横溝正史集 面影双紙 ―怪奇探偵小説傑作選2

横溝正史集 面影双紙 ―怪奇探偵小説傑作選2

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

恐しくも美しい怪事件の数々――。蔵の中に隠された秘密、美少年が彩る妖しき世界、人形を愛する女、貴婦人の化粧台に棲むもの、名家にまつわる血ぬられた過去……。横溝正史の膨大な作品のなかから、怪奇探偵小説の名にふさわしい傑作を厳選! 怪異・倒錯・耽美・官能にあふれる横溝ワールドをお楽しみください。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2018年04月11日

    怪奇、幻想、耽美という感じで私の好みドンピシャだし文章も読みやすくて面白かった。
    金田一耕助シリーズを書く前にこういったものも書いていたというのは知らなかったので、読めてよかった。

    『面影双紙』『蔵の中』『双生児』が特に好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年04月16日

    漢字遣いがいまとは大分違うので、さっと文章に目を通した時やたらと漢字が多く、とっつき難い印象を受けます。
    だから読むまでは少し躊躇してしまうのだけれど、五行、六行でも読んでしまえばもう横溝正史の世界にどっぷりとひきこまれ、どうなるのだと頁をめくってしまう。
    こういった小説のジャンルはどう分けられるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「横溝正史集 面影双紙 ―怪奇探偵小説傑作選2」に関連する特集・キャンペーン