侵略か、解放か!? 世界は「太平洋戦争」とどう向き合ったか

侵略か、解放か!? 世界は「太平洋戦争」とどう向き合ったか

作者名 :
通常価格 1,361円 (1,238円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

五大国からインド、タイ、モンゴル、蘭印まで、多くの国が関係した太平洋戦争。各国はそれぞれ異なる事情の下、この戦争をどう捉え、どう対処し、どう利用したのか?彼らの視点から見ることで、単に「侵略」「解放」とは言い切れない、あの戦争の実態に迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
学研
ページ数
296ページ
電子版発売日
2012年10月19日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

侵略か、解放か!? 世界は「太平洋戦争」とどう向き合ったか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月08日

    当時の各国の考え方が、客観的に外観されており、世界全体の流れを理解することができた。
    連合国だけでなく、当時の植民地であったアジア諸国や、その宗主国のフランス、オランダあたりの対応が興味深い。
    当時の日本が、国内世論重視で戦争に走ったのと対照的に、各国が日本の敗戦を利用して新秩序を作り出してきた、現...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月03日

    タイトル通りの日本以外の国がどういう政策をとっていたのかという視点で書かれた本。植民地がどういう動きで独立に動いたのか良くまとめてあってよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

    太平洋戦争に係る東南アジアにおける日本の軍政は、戦時はもちろん終戦後も民族間の対立、国家の分裂、凄まじいインフレなど様々な形で其処に住む人々を苦しめたのだということが解った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています