All You Need Is Kill

All You Need Is Kill

作者名 :
通常価格 484円 (440円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「出撃なんて、実力試験みたいなもんじゃない?」敵弾が身体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。トーキョーのはるか南方、コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め部隊は敗北必至の激戦を繰り返す。出撃。戦死。出撃。戦死――死すら日常になる毎日。ループが158回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジはひとりの女性と再会する……。期待の新鋭が放つ、切なく不思議なSFアクション。はたして、絶望的な戦況を覆し、まだ見ぬ明日へ脱出することはできるのか!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 集英社スーパーダッシュ文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社スーパーダッシュ文庫
ページ数
276ページ
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

All You Need Is Kill のユーザーレビュー

    購入済み

    良作

    レヴィン 2014年03月06日

    久々に面白い作品に出会いました!
    ただしいて言えば一冊完結ではなくもっとはなしを広げてほしかったです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月26日

    トム・クルーズ主演の映画を見て原作が日本の作家と知り、興味を持ち買ってみた。基本的なループのアイデアは同じだが、映画とは登場人物の描き方が違う。映画では主人公も相手役の女戦士もいかにも大人の戦士という感じだったが、小説はライトノベルのテイストで、いわゆるboy meets girlだといっていいだろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    沁みた。良い。
    主人公以外から見れば一瞬の間に過ぎない、
    とても内面的な物語。
    映画もいいが舞台も合いそうだ。
    舞台は、戯曲は、「今はもうない」ものを表すのに適している。

    筒井康隆が著書の中で紹介していた。
    これに影響されてジャンルものを書いてみたとのこと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    ソニーリーダーストアのクーポンで購入。初めてちゃんと一冊読んだ電子書籍。
    ラノベ扱いされているらしいが、普通にSF。どこかで知っているアイデアのように思うけど、引き込まれて、一気に読んでしまった。
    映画とはぜんぜん別物。「世界が認めた名作」とは言い過ぎやろ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月20日

    トムクルーズが主演で映画化もされています。
    文字だけの小説よりも、映画の方が迫力がありそうです。
    SFが苦手な人は世界観から理解することが求められるので、取っつきにくいかもです。
    タイムリープしているときと、できなくなったときの、命の重さの違いが、表現できていておもしろいと思いました。
    読み手によっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月31日

    この本はアメリカでは「Edge of Tomorrow」、日本では「All You Need Is Kill」として映画化された作品の原作です。僕は先に映画を観て面白いと思ったので原作も読んでみることにしました。
    訓練校を出たばかりの初年兵・キリヤ=ケイジがジャケット兵として”ギタイ”と呼ばれる生物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月25日

    英雄ジークフリードは竜の血を浴びて不死身になった。主人公は敵が時間を巻き戻すプロセスに巻き込まれて「死んでも巻きもどしてやり直す」ことになった/小説世界でキリヤ・ケイジに与えられたのは30時間。それっぽっちで何ができるか?しかし戦場の牝犬=愛のないSEXより素早く敵を殺すリタ・ヴランスキもタイムルー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月08日

    映画を先に観て、その後書店で見かけて読んでみることにした。映画とは設定が共通で、ストーリーはわりと異なっているように感じる。面白かったけれど、二回は読まない、かな。
    201207

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月25日

    SFとしてよくできていながら、シンプルにまとまっていて面白かったけど、ところどころ読みにくかったのが残念

    軍曹と主人公の関係が個人的に良かった!

    ハリウッドで映画化されてるみたいなのでそっちも見てみたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月16日

    人類はギタイと呼ばれる外敵と戦っていた。主人公はギタイとの戦いの中で戦死したが、気がつくと出撃前日に戻っていた。繰り返されるループの中で戦闘技術は向上していくがループを抜け出す方法が分からず苦しんでいた。
    単純な侵略SFでも時間ループでもなく、主人公がスレていく過程が面白かった。同じループに巻き込ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています