破妖の剣 外伝5 魂が、引きよせる

破妖の剣 外伝5 魂が、引きよせる

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

リーヴィは苛立っていた。兄ソルヴァンセスと佳瑠の命懸けの恋。三年前のあの事件以来、カラヴィス次期大公絡みの思惑を孕んだ求婚が引きもきらないのである。彩糸の惜しみない愛情さえ彼女を抑えられない。自ずとリーヴィの思いはラス、そして邪羅へと馳せる。時を同じくして異常事態が頻発していた。五人の魅縛師が忽然と姿を消したのである。敵の力量からして対抗しうる者は限られていた。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年03月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

破妖の剣 外伝5 魂が、引きよせる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    またしても2話…。表題『魂が、引きよせる』はリーヴシェラン、メイン。見所は紫紺の妖主のヘタレぶり(笑)。
    『いびつな螺子』はラスと女装…ではなくて赤女。闇主の嫉妬と優しさが垣間見れ、懐かしの名前も出てきたり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    破妖の剣外伝5巻。
    リーヴィ主体の「魂が、引きよせる」と、ラス主体の「いびつな螺子」の2本。
    「魂が、引きよせる」は相変わらず元気・強気・勝気で強い意志を持つリーヴィが愛らしく、邪羅と藍絲のかけあいにくすりとします。
    (妖主なのに、だんだんと藍絲の性格がおかしくなってきてるような…。)
    その他セスラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    リーヴィは苛立っていた。兄ソルヴァンセスと佳瑠の命懸けの恋。三年前のある事件以来、カラヴィス次期大公絡みの思惑を孕んだ求婚が引きもきらないのである。彩糸の惜しみない愛情さえ彼女を抑えられない。自ずとリーヴィの思いはラス、そして邪羅へと馳せる。時を同じくして異常事態が頻発していた。五人の魅縛師が忽然と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年06月11日

    ◆魂が引き寄せる

    リーヴィ魅縛師として最強のカードを手に入れるの巻。
    紫紺の君がなんていうか……。


    ◆いびつな螺子
    アンシュ登場。内梨との話をもっと聞きたかったな。
    なんだかんだいって、情が深いというか闇主とラスは似てるんじゃないかなって思った話。

    このレビューは参考になりましたか?

破妖の剣 外伝 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 破妖の剣 外伝1 女妖の街
    人間を苦しめる邪悪な魔性たちを倒すことのできる剣、それが破妖刀だ。なかでも「紅蓮姫(ぐれんき)」と銘の入ったそれは、自らの意志で自分を携える剣士を選ぶ伝説の名剣だった!! 少女剣士ラエスリールが紅蓮姫とともに活躍する「女妖の街」、捕縛師シャイレンの一代記を描く「捕縛の瞳」、紅蓮姫誕生の秘話「破妖の剣」の3編を収録した人気ファンタジー<破妖の剣>シリーズ、初の外伝。
  • 破妖の剣 外伝2 ささやきの行方
    破妖剣士の少女・ラエスリールのもとに親友サティンが魔性に捕らわれたという知らせ。修複中の破妖刀「紅蓮姫(ぐれんき)」のかわりに朱金の鎖の封魔具をたずさえ、ラスは護り手の少年・邪羅とともに彼女の救出に向かう。だがそこに、ラスに一目ぼれしたという皇子が現れて…。表題作と、ラスと闇主(あんしゅ)が切ない恋の行方に一役買う「魂の糸」を収録した、人気シリーズ<破妖の剣>の書き下ろし外伝!
  • 破妖の剣 外伝3 忘れえぬ夏
    大きすぎる悲しみが故に、周囲との関わりを拒絶する少女――ラエスリール。その頑さが浮城という組織の中での彼女の存在を、許さざるものにしつつあった。そんなラスの心を癒すべく、セスランとサティンは温泉町の外れにある山荘を訪れる。だが、そこには彼らの訪問を快く思わない妖貴・梛薙(なち)が邪な罠を用意していた。ラエスリール十三歳の夏。三人の心の葛藤を描いた表題作ほか一編収録。
  • 破妖の剣 外伝4 時の螺旋
    他人に比べて異常に魔性邂逅率の高い身の上の少女シェンツァ・リーウェンは理由もわからずどこかも分からない空間にいつの間にか迷いこんでいた。ここには、いつも一緒にいて頼りになる幼なじみの少年ラウシャンもいない。途方に暮れる彼女の前に、黒い髪・青い瞳・黒い装束の美しい青年が現れた。魔性にも思えるその青年は、大切な誰かを探しているのだと言った。表題作ほか一編収録。
  • 破妖の剣 外伝5 魂が、引きよせる
    リーヴィは苛立っていた。兄ソルヴァンセスと佳瑠の命懸けの恋。三年前のあの事件以来、カラヴィス次期大公絡みの思惑を孕んだ求婚が引きもきらないのである。彩糸の惜しみない愛情さえ彼女を抑えられない。自ずとリーヴィの思いはラス、そして邪羅へと馳せる。時を同じくして異常事態が頻発していた。五人の魅縛師が忽然と姿を消したのである。敵の力量からして対抗しうる者は限られていた。
  • 破妖の剣 外伝6 呼ぶ声が聞こえる
    艶やかな金褐色の髪が美しい写磨の欲しいものは、魔性の世界にあって力を持つといわれる漆黒の髪。そして、黒い双眸。黒い髪に黒い瞳は絶対にして無二の妖貴の証。焦がれる写磨の脳裏に声が聞こえる。声の主に従えば、強い力を従えることができると直観的に感じて…。一方、サティンは<黒髪>の護り手・鎖縛とともに、黒髪の娘ばかりが行方知れずになる事件を解決すべく浮城を発った。
  • 破妖の剣 外伝 紅琥珀
    浮城を追われ、ラスと闇主(あんしゅ)が逃亡生活を送っていたころ……怪我をした女戦士と子供を連れたラスが辿り着いたアルバワヌの里。そこには、異形を仮面で隠した人々が暮らしていた。彼らの肌には「紅琥珀」(こうこはく)と呼ばれる石が埋まっていて…。この件に魔性が関わっていると察したラスは里を救うべく奮闘するが…!? 表題作「紅琥珀」ほか、「縁魔の娘と黒い犬」「鏡の森」が収録された珠玉の...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています