初恋ソムリエ

初恋ソムリエ

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

廃部寸前の弱小吹奏楽部を立て直し、普門館を目指す高校2年生の穂村チカと上条ハルタ。吹奏楽経験者たちに起きた謎を解決し入部させることに成功していた2人だったが、音楽エリートの芹澤直子には断られ続けていた。ある時、芹澤の伯母が高校にやって来た。「初恋研究会」なる部に招待されたのだという。やがて伯母の初恋に秘められた、40年前のある事件が浮かび上がり……。(表題作より)“ハルチカ”シリーズ第2弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
ページ数
338ページ
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

初恋ソムリエ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

    どの話も本当にいい。
    謎の方も、解決するとすごくスッキリする。
    それに登場人物たちの心情の変化もたくさんあって、すごく読みがいがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月08日

    ハルチカシリーズ第二弾。

    ▼収録作品
    「スプリングラフィ」
    「周波数は77.4MHz」
    「アスモデウスの視線」
    「初恋ソムリエ」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月16日

    謎を解いて吹奏楽部のメンバーをゲットしようというスタイルが楽しい。ただ、その謎が結構ヘビーなものばかりだけど。ハルタとチカのコンビは読んでて微笑ましくて一気に引き込まれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月24日

    『退出ゲーム』の続編となる高校二年生に進級したハルチカコンビの活躍を描く連作短編ミステリ。

     最近の学園ミステリやライトミステリ、もしくは日常の謎にちょっと飽きてきたかも、という人にこそぜひとも読んでもしい作品です。(登場人物のキャラや立ち位置をつかむために前作『退出ゲーム』から読むことをおススメ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    ハルチカシリーズの2作目

    今回も皆の抱えているものが重いなぁ

    77.4MHzはそんなでもないけど、ネーミングセンスがむかしの2ちゃんっぽい

    スプリングラフィはなー
    病気というか事情があって音楽で食っていく道から転向した人が身近なところにいるから結構くるものがある
    自分が音楽的センスが皆無なだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月27日

    前作よりさらに文章のテンポが良く、キャラクター同士の掛け合いもリズミカルなため非常に読みやすい。前作は全体的にユーモア色のベールに覆われていたが、今作はその味を殺さずに掛け合いのパートに凝縮させ、シリアス面とのメリハリをよく効かせている。不登校や謎の席替えといった学校の身近な問題が謎として投げかけら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月02日

    今回もチカちゃんもハルタも違う方面でキレッキレに才能を発揮してます!笑

    今回一番素敵だなぁ~って思ったのは、『周波数は77.4MHz』の中にある部分(引用あり)


    見た方さえ変えれば、必要としてくれる人がいるし、
    自分が必要とされていることもわかる。

    でも悩んでる時って閉じこもってしまうから
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    ハルチカ2作目。
    またも趣向を凝らした伏線だらけで楽しめた。
    草壁先生が今回はほとんど活躍しない。
    そして着実にメンバーが増える。
    ホロッとさせる話がある分、退出ゲームの方が好きだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月24日

    ハルチカシリーズ第二作。
    初作も充分であったが、短編の構成が抜群だと思った。
    各編とも、バラエティに富んだ導入から、青春ものらしい喜劇的な展開を経て、意外性のある結末はロジカルに帰結する。教科書的で穴がない秀作。
    シリーズの利点もフル活用で、登場人物や舞台のバリエーションも増えてきているので、今後の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    ハルチカシリーズ第2弾。

    語り部チカのツッコミがレベルアップ。
    構成は「退出ゲーム」同様、謎解き短編。

    短編の中で仲間が1人ずつ増えてくるので最初からどばっと登場されるより一人ひとりに対し思い入れが強くなる。

    サクサク読めるお気に入りシリーズ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています