中国東北部の「昭和」を歩く 延辺・長春・瀋陽・大連 韓国人が見た旧満州

中国東北部の「昭和」を歩く 延辺・長春・瀋陽・大連 韓国人が見た旧満州

作者名 :
通常価格 1,672円 (1,520円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦争を知らない世代が見た旧満州の残像――。私は歴史学者でも、研究者でもありません。ただ、日本の植民地時代に思いを馳せるのが好きな旅人に過ぎません。幸いにもさまざまな縁があり、かつての満州国で暮らした方たちと出会って、いろいろな話を聞くことができ、このような本を書く機会に恵まれました。私が住む朝鮮半島や、中国東北部、台湾の日本植民地時代については、個人によって評価が異なるので、その是非をどうこう言うつもりはありません。私は、かつての満州の地を歩き、満州時代の日本人や中国人、朝鮮人がどのように暮らし、どんなときに笑い、どんなときに泣いたのかを想像してみたかったのです。歴史の難しい話は抜きにして、海洋まずは中国東北部に出かけてみませんか。──著者・鄭銀淑

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
東洋経済新報社
ページ数
336ページ
電子版発売日
2012年04月13日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
35MB

中国東北部の「昭和」を歩く 延辺・長春・瀋陽・大連 韓国人が見た旧満州 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月10日

     戦前、「五族協和」というスローガンを掲げ、多民族が共存していた満州国。事実上日本が支配していたこの国で日本人は「一等国民」とされていた。現地の中国人は「三等国民」。ここで「二等国民」とされていたのが、朝鮮の人々だ。
     韓国人の著者は、延辺、長春、瀋陽、大連と旧満州の残像を訪ね歩く。中国に住む朝鮮族...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています