塗仏の宴 宴の始末(1)【電子百鬼夜行】

塗仏の宴 宴の始末(1)【電子百鬼夜行】

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる戦慄の体験を語りはじめる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2012年09月07日
紙の本の発売
2006年05月
サイズ(目安)
2MB

塗仏の宴 宴の始末(1)【電子百鬼夜行】 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月10日

    少しずつ断片が繋がりはじめてきた。

    これまで、多くの京極作品を読んできたけど今更ながら気がつかされ、戦慄だなと感じた一節。「彼の手に掛かれば人一人不幸にするくらいは赤子の手を捻るより簡単なことだろう。そうすると唯一の救いは、彼が悪人ではないと云う一点に尽きることになるのではないか。」「彼」というの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる戦慄の体験を語りはじめる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    いよいよ解決編と思いきやまだまだ事件は展開中。
    このへんから、ぐいぐい読み進めていける。
    というか読むのを止められず…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    後編である塗仏の宴(宴の始末)も同時にレビューで。
    あ、推理小説物というカテゴリは抜きにしての感想で。

    これまでの京極堂シリーズに登場してきた人物が次々に登場しては同時多発的に発生する事件に巻き込まれ、繋がりがまったく見えないそれらが繋がりを持って、見事に収束していく様はこれまでのシリーズと比...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何者かによる陰謀のオンパレードです、心理戦、騙し合いの博覧会みたいな物です、大掛かりです、敵もかなりの大物です、関口は罠に嵌められて、殺人犯として逮捕されます、当然壊れます、これをどう収集させるのか、京極堂はしぶります、けど出てこざるを得ません、もちろん。もうここまでシリーズを読んで来た人には長さは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月07日

    だいぶ間があいてしまった百鬼夜行シリーズ。

    関口は逮捕されてあんな状態になっているわ、木場さんが行方不明になるわ…どうしましょう。わけわかんねェ。物語を追って行けるかしら。でも、青木さんと鳥口さんが物語を補完してくれているのはありがたいです。

    いよっし、京極堂さんが立ちあがったから…次に期待しよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ■内容(「BOOK」データベースより)
    「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月19日

    ≪あらすじ≫
    「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を"喪った"男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は"開かずの間に居たモノ&quo...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

塗仏の宴 宴の始末【電子百鬼夜行】 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 塗仏の宴 宴の始末(1)【電子百鬼夜行】
    「その時は、それが真実になってしまうのです」。「成仙道」の幹部・刑部を前に、家族を“喪った”男・村上貫一は大きく揺れた。同じころ、「韓流気道会」の毒手は、突如消息を絶った木場を追う二人の刑事、青木と河原崎へと伸び、華仙姑処女は“開かずの間に居たモノ”にまつわる戦慄の体験を語りはじめる。
  • 塗仏の宴 宴の始末(2)【電子百鬼夜行】
    「真逆ゲームが続いていた訳じゃないだろうな――」。中禅寺は電話口でそう云ったという。戸惑う記者・鳥口。眩暈坂を次々に上ってくる男たちの口から複雑怪奇な出来事が語られ、古本屋の座敷で収斂していく。揆を一にして伊豆では「成仙道」と「みちの教え修身会」が鹿砦を挟んで対峙。村中は鳴動した。
  • 塗仏の宴 宴の始末(3)【電子百鬼夜行】
    「愉しかったでしょう。こんなに長い間楽しませてあげたんですからねえ」。宴の“黒幕”は笑った。かつて戸人村でおきた事件の真相、15年後の再会に仕組まれていた邪悪な目論見、そして囹圄の人たる関口巽は助かるのか……。事件のすべての謎を明かした果てに京極堂は時代の勢を察す。時、まさに昭和28年。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています