韓国・下町人情紀行

韓国・下町人情紀行

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もったいない! 韓国の名所旧跡だけを、数日の駆け足で回る観光旅行なんて。年間200万人にも昇る日本人韓国旅行者よ、目を覚ませ! 韓国の魅力は、ソウルや釜山の大通りを一本入った路地裏に、地方の漁港や山村に、さらには人情溢れ懐かしい市井の暮らしがあるのです。韓国の津々浦々に精通する美人紀行作家が、ふつうのガイドブックを吹っ飛ばし、「ディープ」な情報ばかりを詰め込んだ新書を、作っちゃったのです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2012年06月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

韓国・下町人情紀行 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年11月26日

    韓国の地方を知りたくて読書。

    地方、離島などの文化や人々、そして、過疎化が進行している現状も感じることができる。これをすべて日本語で書いているところがすごいと思う。

    著者は現在、韓国を拠点にしているため、先に韓国表記、後から日本表記と韓国への配慮を感じる。

    マッコリを、マッコリルリ(ルは小さい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

    ソウルや日本人にあまり知られていない韓国の下町を、主に現地の食生活を中心に紹介した本。随所で韓国の歴史も解説され、知らなかった韓国の姿が見えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    帯には「ディープコリアン私と一緒に」とありますが、そんなに言うほど「ディープ」ではありません。が、行ったことのない街がたくさんでなかなかおもしろいです。さらに韓国行きたくなる本。(20070622)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月23日

    日本では韓国紀行ライターとして定評のある著者の韓国の下町や地方など観光地でない土地、土地を紹介している。すでに今から10年前の本なので韓国のスピードだと、どこもだいぶ変わっているだろうな。
    どこもほのかな懐かしさを醸し、読みながら行きたい気になるんだけど、不思議なくらい頭に入ってこない、なぜだろう。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています