真っ向勝負のスローカーブ

真っ向勝負のスローカーブ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

遅い直球とスローカーブとフォーク。この三種の持ち球だけで、歴代16位、2041の奪三振を記録した細腕左腕、星野伸之。その緻密な組み立て、勝負術を大公開。球種論、投球論、配球論、そして、門田、落合、清原、松井、高橋ら強打者・好打者との名勝負、福本、山田、村田ら伝説の名選手から学んだこと……。元野球小僧だった、すべての大人のための、最上級の野球講座。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / スポーツ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
206ページ
電子版発売日
2012年05月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

真っ向勝負のスローカーブ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年10月24日

    阪急・オリックス・阪神で活躍した投手・星野伸之氏の著書。
    最高球速130㎞ほどの速球でありながら、スローカーブとフォークを武器に通算176勝を挙げた星野氏。従来の投手像からは相当異端な星野氏はどのようなことをマウンドで考え、投げてきたのか。個人的にすごく興味のあった部分を読み解くことができる、満足の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月12日

    芸術的なスローカーブで活躍した星野伸之の野球理論。投球術や配球、打者との駈け引き、それに左打者が苦手な話、置きに行く球を決め球に多用した話など、現役時代には聞けなかったけれど聞きたかったような話が満載です。野球というスポーツの奥深さを改めて感じさせてくれる一冊で、これで野球観戦が数倍面白くなること請...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    野球について少しでもお話についていこうと思い何かないかと探していたらこの本にめぐり合った。現役時代、星野投手の投げるスローカーブがあまりにも遅く、これを打たれたら簡単にスタンドに運ばれるんじゃないかと、テレビで見ていた記憶があります。
    しかし、これは星野投手の最大の武器でした、緩急の使い分けが得意な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月16日

    プロ野球史上最も遅いボールで11年連続2桁勝利を挙げたピッチャー星野伸之。
    80キロ台のスローカーブと最速135キロのストレート、そして100キロ台のフォーク。
    この3種類のボールだけで、2,000奪三振をも達成している。
    本書からは、この3種類のボールで如何に打者の狙いを搔い潜り勝利を勝ち得てきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月22日

    球速MAX120〜130kmのストレートと最遅86kmのカーブ、フォークのみで176勝2041奪三振上げたサウスポー・星野伸之元投手の自伝。
    名選手との出会いの中で遅い球速をカバーする投球術を学んでいったことが書かれている。
    感想としては全体的に柔らかい論調で、星野元投手の人柄が伝わってくる感じがし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月14日

    星野さん自身の話だけではなく、同時期に活躍した選手たちについて、独自の視点から触れられていてとても面白かったです(^^)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月13日

    野球選手の自伝的な本を読むのが初めてだった。
    投手の考えの深さに改めて感服した。著者が現役のころは、まだ野球のルールさえしらない程、興味はなかったが、今では球場に何度も足を運ぶほどファンになった。著者の現役時代を知っていれば、さらに面白い本であるように思う。
    スローカーブとフォークと真っ直ぐだけで、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月13日

    大リーグのグレッグ・マダックス投手(39歳)は、1988年から毎年15勝以上している。脅威の17年連続である。150キロ以上の速球をバンバン投げるわけでもなく、ただひたすらコースを丁寧に投げ分け、打者の裏をかき、そしてコンディションを毎年整える。

     ここ最近日本のピッチャーで、毎年二桁以上上げてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月22日

    私が好きだった野球選手「星野伸之」氏の本。現役時代は、遅い直球とスローカーブとフォーク、三種の持ち球だけで、通算勝利176勝、歴代16位の2041の奪三振を記録したピッチャー。
    松坂大輔のような剛速球がなくても、一流の選手として活躍できる彼の投球術と野球理論を知ることができるこの本を読めば、プロ野球...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    近年のプロ選手としては最も球の遅い投手ながら、176勝の名投手。その理由がよくわかります。ビジネスの参考にもなりますよ〜

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める スポーツ・アウトドア

スポーツ・アウトドア ランキング