異妖新篇 岡本綺堂読物集六

異妖新篇 岡本綺堂読物集六

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

鷲を親だという娘「鷲」、河獺に嫉妬された漁師「深川の老漁夫」、そして美しい白い肌の少女に懸想した「くろん坊」という山の妖怪と安易な口約束が招いた悲劇――。近代化がすすむ日本の暗闇にとりのこされた生き物や道具を媒介に、異界と交わるものたちを描いた「近代異妖篇」の続篇。〈解説〉千葉俊二

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年03月30日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2019年11月17日

    シリーズ6冊目。追うのをしばらく忘れていたのだけど、刊行は意外と最近だった。けっこうゆっくり出してたのかな。
    『異妖新篇』として「西瓜」「鴛鴦鏡」「白髪鬼」「鷲」「鰻に呪はれた男」「くろん坊」「妖婆」「深川の老漁夫」「怪談コント」「五色蟹」、附録として「S君の話」「綺堂夜話」を収録。

    作中、いつか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月15日

    岡本綺堂読物集・第六弾となる、“妖異譚”

    不思議な話の数々を、お馴染みのレトロな文体で楽しませて頂きました。
    この読物集は、謎を謎のままで終わらすところにある意味趣きがあるのですが、今回も「白髪鬼」「鰻に呪はれた男」等のように、もうちょい突き詰めれば真相が垣間見えそうな話も、結局“わからん”まま終...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 三浦老人昔話 岡本綺堂読物集一
    死んでもかまわないから背中に刺青を入れてくれと懇願する若者、下屋敷に招じられたまま姿を消した女形、美しい顔に傷をもつ矢場の美女の因縁話など、しみじみとした哀話からぞくりとする怪談まで、岡っ引き半七の友人、三浦老人が語る奇譚十二篇に、附録として短篇二篇を添える。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 青蛙堂鬼談 岡本綺堂読物集二
    夜ごと人間の血を舐る一本足の美女、蝦蟇に祈祷をするうら若き妻、井戸の底にひそむ美少年、そして夜店で買った目隠しされた猿の面をめぐる怪異――。ひとところに集められた男女が披露する百物語形式の怪談十二篇に、附録として単行本未収載の短篇二篇を添える。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 近代異妖篇 岡本綺堂読物集三
    名作「青蛙堂鬼談」の拾遺集ともいえる怪談・奇談集。武家屋敷の因縁ばなし、人をひとり殺してきたと告白する藝妓のはなし、影を踏まれるのが怖くて外にでられなくなった娘のはなしなど、江戸から大正期にかけてのふしぎな話をあつめた。附録として単行本未収載の短篇二篇を添える。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 探偵夜話 岡本綺堂読物集四
    死んだ筈の将校が生き返った話、山窩の娘の抱いた哀切な秘密、駆け落ち相手を残して変死した男の死因、空き家に出入りする娘は本当に毒婦か、娘義太夫の美貌の太夫に毒を盛ったのは誰、など、探偵趣味の横溢する奇譚を集めた好調第四集。附録として単行本未収載の短篇二篇を添える。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 今古探偵十話 岡本綺堂読物集五
    中国を舞台にした義侠心あふれる女傑のはなしや雪女の怪談、コナン・ドイルばりの怪獣奇譚、そして新聞記事に心をさいなまれてゆく娘の悲劇「慈悲心鳥」など、青蛙堂主人のもとに集う人々がかたりあう、古今東西、探偵趣味の横溢する短篇拾遺集。附録として単行本未収載の短篇二篇を添える。 〈解題〉千葉俊二
  • 異妖新篇 岡本綺堂読物集六
    鷲を親だという娘「鷲」、河獺に嫉妬された漁師「深川の老漁夫」、そして美しい白い肌の少女に懸想した「くろん坊」という山の妖怪と安易な口約束が招いた悲劇――。近代化がすすむ日本の暗闇にとりのこされた生き物や道具を媒介に、異界と交わるものたちを描いた「近代異妖篇」の続篇。〈解説〉千葉俊二
  • 怪獣 岡本綺堂読物集七
    自分の裸体の写し絵を取り戻してくれと泣く娘の話「恨(うらみ)の蠑螺(さざえ)」、美しい娘に化けた狐にとりつかれる若い歌舞伎役者の話「岩井紫妻の恋」など、動物や道具を媒介に、異界と交わるものを描いた綺堂自選の妖異譚集最終巻。オリジナル全十二篇に、附録として単行本未収載の短篇一篇を添える。〈解題〉千葉俊二

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「岡本綺堂」のこれもおすすめ

NEW
半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―(新潮文庫)

半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―(新潮文庫)

  • ブラウザ試し読み

中国怪奇小説集

中国怪奇小説集

  • ブラウザ試し読み

無料あり
半七捕物帳 お文の魂

半七捕物帳 お文の魂

  • ブラウザ試し読み

無料あり
世界怪談名作集  序/目次

世界怪談名作集  序/目次

  • ブラウザ試し読み

無料あり
中国怪奇小説集 凡例

中国怪奇小説集 凡例

  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋の修善寺

秋の修善寺

  • ブラウザ試し読み

無料あり
麻畑の一夜

麻畑の一夜

  • ブラウザ試し読み

無料あり
穴

  • ブラウザ試し読み