昭和23年1月26日、帝国銀行椎名町支店に東京都の腕章をした男が現れ、占領軍の命令で赤痢の予防薬を飲むよう告げると、行員らに毒物を飲ませ、現金と小切手を奪い逃走する事件が発生した。捜査本部は旧陸軍関係者を疑うが、やがて画家・平沢の名が浮上、自白だけで死刑判決が下る。膨大な資料をもとに、占領期に起こった事件の背後に潜む謀略を考察し、清張史観の出発点となった記念碑的名作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

小説帝銀事件 新装版

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月15日

戦後の米国占領下時代に起こった実際の事件。
小説の中身の事はほぼ事実であろうし、松本清張は実際に
平沢氏の釈放運動を行っている。

当時の闇の部分が垣間見える事件ではあった。
小説は平沢・検事・弁護士のすべての3方面での主観を
記しているが、どれもが納得いくものであり、どれもが納得
いかない部分もあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説帝銀事件 新装版

Posted by ブクログ 2016年10月17日

戦後間もなくの混乱期の事件だけに、この結果は致し方ないのかな。日本人には基本的にお上のやることは間違いないとか、黙って従うべきだという考え方が未だにあるように感じる。

おまけに、当時は旧刑事訴訟法。平沢氏はその法律の下の犠牲者と言って良いかもしれない。清張の筆致は非常に合理的で、平沢貞通の冤罪を強...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説帝銀事件 新装版

Posted by ブクログ 2011年07月26日

「帝銀事件は旧訴訟法による最後の事件であった。旧訴訟法によると、自白重点主義である。」清張が一番言いたかったのは、この点であると感じた。 時を同じくして、東電OL殺人事件の真実も怪しくなってきた。事件のあらましを確認するために、佐野眞一氏の著書を読み返してみようかしら。

このレビューは参考になりましたか?

小説帝銀事件 新装版

Posted by ブクログ 2010年06月04日

昭和23年、米軍占領下の日本で起きた毒物による大量殺人事件。当初の警察捜査は毒物の専門知識を持つ軍関係者に向けられていたが、結局、逮捕されたのは毒物とも軍ともかけ離れた画家、平沢。

医学的知識のない市井の画家がこんな大胆な事件を実行できるのか。背後にGHQの陰謀を感じた松本清張は、架空の新聞記者に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説帝銀事件 新装版

Posted by ブクログ 2010年04月06日

すべて知っている情報ばかりなのに、なぜこんなにドキドキできるのか。新装版なので、文字も読みやすく、また思いのほか松本清張が平沢に肩入れしていない書き方だったので(もちろんまったくしてないわけじゃないが)、どう結末づけるんだろう、と単純に読み手としておもしろがれて嬉しかった。
みなまでは書いていないけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?