わる7つのポイント のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月12日

    個人でも使えるノウハウがたくさんあった。
    ましてや少人数でも部下を持つリーダーには示唆に富んでいると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    時間を費やすのが良いアウトプット生み、良い仕事に繋がるとの固定観念の打破を皮切りにとても刺激的に始まります。
    無駄な業務は無いかと問いかけ、仕事を進める為のフレームワークとコミュニケーションの在り方を説きます。
    会議の効率化、資料を作らないあるいはシンプル化、仮説思考で早く回すPDCA、制約社員の条...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    本書はコロナ前の在宅勤務がマイナーな時代の本。
    しかし現在では在宅勤務が主流になり、よりコミュニケーションは難しく、家にいるからこそ色んな会議にどんどんアサインされて残業が増えている。
    そんな働き方の変わった今にも適用できる内容。

    また、仕事効率化系の本で必ず出てくる整理整頓。
    今回も最後に登場。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月03日

    今月の1冊目。今年の3冊目

    この手の本は巷にあふれていて、どれも似たり寄ったりだと思います。私が読んだ中では、少しは現場目線のことも書いてありますが、やはり現場からの目線が少ないかなと思います。紹介されているケースの会社がいったいどういう感じなのか伝わってこないので、結局は色々やって解決しました、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング