たいようのいえ(1)
  • 完結

たいようのいえ(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい--」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
デザート
電子版発売日
2012年06月15日
サイズ(目安)
58MB

たいようのいえ(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    いと 2022年03月14日

    人生初の門限に喜んでいる真魚ちゃんに、切なくなりました。誰かが待っててくれるから、門限までに帰りたい。このように感じたことがなく、出来る事なら門限を破ることばかり考えていた私には、すごく新鮮でした。
    基くん、真魚ちゃんに一緒に住むかと言ってくれてありがとう。真魚ちゃんが幸せになれますように。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よし 2020年12月21日

    以前、途中まで読んでいた当作をフェアで見かけて一気に購入しました。
    登場人物一人一人に辛い過去があり、それに囚われず前に進もうと頑張る姿は応援したくなります。
    『ただいま』『おかえり』と、当たり前の事に感じる言葉も言える事、言ってもらえる事は幸せなのだと改めて思いました。
    あたたかい気持ちにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    携帯小説

    2020年07月08日

    最初、読み始めたときは
    高校時代携帯小説ハマってたなぁーって懐かしくなりました。
    絵もかわいいし、主人公が独特で、設定もしっかりしてて続きが気になる作品です。

    完結おめでとうございます!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年06月12日

    話の内容としては少し重いのに、絵がほわっとしていて可愛いのですごく読みやすいです。
    マオちゃんとヒロがこの先どうなるのか気になります。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何年かぶりに読み返して。

    うり 2020年06月07日

    何年か前に読んで内容ほとんど忘れてしまっていたので再読。この作品、確か賞を取ってましたよね。
    主人公の真魚がぶっきらぼうな性格だけど泣き虫だというギャップがあって、良い感じです。
    序盤からかなり切ない話なのですが、電子なのでじっくり読めるのが良いですね!
    久しぶりにまた読み進めます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    たいようのいえ

    みーちゃん♪/ハル♡ 2015年01月24日

    マオちゃんとひろはどうなるんだろう!気になる!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月16日

    ヒーローの職業が自分と同じプログラマなので妙に感情移入する。年若いのに家族の居る家を夢に見る姿には考えさせられるものがある。
    それとは別にキャラがかわいい! 登場するキャラがだいたいみんな良いヤツなので心温まる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月10日

    キュン死ぬかとおもった・・・
    素直じゃないのにまっすぐな子もかわいいなあ。
    ひろはずるいなあ。織田くんは愛すべきバカだなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    ヒロインのツンデレぷりが可愛くてとてもいいし、ヒーローの普通の男のかっこよさがいい。爽やかに人間関係が複雑になっていくのがすごいと思う。どうなるんだろぉ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月22日

    主人公が可愛いです。幼馴染との年の差たまらん。絵がとにかく可愛いし、雰囲気がほわほわしてて優しい作品。シリアスでも重く描写しすぎないのが良いなぁ。ほわほわした半面、現実味ある作品だとも思いました。続き、はやく読んできます!!

    このレビューは参考になりましたか?

たいようのいえ のシリーズ作品 全13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • たいようのいえ(1)
    完結
    462円(税込)
    「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい--」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!
  • たいようのいえ(2)
    完結
    462円(税込)
    居場所のない真魚(まお)を家に置き、変わらずやさしく接してくれる基(ひろ)。そんな基への恋心に気付いた真魚は、基に「好き」だと言ってしまった。しかし、ぎくしゃくする基を見て、真魚は告白を取り消す。基を困らせたくないけど、好きな気持ちはあふれてくる。そんなとき、真魚の小説の読者「ラジカル」さんと会うことに。待ち合わせに現れたのは……!?さらに、基の弟・大樹(だいき)が帰ってきて――!!
  • たいようのいえ(3)
    完結
    462円(税込)
    いっしょに帰ろうって手をつないでくれるあなたはどう思ってるんだろう――。この止まらないドキドキとか嬉しくてたまらない想いとかみんなはどうやって抑えてるんだろう――。基(ひろ)のやさしさに同情を感じてしまった真魚(まお)。対等になりたくて、自分を変えたくて、真魚は基の家を出る決心をする。父親と向き合う、と真魚は基に話すのだけど、なんと基のほうが、真魚を徐々に意識しはじめていた……!?
  • たいようのいえ(4)
    完結
    462円(税込)
    この家にいるかぎり家族。でも本物の妹にはなれない。彼女でもない。わかってる……バカなのは何も言わない私のほうなんだって……。でも、ひょっとして――。夏休み中だけ帰ってきた、基(ひろ)の弟・大樹(だいき)と、基に内緒で居酒屋アルバイトをはじめた真魚(まお)。そこへ偶然、基が「ラジカル」さんと一緒に飲みに来て……!? 不安と嫉妬で、ぐるぐる回る真魚の思考。そしてついに、3人がはち合わせする瞬間が……!!
  • たいようのいえ(5)
    完結
    462円(税込)
    不器用な少女、真魚(まお)。世話焼きな青年、基(ひろ)。年の差幼なじみ2人のお互いを想い合う気持ちは高まり……? 「基……もしかして私のこと好き?」つい、こぼれてしまった真魚の問いに、基の答えは――。真魚をとりまく人それぞれの「好き」のカタチが交錯する中、お互いへの真摯な心は2人の距離を縮めていくものの……突然、大樹(だいき)からある宣言が!? 年の差幼なじみの明るく切ない同居生活ラブストーリー!
  • たいようのいえ(6)
    完結
    462円(税込)
    「誰も傷つかない恋なんてないのかな」誰かを想うほどに、別の誰かの想いとぶつかって進めなくなる。真魚(まお)も基(ひろ)もラジカルさんも織田(おだ)くんもちーちゃんも。そんな中、密かに真魚を想う大樹(だいき)がついに帰ってくることに。基の願いは一歩前進だけど!!? 年の差幼なじみの明るく切ない同居生活ラブストーリー。
  • たいようのいえ(7)
    完結
    462円(税込)
    忘れてるわけじゃない。彼の目指すこの家の未来には私の姿はない……。私は私の未来へ行こう。でも。うまく言葉がでない……。「こんな気持ちにさせてたなんて……ごめん。」大樹(だいき)が帰ってきて基(ひろ)の願いは前進した。妹の誕生会への誘いを受けて2度目の一時帰宅することを決意した真魚(まお)は? 誰かを想って進めなかったみんなが新しい想いを知って、それぞれついに……!!?
  • たいようのいえ(8)
    完結
    462円(税込)
    この家には私がほしかったものがたくさんある。だから、本当にここが私の居場所みたいに錯覚してしまうんだ。――社員旅行に向かった基(ひろ)とラジカルさん。基のいない家で2人きりの真魚(まお)と大樹(だいき)。それぞれ募らせてきた思いをついに告げる時が――!? そして、あとは妹・陽菜(ひな)を待つのみとなった中村(なかむら)家の再生は――!!? 年の差幼なじみの明るく切ない同居生活!
  • たいようのいえ(9)
    完結
    462円(税込)
    ここにいる限り彼と対等になれない。彼の夢も叶わない。だから帰るんだ、絶対。みんな、少しずつ前へ前へ進んでるから。――「なんで昨日あんなこと私にしたのか」突然キスしてきた基(ひろ)の気持ちが分からずモヤモヤしっぱなしの真魚(まお)。期待を抑えながら、とにかく前進をと今までで一番長く家に帰ることに。その真魚の様子に焦る大樹(だいき)は? それぞれが新しい一歩を踏み出す時が来た……!!?
  • たいようのいえ(10)
    完結
    考えることがたくさんある。なんで逃げてきたんだろう……あと少しなんだ。ちゃんと向き合うんだ。彼が私にそうしてくれたように……。「子供のころからずっと好きだった。」大樹(だいき)がついに真魚(まお)に真剣告白。戸惑う真魚は、かつてと逆に実家に逃げ込む。しかし、その実家で義母(はは)がくれる優しさに基(ひろ)と大樹がくれたものを思い出し……。誰もが優しく、誰もが出口のない気持ちに少しずつ道筋を見つけ始めて……!?
  • たいようのいえ(11)
    完結
    本当はわかってるんだ。一緒にいることが大事だって。言葉はその次でいいって。終わりじゃない。これが始まり。私たちの願いはきっと叶う。――本宮(もとみや)家と中村(なかむら)家、合同の家族旅行。真魚(まお)は父と、基(ひろ)は妹の陽菜(ひな)と、なんとか距離を縮めようと頑張る。でも、実は陽菜には両親の死について秘めた思いがあって……? 一方真魚はついに、父から待望の一言を!? 真魚も、基も、願いが叶う時が来る……!!?
  • たいようのいえ(12)
    完結
    その手がどんなに救いになるか誰よりも知っている。あの人が独りでいるなら私は返していかないといけない……少しでも。――「お母さんと一緒に暮らさない?」突然訪ねてきた実の母・柚乃(ゆずの)からの提案。身勝手だと思いつつも、母の孤独を知り突き放すことができない真魚(まお)。孤独な自分に基(ひろ)が、みんなが手を差し伸べてくれたように、自分も母を支えるべきでは……。悩む真魚が、最後に出した結論は……!?
  • たいようのいえ(13)
    完結
    「やっと言えた…。」改めて基(ひろ)と2人きりでデートをすることになった真魚(まお)は、意識しまくってしまって、普段通りにできない。そんな真魚にも優しく合わせてくれる基。お互いのこれまでを振り返って…そして、ついに我慢しあってきた想いを告げる時が!! 年の差幼なじみのラブストーリー、涙、涙の完結第13巻!! 感動のフィナーレ!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

デザート の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング