十六夜橋

十六夜橋

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

不知火(しらぬい)の海辺に暮らす土木事業家の主と彼をとりまく三代の女たち。遊女、石工、船頭……人びとがあやなし紡ぎ出す物語は、うつつとまぼろし、生と死、そして恋の道行き――。第三回紫式部文学賞受賞作品。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    辺見庸による解説「あらゆる評言を許す。けれども、いかなる評言も当てはまりはしない」という言及が、奇しくも私の感想でもある。
    同じ母国語をもつ作者と読者、という紐帯がはらむ濃厚な血の絡み合いを感じ取る、そんな読書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月04日

    不知火に生きる人々の人間模様。
    旧家の女たちの因習、奉公勤めの少年の目に映る新しい世界、売られた少女の願掛け、主の娘達を見守り続ける重鎮の老人の想い。
    文章が美しく、人々の人間模様が織物のように重なり合います。
    神に供える姫人形と老人形師の物語や、想い人と心中した令嬢、神への踊りに励む青年など小さな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています