空の食欲魔人 川原泉傑作集
  • 完結

空の食欲魔人 川原泉傑作集

作者名 :
通常価格 640円 (582円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

みすずにプロポーズした幼なじみのパイロット。誠実で二枚目だけど、食欲の前には男の意地もプライドもなくて…!?おもしろおいしい傑作集!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
花とゆめ
ページ数
310ページ
電子版発売日
2012年06月01日
サイズ(目安)
55MB

空の食欲魔人 川原泉傑作集 のユーザーレビュー

    購入済み

    川原ワールド全開

    ふう 2020年08月19日

    学生の時に読んでいて懐かしく、購入しました。
    ちょっとおかしくて、それでいて、少しセンチで(今はセンチなんて使わないんですよね)
    心が温かくなります。
    川原ワールド、全制覇したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月10日

    胃袋が合うって、心底幸せだなあと思う。

    私は浩文みたいな旦那さんがほしいです。
    カレーでも、きしめんでもいくらでも作ってあげるよ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    「食」をテーマにした恋愛オムニバス。
    幼馴染同士の恋愛に始まり、宇宙運行会社の社長と腕利き女社員というSFまで。

    「釣好きで地味な女子高生」や「味噌汁を飲むことでインスピレーションが湧く洋楽アーティスト」など、少女マンガのベタから大きく外れた非ロマンティックな設定・展開でありながら、「そしてみんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    川原さんの作品の中で珍しく男女の関係がはっきりした作品。
    何度も読み返したなー。
    アンドロイドの話も、姉弟での恋愛が入ってる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月11日

    川原泉の漫画に出てくる人物は大概食べ物への執着心が強いけれど、その中でもとりわけ「食べ物」に執着した作品集。
    読み終わる頃にはカレーや味噌汁やアップルパイが食べたくなるはず。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この漫画家さんは、言葉が哲学的で素敵だ。
    そして描かれるひとびとがどこか、しらっと普通でない。
    ……表現がおかしいが、それしか言いようがないのだ。
    変人……というにはいたってまともだし、かといって凡庸でもない。
    本人たちはいたってまじめなのが、とても可笑しくて愛しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて読んだ川原さん。
    物凄くお腹が空きます…カレーとか食べたくなるんですよね、これがまた…。
    面白くて美味しい話が詰まっています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    川原先生の作品は全部好き!
    この本にはのちに続編(ブレーメンII)が描かれる作品も収録されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月22日

    低体温で、本気にしていいのか分からない、夢みたいな世界が…。なんとなく切ないんですよね。そしてなんとなく好きっていう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月24日

    川原泉は「甲子園の空に笑え!」が好きで、あといくつかぱらぱらっとのぞいただけ。あれば読むし、決してきらいじゃないけど、大好きって感じでもないかなあ、くらいだった。

    この短編集を最初から最後までふむふむ読んでいって、「月夜のダンス」を読み終わったら、じんわり「あれ、すごく好きかもしらん」と思った。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています