潜在光景
  • 値引き

潜在光景

作者名 :
値引き価格 354円 (322円+税) 3月11日まで
通常価格 506円 (税込)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

20年ぶりに再会した泰子に溺れれていく私は、同時に彼女の幼い息子の不信な目に怯えていた(「潜在光景」)。借金苦で自殺した社長はなぜ80通もの遺書を残していたのか(「八十通の遺書」)。わが子をさりげなく殺そうと気を配っている父親の言動。しかし息子はそれを察知していた(「鬼畜」)。日常のちょっとした躓きがその後の運命を大きく変えた、世にも怖ろしい6つの結末。人間の闇に分け入った傑作短篇集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
2004年10月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

潜在光景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    「潜在光景」「八十通の遺書」「発作」「鉢植を買う女」「鬼畜」「雀一羽」の6つ短編が収録。「雀一羽」が時代小説。「鉢植を買う女」「鬼畜」はTVドラマ化されたものを観た記憶がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    これだけ昔の作家の作品を初めて読んだ
    今では炎上しそうな男尊女卑や胸糞悪い描写も多かったが何故か引き込まれるしこの頃の語彙もとても気に入ってしまった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「潜在光景」の映画版(影の車)がすごく好き。「鬼畜」も収録されています。短編集「陰花の飾り」も面白かったのですがなかったのでここに書いておきます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています