黄昏流星群(1)

黄昏流星群(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

52歳の盛本芳春は、入社以来、30年間わき目もふらず仕事に励み、現在は銀行支店長の座にいる。会社人間で、本社への復帰を夢見ていたが、ある日系列会社への出向を打診され、呆然。自分の人生に疑問を感じて、ヤケ気味にスイス・マッターホルンへの旅行を決意。そこで優雅で上品な妙齢の日本人女性、誠子と知り合う。ホテルのレストランで食事の後、部屋で飲み直すことになるが、連絡先も本名も知らないまま、気まずく別れるはめに。彼女への恋心を抑えきれず、苦悩の日々を過ごしていたある日、意外な場所で再会を果たす。ふたりの恋心は一気に燃え上がるが、そこには障害も少なくなかった。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックオリジナル
電子版発売日
2012年10月12日
紙の本の発売
1996年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB
  • ドラマ化

    「黄昏流星群」

    2018年10月11日~ フジ系
    出演:佐々木蔵之介、黒木瞳、中山美穂

新刊オート購入

黄昏流星群(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    黄昏流星群1巻

    (匿名) 2020年03月28日

     何といっても見るたびにワクワクします。第1巻目の銀行の支店長と調理場に勤務の女性がスイスのアルプスで出会い、恋に落ちていく流れが非常にいいと思います。私も老いらくのこのような恋にあこがれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    良かったです。

    コスの妻 2018年09月08日

    自分も46歳なので共感する部分もあるし、全部の話がスッキリ終わっているのでモヤモヤしなくて良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    このような出会いに憧れます。

    あさ吉 2018年09月06日

    このレビューは参考になりましたか?

    素晴らしくも考えさせられます

    suposyoupapa 2017年05月01日

    リアルなエロチシズムの中にも老いの悲哀などをちりばめられていて とても興味深く拝読できましたm(_ _)m

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月18日

    既に41巻まで単行本化されているコミックの第1巻
    当時、これは人気が出る漫画になるんだろうなぁ~
    と思ったのを覚えている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月04日

    今話題になってるドラマの第1巻。このクールは「今日から俺は!」も含めて過去の作品(しかも90年代)を原作にしたドラマが多いな、このヒットを受けてまた他にもやりそうな気がする。昔のトレンディドラマのリバイバルとか面白そうやけど。「パパはニューキャスター」とか「教師びんびん物語」とか「お金がない」とか。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    初期

    くちょん 2017年10月21日

    初期の黄昏流星群は、長編だったのだー

    しかし、よく続くなぁ~

    凄い!弘兼さん。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    各巻ごと読み切りの中高年恋愛群像劇漫画。男女が不倫関係になるまで、また、なってからの営み、葛藤、裏切り方までもリアルを感じる。
    ちなみ、営み中の互いの身体のラインだったり、それをあまり見られたくないが故の「電気は消して」発言だったりが本当、妙にリアル…中高年、だもんね。
    2巻だか3巻だかに登場するお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月04日

    「中年期から老年期の恋」という話に、私は惹かれやすい傾向。「マディソングン症候群」か。黄昏流星群は、現在の41巻まで私を満足させてくれます。特に1巻が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月18日

    「人間交差点」もそうだけど、
    人生の一幕を切り取るおはなしが上手いなあと思う。
    ただ最近のおはなしはひどいです。

    このレビューは参考になりましたか?

黄昏流星群 のシリーズ作品 1~62巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~62件目 / 62件
  • 黄昏流星群(1)
    605円(税込)
    52歳の盛本芳春は、入社以来、30年間わき目もふらず仕事に励み、現在は銀行支店長の座にいる。会社人間で、本社への復帰を夢見ていたが、ある日系列会社への出向を打診され、呆然。自分の人生に疑問を感じて、ヤケ気味にスイス・マッターホルンへの旅行を決意。そこで優雅で上品な妙齢の日本人女性、誠子と知り合う。ホテルのレストランで食事の後、部屋で飲み直すことになるが、連絡先も本名も知らないま...
  • 黄昏流星群(2)
    605円(税込)
    群馬県の市立博物館に学芸員として勤務する国分みゆきは、仕事上の必要から、本を探しにやってきた神田古書街で、現在はリタイアした73歳の建築家、北村修一と知り合う。友達のアパートに泊まるつもりだったが、都合が悪いと断わられ、やむなく鎌倉にある北村の家に一泊。その後、鎌倉で一緒に食事をしたりと、みゆきは同年代の男性にはない魅力を北村に感じはじめていた。だが北村の家で飲み過ぎて膝枕で...
  • 黄昏流星群(3)
    605円(税込)
    第1話…徳田の店に20代のころから大ファンだった渚エリカが、偶然にラーメンを食べにきた。以来、何度も店を訪れ、彼女のアイデアから「渚ラーメン」という人気商品も生まれた。しかも酒のうえのこととはいえ、一度だけ体の関係も……。エリカのためならなんでもでする決心を固めた徳田は、彼女が犯してしまった殺人の罪をかぶり服役する。出所後、徳田は行方不明のエリカを捜し出すが、彼女はすでに老人性の...
  • 黄昏流星群(4)
    605円(税込)
    麗子の店「ラ・メール」に初老の男がやって来る。忘れ物から、その男は『東大の鈴木教授』だとわかる。互いに一目惚れした鈴木と麗子は逢瀬を重ねていくのだった。ある日麗子は、鈴木から、みゆきと二人で預金を預けている金融会社についてのよくない評判を聞いて、通帳と印鑑を預けてしまう。その後、店の常連の刑事の口から、鈴木が『結婚詐欺師常習犯の滝口』であると聞き、麗子は泣き出してしまう。
  • 黄昏流星群(5)
    605円(税込)
    砂川は、5年間の海外勤務中に妻を交通事故で亡くし、現在、息子と2人暮らし。ある日、今まで一度も出席したことのない高校の同窓会に参加した。彼の前に、高校時代付き合っていた小倉美智子が現れた。2人は同窓会を抜け出す。彼女も夫と離婚し、息子と2人暮らし。話が盛り上がった砂川と美智子は、お酒を飲んだあとホテルに向かうが…
  • 黄昏流星群(6)
    605円(税込)
    50代の超売れっ子作家・漆原は、最近腰の調子が悪い。セックスも3年前からできなくなっている。そして今日、そのことを理由に恋人にフラれた…。すっかり意気消沈した漆原。そんな彼の元に、横山ひとみという女性からファンレターが届く。その手紙には、あたかも以前自分と彼女が関係していたようなことが書かれているが、漆原には全く覚えがない。不審に思った漆原は、彼女に会いに行くことにする…
  • 黄昏流星群(7)
    605円(税込)
    大学生の吉村和良は、父に反発し、学校も行かず、バイトもせず、ホステスのユカリと一緒に暮らしていた。ある日、和良は暇つぶしに女装したところ、ユカリも本物の女性と間違えるほどに変身した。ユカリの勧めで、ホステスとして働くが、お店になんと和良の父がやって来る。さらに、何も知らない父から、和良は店外デートを申し込まれてしまうが!!
  • 黄昏流星群(8)
    605円(税込)
    寺坂泰人は、貿易会社に勤務する会社員。彼は29歳の時、7年間付き合った恋人・澄子と別れる時、ある約束をした。その約束とは7年ごとの七夕の日に会って、ベッドを共にするというものだった。その約束どおり、二人は別れてから7年後、14年後の2回、会うことができたが、3回目の21年後の七夕の日に澄子は現れなかった。しかし、待ち合わせのレストランにいたナツミという若い女性と知り合って……
  • 黄昏流星群(9)
    605円(税込)
    安藤ひとみは、テレビにひっぱりだこの経済アナリスト。都会で華々しく生活する彼女だが、テレビ局のプロデューサーと不倫していた。ある日、母親の七回忌で故郷に帰ったひとみは、突然気分が悪くなってしまい……
  • 黄昏流星群(10)
    605円(税込)
    夫は単身赴任、息子は留学しているため、ひとりで気楽な生活を送っている主婦さとみ。友人の加寿子に頼まれ、彼女の不倫旅行のカモフラージュ役のため一緒に出かけたアメリカで、さとみは鈴木実と名乗るカメラマンと出会う。
  • 黄昏流星群(11)
    605円(税込)
    若手マジシャン・森尾英介は小料理屋のママ・藤田奈々枝から凄腕の素人マジシャン・真崎茂の話を聞かされる。だが真崎は、強姦されそうになった奈々枝を助けようとして人を殺し、網走刑務所に入っていた。そんな真崎に興味を持った森尾は早速、網走に飛ぶ……
  • 黄昏流星群(12)
    605円(税込)
    2017年の日本。老人人口が増え、長生きは罪悪だという考えが世の中に広まっていた。そんな中、70歳の男性・塚原は快楽の中で往生できる薬・“パライソ”の噂を聞き、購入する。その直後、塚原は同じく薬を購入した見知らぬ女性から声をかけられる…
  • 黄昏流星群(13)
    605円(税込)
    35年連れ添った夫・大造が亡くなる5日前にふと発した「ありがとう、小鴨さん」という言葉。大造の亡き後、妻・光子は、名前に聞き覚えのないその人物がだれなのか、ずっと引っかかっていた。そんなある日、光子は息子に勧められるまま、ひとりで京都へ旅することに…
  • 黄昏流星群(14)
    605円(税込)
    警察官を退官した梶山稔は、今は息子夫婦のもとで静かな余生を送っている。ある日、保険金目当ての尊属殺人のニュースを耳にした梶山は、「母親が我が子を殺すはずがない」という理由で事故と判断された、30年前のある事件を思い出す。あれは本当に事故だったのか…。梶山は、真相を探るため旅に出る。
  • 黄昏流星群(15)
    605円(税込)
    宮本武蔵にあこがれ、武蔵の故郷・岡山にやってきた真野あさみ。職場の上司と不倫の関係にあった彼女は、妻に浮気がばれて別れ話を持ち出してきた男に愛想を尽かし、武蔵ひと筋に生きることを決めたのだった。武蔵の墓を訪れたあさみは、足を滑らせてガケから転落。気が付いた時、あさみが目にしたのは……
  • 黄昏流星群(16)
    605円(税込)
    かつてコーチとして女子マラソンの金メダリストを育てた男・末長は、現在では酒とギャンブルで身を持ち崩し、人生のどんづまりまできていた。そんな末長に、低迷する女子長距離界を憂う大賀化成陸上部が声をかけるが、彼は相手にしようとしない。フラリと旅に出た先で、末長は、ひとりの少女が走る姿を目にし……
  • 黄昏流星群(17)
    605円(税込)
    元外交官で、超エリート人生を歩んできた片岡は、70歳になり、家庭の事情から老人ホームに入ることになった。片岡が選んだのは、中学生のころまで住んでいた地方都市にある、庶民的なホーム。そこには、国民学校時代のマドンナ・富田静枝も入園していた。痴呆の始まっている静枝に対し、かつての同級生だと名乗った片岡だが……
  • 黄昏流星群(18)
    605円(税込)
    15年前、飛行機事故で突然に夫を失った入間川節子。以来、独身を貫き続けていたのだが、最近インターネットのサイトで知り合った、ワイン好きの男とメール交換を続けていた。ワインの話で意気投合したふたりは、ある日曜日に会う約束をするのだが、待ち合わせ場所に現れた男は死んだ夫にそっくりで…!?
  • 黄昏流星群(19)
    605円(税込)
    30年もの間、北野と元・銀座のママ、久美子は愛人関係を続けてきた。久美子の提案でハワイ旅行にやって来たふたりだったが、最近増してきた久美子への嫌悪感から、北野は関係を終わらせようと秘かに決意していた。そんななか、久美子に掛けられた保険金のことを思いだした北野は…
  • 黄昏流星群(20)
    605円(税込)
    銀座のホステスを家まで届ける“送り”の運転手をしている稲本は、家族に逃げられ社会からもドロップアウトした“最低のオヤジ”。女達にも不愛想に接していたが、なぜかホステスの一人が彼に興味を持ち自宅へと誘惑する。ベッドで稲本が見たものは、胸から脇腹にかけ大きな火傷の跡が残る彼女の肢体だった…
  • 黄昏流星群(21)
    605円(税込)
    黒岩真美、50歳・独身。彼女は25年もの間、同じマンションから同じ職場へ通う人生を送り続けてきた。男性にも縁が無いまま、寂しく50回目の誕生日を迎えたこの日、彼女を訪ねたのはセールスマンだけ。一輪のバラとケーキを持ってきたこの男に、興味を抱いた真美だが…
  • 黄昏流星群(22)
    605円(税込)
    瀬戸いずみは、結婚歴もないまま日々仕事に追われる身。そんなある日、高齢者ホームで暮らしている72歳の母親・あや子が、突然再婚すると言ってきた。その再婚相手に会ってほしいと言われ、列車で高齢者ホームに向かう途中、いずみに痴漢行為をする中高年の男が現れて…
  • 黄昏流星群(23)
    605円(税込)
    新宿で事務所を開く公認会計士・野島のもとに、ある日、息子の修から連絡が入った。司法試験に向け勉強中であるにもかかわらず、ガールフレンドと同棲したいというのである。当然のごとく反対する野島だったが、まずは相手の女性を見定めようと思い直し、息子の住むマンションに向かうことに…
  • 黄昏流星群(24)
    605円(税込)
    70歳を過ぎた独り身の父親と同居している娘夫婦に、ある日ひとつの心配事が持ち上がった。それはこの父親に40代の愛人がいるらしいとの噂で、話を聞きつけた娘は、夫に父の尾行を頼むことに。愛人関係が事実なら別れさせたいと願う娘だったが、夫は尾行した女性宅で衝撃的現場を目撃してしまい…
  • 黄昏流星群(25)
    605円(税込)
    接戦の市長選挙に勝利して、はや3年。49歳の若き市長・歌川哲彦は、秘書やSPが常に帯同する息苦しい毎日を送っていた。そんな生活に疑問を感じ出したころ、ある町の環境シンポジウムに出席して欲しいという申し出が舞い込んで来た。その町というのは、歌川が中学、高校時代を過ごした町。申し出を快諾した彼は、秘書やSPの帯同を断ったうえで単身出かけていくのだが…!?
  • 黄昏流星群(26)
    605円(税込)
    肉体関係のある不倫を続けて3年になる、朝の報道テレビ番組制作担当者の男女。そんな2人には、番組内で取り上げた“70歳の老人によるストーカー事件”も、ある意味では理解出来る事件であると言えた。そこで、彼女が学生時代、実際に受けたというストーカー事件のその後を追ってみようという話が持ち上がるが…
  • 黄昏流星群(27)
    605円(税込)
    40年ぶりに高校の同窓会に出席した瀧川幸介は、かつて結成した「五里霧中」というグループのメンバー3人と数十年ぶりの再会を果たす。4人は旧交を温めるべく、その数日後にゴルフ場へと出かけるが、その帰り道、濃霧に包まれて人影の全くない奇妙な町に迷い込んでしまい…
  • 黄昏流星群(28)
    605円(税込)
    仕事に忙殺され、漫然と毎日を過ごしていたベテラン看護師・井川美智子。そんなある日、彼女の勤める病院に、がん患者の老人・曽根康三が入院してきた。財界の大物だったという経歴だが、少しも偉ぶることなく紳士的に振る舞う曽根と接するうち、美智子にある感情が芽生えはじめ…
  • 黄昏流星群(29)
    605円(税込)
    サラリーマンの三浦は、50歳になっても会社では怒鳴りつけられ、家では邪魔者扱いされる日々。そんなある日、いつもと違う通勤ルートを歩いていた彼は、ふと目にした峰岸という美人妻に心をときめかせる。そして日頃の憂さを忘れたい気持ちから、彼女との“心の不倫”を楽しむようになるが…
  • 黄昏流星群(30)
    605円(税込)
    総合スポーツメーカー、フォーイースト社の社長・中津川修三。自他共に認める優良企業で手腕を発揮していたが、投資会社・山中ファンドに敵対的買収を仕掛けられ、会社は存亡の危機に陥ってしまう。そんなさなか、新宿で呼び込みの男に誘われるままやって来たイメクラで…?
  • 黄昏流星群(31)
    605円(税込)
    大学時代の気の合う仲間で作ったサークル「星空研究会」。社会人として別の道を歩きながらも週末に集まり、星の観測に出かけていた仲良し4人組のもとに、ある日届いた1組の手紙。それは3年間だけ会に参加し、20年前に姿を消したマドンナ・かおるからの、清里への招待状で…(第1話)。外食産業の雄・東郷グループの大物会長のお抱え運転手として30年間働いてきた見城慶一、56歳。長年仕えた会長が急逝したが...
  • 黄昏流星群(32)
    605円(税込)
    会社で突然襲ってきた心臓発作によって意識を失った時田亮介。再び意識を取り戻した彼が目にしたのは倒れたままのもう一人の自分? 幽体離脱してしまった時田は孤独感に苛まれ、あてもなく街をさ迷っていたが、偶然時田と同じ境遇の村尾多津子と出会い…(第1話)。歯科医院の受付として働く柿澤真理子・45歳。20年前、彼女はお笑いコンビ“イカドックリ”のマネージャーとして働いていた。コンビ解散が決ま...
  • 黄昏流星群(33)
    605円(税込)
    凶悪犯罪のプロファイリングを行なう研究所に再就職した、元警視庁の敏腕刑事・小日向透。あるとき、同じ生年月日の凶悪犯が4人いる奇妙な偶然に気付いた小日向が調査を進めると、なんと4人全員が同じ病院で生まれていたことが判明。その日、その病院ではもう1人新生児が誕生していたのだが…(第1話)。大手自動車メーカーを定年退職して、現在は年金生活の朝岡源六。20年前に出張で訪れた仙台の神社で、偶...
  • 黄昏流星群(34)
    605円(税込)
    大川原藩の下級武士・白兼家の三男だった矢太郎。将来を案じていた矢先に藩の中級武士・三日月藤十郎に学問所での成績を見込まれて、三日月家の養子に。40歳で独身の養父・藤十郎の知識を継承し、藩に役立つ人間となるべく、江戸の昌平黌で学ぶよう送り出されたが…!?(第1話)
  • 黄昏流星群(35)
    605円(税込)
    実家は資産家で日々勉強、習い事の幼少期を過ごし、その記憶にさいなまれていた大学教授・南原春彦(50歳)。秋葉原での講演の帰り、どういう場所か知らずに入ったメイド喫茶で出会ったメイドのツンデレな態度に、唖然としながらも心惹かれてしまう。その店で南原は、うっかり手帳を置き忘れてしまうが…(第1話)。50歳になる安藤明日香は、ファミレスのキッチンで働いている。彼女が作る絶品オムレツは、...
  • 黄昏流星群(36)
    605円(税込)
    30年前。希望に満ちあふれ、大学を卒業した仲良し3人組の女性たち。ちょっとオタクなところがある彼女らは、3人の会を「惑星同期会」と名付け、卒業後も定期的に会うことにした。そして30年後の現在、52歳になった3人はいまだ独身。その上、2人は不倫関係が進行中で…(第1話)。
  • 黄昏流星群(37)
    605円(税込)
    最愛の息子を殺した犯人は、判決が出た後に「おまえがあんなとろいガキを作ったからこうなったんだ。バーカ」と暴言を吐く。「あいつを殺して私も死ぬ」と母親は、復讐を誓う。だが出所情報を掴もうと知り合った刑務所のボランティア書道家と恋仲になり…「許されざるホシ」ほかロシア高官夫人と、報道カメラマンとのラブロマンス「雨夜の惑星」、掲載時に、あの人気作『深夜食堂』のマスターのリアル版?と...
  • 黄昏流星群(38)
    605円(税込)
    日本を背負って立つ男になってやる!エリート人生を歩み、議員秘書をしながら政界進出を狙う足柄は、資産家の娘と結婚し、銀座のクラブのホステスを愛人にする「順風満帆」の人生を歩んできた。しかしある日、人生の歯車が狂い始め、一気に犯罪者へと落ちてしまう。そして、その末に得た物は、かけがえのない… 表題作「裏切る星界」ほか、10年前に犯した罪から逃げ続ける女の、哀しいばかりの人生「星の住...
  • 黄昏流星群(39)
    605円(税込)
    シンガーソングライターASKA氏とのコラボが実現!ASKA氏の「C-46」という歌をイメージソングとして弘兼憲史が描いた「C-46星雲」は、連載中から大反響を呼び、TVドラマ化が決定!音楽と漫画の幸せな出会いをお楽しみください!北朝鮮女スパイとの哀しい恋物語「萬代星の女」を同時収録。
  • 黄昏流星群(40)
    605円(税込)
    意識はあるのに、周囲の人間には植物状態と思われている男の周りでは、様々な欲望と陰謀が渦巻く。しかし身体は動かず…雑誌掲載時より大きな反響を呼んだ表題作「星と死の狭間で」ほか、亡き妻と亡き隣人の間に何かがあった?穏やかならぬ妄想と推理の結末は?「星謐の庭」、生きる意味を見失った女性が南の島で出逢ったのは…?「天使に星の砂」を同時収録。40集を超えてなお、全く新しい世界を創造する弘...
  • 黄昏流星群(41)
    605円(税込)
    いつか自分の子供が欲しいと願う二人の女がいた。 女と女。同性愛者(レズビアン)のカップルだ。 二人は精子提供サービスの会社に登録し、女の一人が精子提供者である男とセックスし、無事妊娠する。 だが、その女はその男を好きになってしまい…。 愛し合っていたはずの二人の女の人生はどこへゆくのか? 別れ、再会…幸と不幸を噛みしめるような深い味わいの表題作「星子のロンド」。 大手製薬会社の副社...
  • 黄昏流星群(42)
    605円(税込)
    ピアニストとしての輝かしい経歴を持ちながら、高澤侑子はアルバイトでピアノを弾いている。 クラシック以外は弾かない。誇りがあるのだ、頑ななまでに。 ある日侑子は、かつて自分を捨てた恋人が事故に遭い、 瀕死の床で「侑子、ごめん」と何度もつぶやいたというのを聞かされる。 恋、友情、そしてピアノ……苦いものを飲み込んで人生の音色はどう変わってゆくのか。 テレビドラマ化もされた表題作「星降る...
  • 黄昏流星群(43)
    605円(税込)
    売れっ子挿絵画家の高村は女との別れをきっかけに都会を脱出し、 郊外の巨大な庭石のある家で、一人気ままな生活を始める。 だが、親しくなった女に次々と災難が起きるなど、高村の周りで不可解な現象が起きて……。 官能サスペンスの表題作「星霊の巨石」。 自殺した同級生の事の真相を探る同窓会への旅の行方は…?「タイムカプ星ル」。 恩讐の彼方へと向かうロードコミック短編2編を収録!
  • 黄昏流星群(44)
    605円(税込)
    松木あかねは銀座のクラブのママである。 店のパトロンである(愛人でもある)会社社長に誘われ「オーロラを見に行く旅」に行く予定だったが、 その直前に社長と別れ、あかねは一人でツアーに参加することになった。 現地アラスカのツアーガイドと良い仲になるが、その男は“ワケアリ”だった…!? 表題作『オーロラ星空シンデレラ』。ほか、ほろ苦く儚い人生の“夢”を描いた全3編収録。
  • 黄昏流星群(45)
    605円(税込)
    男は暴力団の組長だ。 組は中国マフィアとのトラブルを抱え大きな抗争に発展しそうだが興味は薄れている。 愛人もいたが飽きて捨てた。 今、男の関心は、人気アイドルグループASKの一人の少女に向いている。 これは恋だ。男はヤクザをやめることを決意して…!?「俺の明星」。 死んだ父親が遺書に残した一人の女性の名。一匹狼の老刑事がその女に興味を抱き…「家星婦の三木」。 都会の中の辺境を生きるアウ...
  • 黄昏流星群(46)
    605円(税込)
    葛城邦彦は会社を定年退職し妻と二人暮らしだったが、妻が若年性アルツハイマーを発症。病状は急速に悪化し、邦彦のことすらも認識することが困難な状態に。そんなある日、邦彦の兄・辰彦の訃報が届く。知らせてきたのは、兄の愛人である村上由美という女性だった。兄の遺品整理のため由美と会った邦彦は、お互いの寂しさを埋め合うように身体を重ねて…病身の妻と、兄の愛人だった由美、二人の女の前で邦彦...
  • 黄昏流星群(47)
    605円(税込)
    堀田浩二53歳。曾祖父と父親はハレー彗星が地球に接近している時期に亡くなっていた。堀田は有機栽培のトマト園を経営していたが、取引先から契約を切られ絶体絶命のピンチに。そこへ、22歳の専門学校生・香織がアルバイトとして入って来た。彼女の活躍で事業は好転するものの、代々彼の家系に影を落としてきた“彗星”は、地球に近づいてきて・・・!? 表題作『死神ほうき星』。55歳独身介護士・相良房枝の...
  • 黄昏流星群(48)
    605円(税込)
    小説家・岸和田は、5年前に妻が若い男と駆け落ちして以来、 独り暮らしをしている。 広い家も半ばゴミ屋敷と化し、彼に言い寄る女が家に来ても、 その荒れ加減に思わず逃げ出す有り様だ。 見かねた担当編集者の勧めで、岸和田はしぶしぶ 住み込みの家政婦を雇う。 見た目は地味ながらも、細かいところに気が回り、何より 心根の優しい家政婦・すず子に、これまで感じたことのない 安らぎや穏やかな感情を抱...
  • 黄昏流星群(49)
    605円(税込)
    30年会社勤めをしている野村伸一は、上司に評価されずいまだに係長。 はっきりと「会社には要らない人間だ」とまで罵られ悶々としている矢先、妻の不倫、そして娘二人の非行の事実を知ってしまう。 呆然とする野村は、ふいに“働きアリの法則”を思い出す。 働きアリの集団は、20%のよく働くアリと、60%の普通のアリと、そして20%の怠け者のアリで構成されているという。 普通のアリだけのグループを作っ...
  • 黄昏流星群(50)
    605円(税込)
    かつては国民的スター歌手だった、七星新也。 今は、すっかり薄くなった頭髪を隠しながら 地方の温泉地の小さなステージで歌う日々を送っている。 営業先の温泉旅館で、住み込みの仲居・京と恋仲になる七星だが、 彼女は「暴力夫から逃げている」というワケありの身で…!? 落ちぶれても元スター・七星、愛する人を守るため、 今こそヒーローになるべき時は来た!! 時の移ろいと共に落ちぶれてしまった...
  • 黄昏流星群(51)
    605円(税込)
    夫はエリート銀行員。 一見順風満帆な人生を歩む麻紀だが、夫婦関係は冷え切っており、夫には若い愛人までいる。 自分の人生を自問自答しながら、麻紀は50歳の節目に小学校の同窓会へ。 そこで再会したのは、かつてはクラス中から“フナムシ”とからかわれ いじめられっ子だった船村。 彼は、中卒後、苦労の末に独力で世界的な企業「船村製作所」を立ち上げ 大成功を収めていた。 船村は、子供の頃から今ま...
  • 黄昏流星群(52)
    605円(税込)
    ひとり豪邸に暮らす画家・梅山龍夫は、たまたま自分の家を写生していた人妻・みどりに一目惚れをする。 意を決して彼女に「ヌードモデルになってほしい」と頼んだのをきっかけに、 二人は猛スピードで男女の仲に。 「すべてを捨てて、自分のもとへ来てほしい」という条件を出し、 自分の全財産3億円をみどりに渡そうとする梅山だが、 みどりが“とんでもない”過去を持つ女だということが発覚し…!? 人生...
  • 黄昏流星群(53)
    605円(税込)
    カフェでバイトをする28歳のさくらは、常連客で元・映画監督の お爺さん・手島と親しくなり、互いの過去を語り合う間柄に。 元彼からの執拗なストーカーに悩まされるさくらは、 それから逃れるため、手島の家に転がり込む。 一泊だけのつもりが、手島の機転で「恋人のふり」をしたことから、 奇妙な同居生活がスタート。 探していた安らぎを見つけた女と、忘れていたときめきを 思い出した男――知り合い以...
  • 黄昏流星群(54)
    605円(税込)
    僕の一目惚れでした。 無口な彼女と、たくさん話をしました。 彼女は、毎日僕の帰りを待っていてくれました。 食欲のない彼女のぶんも、 一緒に冷やし中華を食べました。 歩かない彼女を助手席に乗せて、 海を見に行きました。 僕が死んだら、一緒に棺に入る約束をしました。 いいことのなかった50年の人生で、 初めての幸せでした。 色が白くて優しくて、彼女は、彼女は――― 愛したひとは、人形でした。 ...
  • 黄昏流星群(55)
    605円(税込)
    64歳の麗子は、夫の十三回忌を期に、 下町のマンションで一人暮らしを始める。 不安も束の間、人生最高のモテ期を迎える麗子。 一人は、運命的な出会いをした長治(服役していた過去アリ)。 もう一人は、気のいい男友達の金子。 三人とも“老牌会”という麻雀サークル仲間な上に、 さらに長治と金子には過去に深い因縁も秘めている。…さらにさらに、金子に想いを寄せる女性・みつ代から麗子は逆恨みされ…...
  • 黄昏流星群(56)
    605円(税込)
    その粉雪は、ただならぬ恋を連れてくる。 36年前の大雪の日――松井は、自殺を図ろうと山に入った 男を助けるため必死で後を追い、そこで“雪女”に遭遇する。 松井の懸命さに打たれ、命は奪わずに消えた“雪女”―― その事故が縁で出会った君枝と結婚し、平穏に暮らしていた 松井のもとに、まるであの雪女が近くで手招きしているかの ような不穏な出来事が相次ぐ。 雪女との「私のことを誰かに話したら、お...
  • 黄昏流星群(57)
    605円(税込)
    侍inラブ!弘兼憲史流・本格恋愛時代劇! 「人間50年」と云われた時代―― 愛し方の流儀も、違ったのだろうか。 浪人の銀治郎は、剣の腕を活かして賞金稼ぎをしている。 ある日、銀治郎は卑劣な“同業者”によって罪無き兄を殺され、自らも犯された村娘・フキと出会う。美しいフキは、その男によって顔に傷まで刻まれていた。 兄も貞操も無惨に奪われたフキに寄り添いながら、銀次郎は犯人を成敗すべく、手が...
  • 黄昏流星群(58)
    605円(税込)
    心って何だろう。人間とAIの、切ない恋。 時は2030年――少しだけ未来。 独り暮らしの怜子は骨折して車椅子生活になってしまい、 息子から介護アンドロイドをプレゼントされる。 やってきたのはロボット的な外見ではなく、美男子で何でも言うことを聞いてくれる、有能なアンドロイドの“アラン”。 便利さだけでなく、ときめきを感じはじめる怜子だが、アランもまた、「恋人」「キス」といった恋愛的な要素...
  • 黄昏流星群(59)
    605円(税込)
    覆面・女流漫画家、20年越しの片想い! 性別も年齢も非公表の女流漫画家「郷原信夫」―― 男性との交際経験ゼロ、仕事一筋の彼女には、ただひとり、20年来想い続ける男がいた。 鳴かず飛ばずの新人時代に面倒をみてくれた敏腕編集者の余(あまり)だ。 一度だけ、身体を重ねた余はその直後に出版社を辞め、姿を消してしまった。 長い下積みを経て売れっ子漫画家となった郷原は、余と念願の再会を果たすた...
  • 黄昏流星群(60)
    605円(税込)
    モラルを捨てて。ようこそ、仮面の情事へ― 還暦を機に検察官を辞めた伊坂は、 友人・柿沢の弁護士事務所に籍を置くことに。 妻、娘と平穏に暮らしてきた伊坂を、彼は 「会員制秘密クラブ」に誘う。 顔も素性も隠した男女が、肉体だけの快楽に溺れる会―― そこで伊坂は“般若の面をつけた女”の虜になり…!? 一人の男から、一匹のオスへ…禁断の夜が導く、 意外すぎる結末とは!? 表題作のほか、 弥勒菩...
  • 黄昏流星群(61)
    605円(税込)
    男女三人ぶらり鳥取。大人が自由を掴む旅! 独り暮らしの岸和田弘は退職後、時間を持て余し 「見守りボランティア」を始める。 認知症の酒巻紀子の自宅訪問をするようになるが、 彼女が突然「本当は呆けていない」と驚きの告白。 紀子に誘われ、降るような星を見るために鳥取へと 秘密の旅に出る。 二人は旅先で、自殺志願の若い女・有里を救い、 温泉に美食に昔の恋人探訪に…と奇妙な三人旅が始まって…...
  • 黄昏流星群(62)
    605円(税込)
    貞淑は卒業!“ママ活”が誘う本当の私。 老舗和菓子屋の女将・恭子は、主婦友達の誘いで “ママ活”に踏み出す。 「若い男の子にお金を渡して割り切ったデートをする」 というものだ。 夫の浮気に悩んでいた恭子は“ママ活”で出会った大学生の 那須川に心ときめき、一線を越えてしまう。 束の間の疑似恋愛に癒やされた恭子だったが、その“ママ活”は 思いもよらぬトラブルの沼に繋がっていて――!? 表題作「遊...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています