韓国「県民性」の旅

韓国「県民性」の旅

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

慶尚道=権力志向、全羅道=狡猾といった韓国の道民性(=県民性)を意識しながら韓国全土を歩き、出会った人々やその土地が生んだ著名人の逸話などから、現在の韓国人気質を探る。

【主な内容】
第一章 全羅道 全州/宝城/筏橋/南原/木浦
第二章 慶尚道 釜山/安東/大邱
第三章 忠清道 忠州/大田/論山/江景/扶余/瑞山
第四章 江原道 春川/原州/太白/舎北/旌善/江陵/束草
第五章 済州道 済州島/牛島/南済州/北済州

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年01月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
48MB

韓国「県民性」の旅 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「韓国人留学生が2人集まれば、留学生新聞を発行する」と、韓国人自身が半分本気で言うぐらい、結束力が強いというか、同族意識が強いというか、束になって主張するのが好きというか(束にならなくても主張するけれど)、そういう傾向のある韓国人ですから、「韓国人」というくくりだけでなく「地方人」ごとの特徴、まとま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月09日

    本を選ぶときの3大基準は、縦書きであること、フォントの大きさや形が見やすいこと、出だしの3行で興味がわくか。
    この本は出だしで紀行文とは思わなかったので、旅する文章を読むことが大好きな自分にとって、大いに楽しめた。
    どんな季節に、どんな乗物で、どんな目的で。文章から距離感がつかみにくかったのが少し残...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています